研究者
J-GLOBAL ID:200901016447933995   更新日: 2010年06月20日

島永 和幸

シマナガ カズユキ | Shimanaga Kazuyuki
所属機関・部署:
職名: 助教授・准教授
研究分野 (2件): 会計学 ,  会計学
研究キーワード (1件): 財務会計・知的資本・人的資本
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2007 - 人的資本の公正価値会計に関する理論的・実証的研究
MISC (23件):
もっと見る
書籍 (6件):
  • 「第10章 人的資本マネジメントと人的資本報告書の理論と実践」『財務会計のイノベーション-公正価値・無形資産・会計の国際化による知の創造』(古賀智敏編著)、167-193頁
    中央経済社 2009
  • 「第26章 期中財務報告(中間報告および四半期報告)§1~§2」「第30章 1株当たり利益§1~§2」『国際会計基準と日本の会計実務(三訂版)-比較分析/仕訳・計算例/決算処理』(古賀智敏・鈴木一水・國部克彦・あずさ監査法人編著)、602-614、685-702頁
    同文舘出版 2009
  • 「第9章 複式簿記における取引概念」『複式簿記-根本原則の研究』(瀧田輝己編著)、193-211頁
    白桃書房 2007
  • 「第14章 新規公開(IPO)目論見書における知的資産の開示分析」(岡本紀明・戸田統久との共著)『知的資産ファイナンスの探求-知的資産情報と投資・融資意思決定のメカニズム』(古賀智敏・榊原茂樹・與三野禎倫編著)、289-312頁
    中央経済社 2007
  • 「第16章 リスクマネジメントと財務分析」『リスクマネジメントと会計』(古賀智敏・河﨑照行編著)、233-245頁
    同文舘出版 2003
もっと見る
講演・口頭発表等 (2件):
  • Empirical Study on the Regulating Factors and Expandability of Intangible Assets Disclosure - Through Analysis of a Questionnaire Survey for Japanese Listed Companies -
    (3RD WORKSHOP ON VISUALISING, MEASURING, AND MANAGING INTANGIBLES & INTELLECTUAL CAPITAL (Ferrara, Italy) 2007)
  • 「E-learningによる簿記教育-CDショッププロジェクトの現状と課題」
    (日本簿記学会第21回関西部会 2005)
学歴 (2件):
  • - 2003 神戸大学 経営学研究科 会計システム専攻
  • - 2000 神戸大学 経営学研究科 会計システム専攻
学位 (2件):
  • 修士(経営学) (神戸大学)
  • 博士(経営学) (神戸大学)
所属学会 (4件):
日本経営学会 ,  国際会計研究学会 ,  日本簿記学会 ,  日本会計研究学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る