研究者
J-GLOBAL ID:200901016546476865   更新日: 2019年10月22日

石田 哲也

イシダ テツヤ | ISHIDA TETSUYA
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 土木材料・施工・建設マネジメント
論文 (127件):
  • 中谷俊晴,渡邉賢三,坂井吾郎,石田哲也. 製造時期および二次養生方法の違いがプレキャストコンクリート製品の諸物性に及ぼす影響. コンクリート工学年次論文集. 2019. 41. 1. 541-546
  • 坂井吾郎,取違剛,坂田昇,石田哲也. フライアッシュセメントを用いたダムコンクリートの断熱温度上昇特性に関する研究. コンクリート工学年次論文. 2019. 41. 1. 1385-1390
  • 轟俊太朗,石田哲也,上田洋,田所敏弥. 水と中性化によるコンクリート中の鉄筋腐食速度への影響要因分析. コンクリート工学年次論文集. 2019. 41. 1. 509-514
  • Pakpoom LIMTONG,石田哲也,渡邉賢三. AN EXPERIMENTAL STUDY OF THE COMBINED EFFECT OF BINDER TYPES AND CURING METHODS ON CHLORIDE INGRESS UNDER ACTUAL ENVIRONMENTAL CONDITION. コンクリート工学年次論文集. 2019. 41. 1. 785-790
  • 鈴木三馨,石田哲也. コンクリートの比抵抗モデルを用いた腐食レベルの推定. コンクリート工学年次論文集. 2019. 41. 1. 755-760
もっと見る
MISC (24件):
  • 石田哲也. タイ・タマサート大学SIITに滞在して. コンクリート工学. 2017. 55. 3. 260-262
  • 石田哲也. 巻頭言 地域の特性に合わせた良質な構造物を蓄積する意義. 橋梁と基礎. 2017. 51
  • 渡邉賢三,温品達也,藤岡彩永佳,坂田昇,石田哲也. 特殊シートを用いたコンクリートの表層品質向上技術. 土木施工. 2016. 57. 1. 109-112
  • 坂井吾郎,渡邉賢三,藤岡彩永佳,温品達也,坂田 昇,石田哲也. コンクリート表層の耐久性を向上す る『美シール工法』. セメント・コンクリート. 2016. 827. 52-55
  • 石田哲也. コンクリートの耐久性に関する最新の研究動向について. 建設リサイクル. 2016. 76. 5-16
もっと見る
特許 (4件):
  • プレキャストコンクリート製品の製造方法
  • 床版構造体の施工方法
  • 構造物変状検出装置
  • 構造物情報提供システム
書籍 (3件):
  • 社会基盤マネジメント
    技報堂出版株式会社 2015
  • 社会インフラメンテナンス学
    公益社団法人 土木学会 2015 ISBN:978-4-8106-0858-8
  • 新設コンクリート革命
    日経BP社 2017 ISBN:978-4-8222-3526-0
講演・口頭発表等 (50件):
  • 高炉スラグ微粉末およびフライアッシュを用いたセメント硬化体の塩分遮蔽性能に関する実験的検討
    (第68回セメント技術大会 2014)
  • 熱可塑性樹脂シートの有無が表面気泡に与える影響に関する一考察
    (土木学会 第69回年次学術講演会 2014)
  • Chemical degradation of cementitious materials in various sulfate environments
    (IALCCE2014 2014)
  • Numerical Simulation of Chloride Migration in Concrete Structures under Harsh Environmental Conditions
    (CONMOD2014 2014)
  • コンクリートの時間依存挙動に与える結合材種類の影響
    (土木学会 第69回年次学術講演会 2014)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1996 - 1999 東京大学 工学系研究科 社会基盤工学専攻
受賞 (3件):
  • 2017/10/31 - 第32回日本道路会議 優秀論文賞(口頭発表)
  • 2017/06/09 - 土木学会論文賞
  • 2016/06/10 - 土木学会技術開発賞
所属学会 (9件):
RILEM(Réunion Internationale des Laboratoires et Experts des Matériaux, systèmes de construction et ouvrages) ,  American Concrete Institute ,  公益社団法人地盤工学会 ,  一般社団法人日本建築学会 ,  IABSE(The International Association for Bridge and Structural Engineering) ,  一般社団法人ダム工学会 ,  fib (International Federation for Structural Concrete) ,  公益社団法人日本コンクリート工学会 ,  公益財団法人土木学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る