研究者
J-GLOBAL ID:200901016363449060   更新日: 2020年07月30日

菊地 暁

キクチ アキラ | Kikuchi Akira
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 文化人類学、民俗学
研究キーワード (4件): 日本近代史 ,  民俗学 ,  Modern Japanese History ,  Folklore studies
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2005 - 2007 グローバリゼーションにおける民俗文化変容の研究-棚田を中心として-
  • 2005 - 2007 A Study on the dynamism of folk culture under the condition of globalization: especially on rice terraces
論文 (42件):
  • 菊地 暁. “What Does it Mean to Become UNESCO Intangible Cultural Heritage? The Case of aenokoto”「ユネスコ無形文化遺産になることは何を意味するのか:アエノコトの場合」. 2020. 113-133
  • 菊地 暁. 文化資源:デジタルになること/オープンであること. 日本民俗学. 2019. 300. 181-201
  • 菊地 暁. 考現学、その方法的連鎖をめぐる断章-破門、生態学、小鳥居-. 現代思想. 2019. 47. 9. 55-65
  • 菊地 暁. 「観光農芸:以石川県輪島市”白米千枚梯田“為例」. 郭海紅編訳『民族、文化的資源化:以21世紀日本為例』山東大学出版会. 2018. 291-307
  • 菊地 暁. いくつかの<こども風土記>-宝塚・大東亜・北白川-. 大塚英志編『動員のメディアミックス:<創作する大衆>の戦時下・戦後』思文閣出版. 2017. 211-231
もっと見る
MISC (14件):
  • 「「文化的景観」のポリティクス-石川県輪島市「白米の千枚田」の事例から-」(韓国語・日本語). 『韓国民俗学』(韓国民俗学会). 2009. 49:7-56
  • 「智城の事情-近代日本仏教と植民地朝鮮人類学-」. 『科学史研究』. 2009. 252:229-233
  • 「ニッポンの民俗写真、あるいは<民俗学者>としての写真家」『写真空間』創刊号86-101. 『写真空間』(青弓社). 2008. 創刊号86-101
  • 「「おまえはすでに<民俗学者>だ-<民俗学>の「可能性」なるものの語り方-」. 『国文学解釈と鑑賞』(至文堂). 2008. 73. 8:18-28
  • 「赤松智城論ノオト-徳応寺所蔵資料を中心に-」. 『人文学報』(京都大学人文科学研究所). 2007. 94:1-35
もっと見る
書籍 (34件):
  • 学校で地域を紡ぐ : 『北白川こども風土記』から
    小さ子社 2020 ISBN:9784909782052
  • 『日本宗教史のキーワード:近代主義を超えて』
    慶應義塾大学出版会 2018
  • 『今和次郎「日本の民家」再訪』
    平凡社 2012 ISBN:4582544401
  • 「瀝青会座談会:民家90年、変わるもの変わらぬもの。」
    『すむ。』38:99-104.(他5名と共著) 2011
  • 「『じいちゃんさま』の家-梅佳代の<批評的>民間信仰映像-」
    新井一寛他編『映像にやどる宗教、宗教をうつす映像』せりか書房 p.106-108. 2011
もっと見る
講演・口頭発表等 (3件):
  • 「京大民俗学会から『民俗台湾』へ:あるいは、もうひとつのカフェ・アルケオロジー」
    (国際シンポジウム「地域学としての民俗学と国際化-台湾と京都の実践」 2019)
  • 「文化資源としての<こども風土記>:『北白川こども風土記』(1959)を中心として」
    (日本口承文芸学会大会 2019)
  • 「『北白川こども風土記』を考える」
    (トークイベント「学校・地域・物語-『北白川こども風土記』から探る-」 2019)
学位 (1件):
  • 博士(文学) (大阪大学)
経歴 (2件):
  • 2007 - 京都大学人文科学研究所助教
  • 1999 - 京都大学人文科学研究所助手
受賞 (2件):
  • 2002 - 重森弘淹写真評論賞
  • 2002 - KOEN SHIGEMORI Award for Photography Criticism
所属学会 (6件):
文化資源学会 ,  日本文化人類学会 ,  日本民俗学会 ,  The Association for the Atudy of Cultural Resources ,  Japanese Society of Cultural Anthropology ,  The Folklore Society of Japan
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る