研究者
J-GLOBAL ID:200901016483618176   更新日: 2018年11月08日

西 芳寛

ニシ ヨシヒロ | Yoshihiro Nishi
所属機関・部署:
研究分野 (9件): 内分泌学 ,  小児科学 ,  神経科学一般 ,  環境影響評価・環境政策 ,  生理学一般 ,  生理学一般 ,  医化学一般 ,  環境生理学(含体力医学・栄養生理学) ,  内分泌学
研究キーワード (38件): 神経内分泌 ,  脳神経疾患 ,  遺伝子解析 ,  卵巣機能 ,  脳神経科学 ,  トランスレーショナルリサーチ ,  ペプチドホルモン ,  発達障害 ,  Translational Research ,  生理活性 ,  ニューロメジンU ,  位相変位 ,  ナノテクノロジー ,  オピオイド受容体 ,  包括脳ネットワーク ,  デカン酸 ,  神経情報伝達 ,  プラダー・ヴィリー症候群 ,  DHEA ,  生体リズム ,  アンドロゲン受容体(AR) ,  17β-estradiol ,  レット症候群 ,  アロマターゼ ,  KGN細胞 ,  生殖内分泌学 ,  摂食調節ホルモン ,  脂肪酸修飾 ,  肥満 ,  摂食調節 ,  脂肪酸 ,  過食 ,  脳・神経 ,  グレリン ,  視床下部 ,  脳発達障害 ,  性ホルモン ,  卵巣顆粒膜細胞
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2012 - 2013 発達障害疾患「レット症候群」に対する脳腸ホルモン・グレリンを用いた治療法の開発
  • 2011 - 2012 脳内グレリン様免疫活性の構造解析とその生後発達による変動
  • 2010 - 2011 発達障害に対する神経内分泌ホルモン「グレリン」の関与とその治療効果
  • 2009 - 2010 摂取栄養素による神経内分泌ホルモン「グレリン」の活性化調節機構と、グレリンの活性化調節が小児の成長発達に及ぼす生理作用の解明
  • 2009 - 2010 発達障害・小児神経疾患症例におけるデカン酸修飾型グレリンの産生・分泌動態についての検討
全件表示
論文 (73件):
もっと見る
MISC (8件):
特許 (6件):
書籍 (2件):
  • 内分泌疾患のとらえかた
    文光堂 2004
  • ホルモンの事典
    朝倉書院 2004
講演・口頭発表等 (26件):
  • Activin-A modulates steroidogenesis of human and bovine adrenocortical cells
    (9th International Congress of Endocrinology (Nice, France) 1992)
  • Establishment and characterization of a steroidogenic human granulosa cell tumor-like cell line, KGN, as a useful model to study various aspects of physiological regulation of human granulosa cells.
    (11th International Congress of Endocrinology (Sydney, Australlia) 2000)
  • Ingested medium-chain fatty acids are directly utilized for the acyl-modification of ghrelin.
    (12th International Congress of Endocrinology (Lisbon, Portugal) 2004)
  • ANP levels in Dahl-salt sensitive rat with pregnancy-induced hypertension
    (12th International Federation of Placenta Associations Meeting 2006)
  • Correlation between the production of ghrelin in placenta and the fetal growth in Dahl salt-sensitive rats
    (12th International Federation of Placenta Associations Meeting 2006)
もっと見る
Works (2件):
  • 厚生省特定疾患「副腎ホルモン産生異常症」調査研究班(班員分担研究)
    1992 - 1993
  • 厚生労働省「難治世疾患克服研究事業」研究班(班員分担研究:協力者)
    2009 - 2011
学歴 (1件):
  • - 1988 九州大学 医学部 医学科
学位 (1件):
  • 医学博士 (九州大学)
経歴 (10件):
  • 1989 - 1990 門司労災病院 研修医
  • 1990 - 1991 九州大学医学部 研修医
  • 1992 - 1995 九州大学医学部病態制御内科(旧第3内科)研究生
  • 1995 - 1997 国立がんセンター研究所(生物物理部)リサーチレジデント
  • 1999 - 2002 国立小倉病院 医師(内科)
全件表示
委員歴 (9件):
  • 日本内分泌学会・代議員
  • 1989 - 日本内科学会 日本内科学会認定医
  • 1990 - 日本内分泌学会 代議員,内分泌指導医,内分泌専門医(内科)
  • 1995 - 日本癌学会
  • 2001 - 日本肥満学会
全件表示
受賞 (3件):
  • 2007 - 小野寺賞(九州大学医学部病態制御内科同門会賞)
  • 2007 - 石橋学術振興基金助成賞
  • 2011 - 久留米大学学術研究振興基金助成賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る