研究者
J-GLOBAL ID:200901016642255756   更新日: 2020年08月27日

村上 周三

ムラカミ シュウゾウ | Murakami Shuzou
所属機関・部署:
職名: 教授,東京大学
ホームページURL (1件): http://www.murakami.sd.keio.ac.jp/
研究分野 (2件): 建築環境、建築設備 ,  流体工学
研究キーワード (2件): 建築環境 流体力学一般 ,  Architectural environment Fluid mechanics in general
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2003 - 2005 都市再生のためのヒートアイランド現象の緩和方策と評価モデルの開発
  • 2003 - 2004 室内化学反応がもたらす新しいシックハウス問題の解明
  • 2002 - 2004 人体生理モデルに基づく人体周辺微気象のCFD解析と吸入空気質の同定
  • 2003 - 知能化から生命化へのシステムデザイン
  • 2000 - サステナブル エンバイロメント エンジニアリング
全件表示
MISC (455件):
  • "サステナブル建築の推進 -CASBEE開発の背景と最新動向-". ecobuild 2005. 2005
  • "サステナブル建築の推進 -CASBEE開発の背景と最新動向-". 日本建築学会会長・東北支部講演会. 2005
  • サステナブル建築の推進 -CASBEEがなぜ有効か-. エネルギーソリューション&蓄熱フェア'05. 2005
  • CASBEE 開発の背景と最新動向. CASBEE 第3回公開セミナー -ヒートアイランドと改修評価ツール及び最新動向-. 2005
  • "SB05 Opening Adrress Action for Sustainability". "SB05 The 2005 World Sustainable Building Conference in Tokyo". 2005
もっと見る
書籍 (26件):
  • 実例に学ぶCASBEE
    日経BP社 2005
  • CASBEE入門 建築物を環境性能で格付けする 序、第1章1、2、第4章1,2,3
    日経BP社 2004
  • シリーズ地球環境建築・専門編1 地域環境デザインと継承 巻頭言、第3章 3.2-都市のヒートアイランド現象と地球温暖化
    彰国社 2004
  • シリーズ地球環境建築・専門編3 建築環境マネジメント ・はじめに ・第4章建築物の環境性能効率 4.1建築物の環境評価の必要性とその歴史的展望 4.2建築物の環境性能効率(BEE)
    2004
  • 「ながれ」の事典 人体周辺気流・建物まわりの流れ
    2004
もっと見る
Works (154件):
  • セメント新聞「日本建築学会創立20周年特集 村上周三会長に聞く 学会の暦所と運営方針」
    2006 -
  • 「すごい車内会議」2006年9月1日〜30日
    2006 -
  • NHKクローズアップ現代「耐震偽装事件についてコメント」
    2006 -
  • NHKニュースウォッチ9 「ヒートアイランド対策についてコメント」
    2006 -
  • 雑誌City&Life 取材を受けた記事「サステナブルな建築が作る良質な町並み」
    2006 -
もっと見る
学歴 (6件):
  • - 1968 東京大学 建築学専専攻博士課程
  • - 1968 東京大学
  • - 1967 東京大学 建築学専攻修士課程
  • - 1967 東京大学
  • - 1965 東京大学 建築学科
全件表示
学位 (1件):
  • 工学 (東京大学)
経歴 (21件):
  • 2006 - 2009 中国 同済大学 顧問教授
  • 2001 - 2006 東京大学生産技術研究所 顧問研究員
  • 2003 - - 東京大学名誉教授
  • 2003 - - Emeritus Professor, University of Tokyo
  • 2000 - 2001 慶應義塾大学理工学部, 客員教授
全件表示
委員歴 (36件):
  • 2005 - The Korean Academy of Science and Technology 国際会員
  • 2005 - (社)日本建築学会 理事
  • 2005 - (社)日本建築学会 会長
  • 2005 - 空気調和・衛生工学会 特別会員
  • 2004 - (社)空気調和・衛生工学会 「建築室内環境・設備システム性能評価調査研究委員会/受託」委員会 委員長
全件表示
受賞 (20件):
  • 2006 - 空気調和・衛生工学会 論文賞
  • 2006 - 空気調和・衛生工学会 論文賞
  • 2004 - 平成15年度日本風工学会学会賞(功績賞)
  • 2004 - Japan Association for Wind Engineering Award 2003
  • 2002 - John Rydberg Gold Medal (SCANVAC)
全件表示
所属学会 (23件):
The Korean Academy of Science and Technology ,  (社)空気調和・衛生工学会 「建築室内環境・設備システム性能評価調査研究委員会/受託」委員会 ,  (社)日本建築学会 ,  日本計算工学会 ,  日本建築学会 環境工学委員会 ,  日本数値流体力学会 ,  アメリカ土木学会 ,  アメリカ暖房冷凍空調学会 ASHRAE ,  日本空気清浄協会 ,  室内環境学会 ,  日本気象学会 ,  日本機械学会 ,  日本伝熱学会 ,  日本健康都市学会 ,  可視化情報学会 ,  日本流体力学会 ,  日本風工学会 ,  (社)空気調和・衛生工学会 ,  空気調和・衛生工学会 ,  日本建築学会 ,  American Society of Civil Engeneers ,  Refrigerating and Air-Conditioning Engineers. Inc. ,  American Society of Heating
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る