研究者
J-GLOBAL ID:200901016469769692   更新日: 2022年08月03日

岩澤 哲郎

Iwasawa Tetsuo
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.chem.ryukoku.ac.jp/iwasawa/http://www.chem.ryukoku.ac.jp/iwasawa/index.html
研究分野 (2件): 生物有機化学 ,  有機合成化学
研究キーワード (2件): プロセス化学 ,  有機合成化学
競争的資金等の研究課題 (38件):
  • 2022 - 2025 多置換化されたジインダセノクリセン型バッキーボウルの液相合成と物性評価
  • 2022 - 2023 岩澤研究室との共同研究
  • 2022 - 2023 生命機能化学的な展開を指向した多環式芳香族化合物の開発
  • 2021 - 2022 岩澤研究室との共同研究
  • 2021 - 2022 新規フラーレン型分子ナノカーボンの液相合成
全件表示
論文 (66件):
  • Tomoya Imai, Ryuhei Akasaka, Naruhiro Yoshida, Toru Amaya, Tetsuo Iwasawa. Electrochemical and spectroscopic properties of twisted dibenzo[g,p]chrysene derivatives. Beilstein Journal of Organic Chemistry. 2022. 18. 00. 963-971
  • Shinsuke Kamiguchi, Ryuhei Akasaka, Naruhiro Yoshida, Tomoya Imai, Yousuke Yamaoka, Toru Amaya, Tetsuo Iwasawa. Relevant synthesis to manipulating non-planarity in dibenzo[g,p]chrysene: substitution reactions at the Bay. Tetrahedron Letters. 2022. 92. 2. 153664-00
  • 松本甚洋, 田口雄太, 吉田匠完, 東海柊吾, 丸山知之, 岩澤哲郎. Introverted Brønsted Acid Cavitands for Selective Conjugate Addition Reactions. Supramolecular Chemistry. 2021. 33. 6. 253-265
  • 吉田尚樹, 赤阪龍平, 粟倉祐介, 雨夜徹, 岩澤哲郎. Solution-Processable Multi-Substituted Buckybowls: Synthesis of Diindeno(1,2,3,4-defg:1’,2’,3’,4’-mnop)chrysene Derivatives. European Journal of Organic Chemistry. 2021. 2021. 2021. 5343-5347
  • Yoshino Fujii, Yuta Taguchi, Shugo Tokai, Yasuhiro Matsumoto, Naruhiro Yoshida, Tetsuo Iwasawa. Relevant Analysis to the Productivity in Selective Synthesis of Dibenzo[g,p]chrysene Derivatives. Tetrahedron. 2021. 95. 27. 132353-132353
もっと見る
MISC (3件):
  • 岩澤哲郎. ジベンゾ[g,p]クリセン合成の新展開(先端材料から一般工業材料へ). 科学と工業. 2022. 96. 7. 198-206
  • 岩澤哲郎. 分子スイッチ・分子モーター. 有機合成化学協会誌. 2015. 73. 12. 1253-1253
  • Dariush Ajami, Tetsuo Iwasawa, Julius Rebek. ORGN 190-Explorations of the inner space of a cylindrical capsule. ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY. 2007. 234
特許 (26件):
もっと見る
書籍 (2件):
  • ジベンゾ[g,p]クリセン合成の新展開:先端材料から一般工業材料へ
    月刊会誌「科学と工業」(一般社団法人 大阪工研協会) 2022
  • 非対称な化学構造を有する官能基化ピレン誘導体の合成開発
    月刊 ファインケミカル (シーエムシー出版) 2012
講演・口頭発表等 (112件):
  • ジベンゾ[g,p]クリセン・C26H16の非平面性を制御する合成研究
    (第32回基礎有機化学討論会 2022)
  • ジインデノクリセン型バッキーボウルの液相合成と構造解析
    (第32回 基礎有機化学討論会 2022)
  • ジベンゾ[g,p]クリセン・C26H16の非平面性を制御する合成研究
    (第42回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」 2022)
  • バッキーボウル・ジインデノクリセンの液相合成と構造解析
    (第42回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」 2022)
  • バッキーボウル・ジインデノクリセンの液相合成と構造解析
    (第 19 回ホストーゲスト・超分子化学シンポジウム 2022)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2002 - 2005 北海道大学大学院 化学専攻 博士課程
  • 2000 - 2002 京都大学大学院 創薬化学専攻 修士課程
  • 1996 - 2000 京都大学 製薬化学科
学位 (3件):
  • 博士(理学) (北海道大学)
  • 薬学修士 (京都大学)
  • 薬学学士 (京都大学)
経歴 (8件):
  • 2020/04 - 現在 龍谷大学 先端理工学部 応用化学課程 生命機能化学PG 教授
  • 2021/04 - 2022/03 福井大学 大学院工学研究科 非常勤講師
  • 2019/04 - 2020/03 龍谷大学大学院 理工学研究科 物質化学専攻 専攻長
  • 2019/04 - 2020/03 龍谷大学 理工学部 物質化学科 学科長
  • 2017/04 - 2020/03 龍谷大学 理工学部 物質化学科 教授
全件表示
委員歴 (6件):
  • 2020/05 - 2021/04 Frontiers in Chemistry (Organic Chemistry) Topic Editor for the entitled with "Dimerization and Oligomerization of Alkynes for Sustainable Synthesis of Conjugated Molecules and Materials"
  • 2019/07 - 2020/06 日本学術振興会 国際事業委員会書面審査員・書面評価員
  • 2019/07 - 2020/06 日本学術振興会 卓越研究員候補者選考委員会書面審査委員
  • 2019/07 - 2020/06 日本学術振興会 特別研究員等審査会専門委員
  • 2019/04 - 2020/03 日本化学会 代表正会員
全件表示
受賞 (3件):
  • 2021/10 - 有機合成化学協会 関西支部 北陸セミナー 優秀発表賞 ジベンゾ[g,p]クリセンの簡便合成・選択的官能基化・ねじれ角の拡大
  • 2008/02 - (第20回)有機合成化学協会 研究企画賞(三井化学)
  • 2008/02 - Synthetic Organic Chemistry, Japan Award in Synthetic Organic Chemistry, Japan Development of a host cavitant for activating a molecular carbon dioxide
所属学会 (5件):
日本薬学会 ,  アメリカ化学会 ,  日本プロセス化学会 ,  日本化学会 ,  有機合成化学協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る