研究者
J-GLOBAL ID:200901016482572636   更新日: 2020年01月17日

松田 公志

TADASHI MATSUDA
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www3.kmu.ac.jp/urology/
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2007 - 現在 腹腔鏡下前立腺全摘除術周術期管理の標準化
  • 2017 - 2019 腎不全進行克服に向けた腎臓における組織幹細胞階層構造解析
  • 2017 - 2019 腎不全進行克服に向けた腎臓における組織幹細胞階層構造解析
  • 2017 - 2019 手術動作の医工学的な解析と、それらを基盤とした科学的なトレーニング法の構築
  • 2010 - 2012 腹腔鏡手術における鉗子先端作用力計測と剥離技術分析に関する研究
全件表示
論文 (105件):
  • 木下秀文, 松田公志. 腹腔鏡下膀胱摘除術 Laparoscopic Partial Cystectomy. Japanese Journal of Endourology and ESWL. 2008. 21. 2. 110-116
  • 井上貴昭, 六車光英, 福井勝也, 地崎竜介, 日浦義仁, 木下秀文, 松田公志. 対側停留精巣と同側腎無形成を伴った中腎管遺残の1例. 泌尿器科紀要. 2008. 54. 4. 309-312
  • 松田公志. 泌尿器腹腔鏡手術の基本手技. 日本泌尿器科学会 2008年 卒後教育テキスト. 2008. 13. 1. 243-247
  • 松田公志, 日浦義仁, 森本義晴. 【不妊症 臨床と研究の最前線】 男性不妊症 非閉塞性無精子症の治療. 医学のあゆみ. 2007. 223. 1. 74-77
  • 木下秀文, 松田公志. 【尿路再建術を検証する】 腸管利用代用膀胱における逆流防止機構. Urology View. 2007. 5. 3. 24-29
もっと見る
MISC (31件):
  • 河源, 谷口久哲, 松田公志. 【家庭医のためのメンズ・ヘルス読本】 ライフステージごとのアプローチ 男性更年期障害. JIM : Journal of Integrated Medicine. 2008. 18. 2. 144-148
  • 松田公志, 日浦義仁. 【男性不妊症 不妊症夫婦の願いを達成するために今なにをすべきか】 精管精管吻合術. Modern Physician. 2007. 27. 12. 1640-1643
  • 河源, 松田公志. 【ホルモン補充療法Up-to-date】 男性ホルモン補充療法の実際. Clinical calcium. 2007. 17. 9. 1414-1418
  • Tadashi MATSUDA. Training and Certification of Urilogic Laparoscopic Surgery in Japan. Official Journal of the East Asian Society of Endourology. 2007. 10. 128-135
  • 松田公志. 【内視鏡下治療のメリット・デメリット】 泌尿器腹腔鏡手術の現状 その長所・短所と安全な手術に向けての取り組み. 薬の知識. 2005. 56. 9. 177-181
もっと見る
書籍 (55件):
  • テストステロン補充療法終了後に症状再燃しなかった2症例「男性更年期障害」
    新興医学出版社 2008
  • 男性更年期障害診断用各種質問紙の有用性「男性更年期障害」
    新興医学出版社 2008
  • 男性ホルモン補充療法における性機能改善因子「男性更年期障害」
    新興医学出版社 2008
  • 尿路結石症「内科診断学」
    医学書院 2008
  • 副腎腫瘍「内科診断学」
    医学書院 2008
もっと見る
講演・口頭発表等 (380件):
  • 泌尿器腹腔鏡手術のトレーニングプログラム
    (第6回大分泌尿器病態研究会 2008)
  • 日本の内分泌外科発展のために必要なこと(泌尿器科関係)
    (第20回日本内分泌外科学会総会 2008)
  • sub-clinical Cushing症候群を合併した褐色細胞腫の1例
    (第20回日本内分泌外科学会総会 2008)
  • 両側副腎褐色細胞腫に対して一期的腹腔鏡下左副腎全摘・右副腎部分切除を行った1例
    (第20回日本内分泌外科学会総会 2008)
  • 尿管外溢流を生じた尿管腫瘍の1例
    (第203回日本泌尿器科学会関西地方会 2008)
もっと見る
委員歴 (40件):
  • 2017/12 - 現在 日本内視鏡外科学会 監事
  • 2015/11 - 現在 East Asian Society of Endourology President
  • 2012/04 - 現在 日本泌尿器科学会 代議員
  • 2008/05 - 現在 Endourological Society CROES
  • 2008/04 - 現在 日本生殖内分泌学会 理事
全件表示
受賞 (1件):
  • 2019/11 - 日本泌尿器内視鏡学会 カールストルツ賞
所属学会 (16件):
日本内視鏡外科学会 ,  日本尿路結石症学会 ,  American Association of Genitourinary Surgeons ,  日本Men's Health医学会 ,  East Asian Society of Endourology ,  Endourological Society ,  American Urological Association ,  日本癌治療学会 ,  日本性機能学会 ,  日本アンドロロジー学会 ,  日本内分泌外科学会 ,  日本泌尿器内視鏡学会 ,  日本泌尿器科学会 ,  日本生殖内分泌学会 ,  日本生殖医学会 ,  Urological Research Society
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る