研究者
J-GLOBAL ID:200901016665689320   更新日: 2020年04月02日

森 邦昭

モリ クニアキ | Mori Kuniaki
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.fwu.ac.jp
研究分野 (1件): 教育学
研究キーワード (2件): 解釈学的教育学 ,  Hermeneutische Paedagogik
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 精神科学の歴史と理論
  • 解釈学的教育学の学理論的研究
  • Geschichte und Theorie der Geisteswissenschaften
  • Studien zur Wissenschaftstheorie der hermeneutischen Paedagogik
論文 (49件):
  • 森邦昭 鈴木有美. ディープラーニングとアクティブラーニング-特徴表現学習から見たLTD話し合い学習法の特質. 文藝と思想. 2020. (84). 31-63
  • 森 邦昭, 鈴木有美. 読解と解釈学的循環ー人工知能「東ロボくん」開発断念からの示唆. 文藝と思想. 2019. 83. 29-46
  • 森 邦昭, 鈴木有美. LTD話し合い学習法の予習方法に関する考察ー解釈学、脳科学、教育心理学からの示唆. 文藝と思想. 2018. 82. 61-90
  • 鈴木有美, 森 邦昭. LTD話し合い学習法が教職課程履修者に与える学びの効果ーアクティブラーニングに対する認識の変化と授業興味及び授業適応感との関連. 国際社会研究. 2017. 6. 1-14
  • 森 邦昭, 鈴木有美. 対話の害とLTD話し合い学習法-協同学習の原理的考察. 国際社会研究. 2016. 5. 1-21
もっと見る
MISC (22件):
  • Was fuer einen Vorgang soll es heissen, etwas zu lernen? Andeutungen aus dem Text "Leben und Erkennen" Diltheys. Studies in the Humanities. 2004. 68. 109-134
  • Eine Betrachtung ueber die Bedingungen fuer das Gewinnen des Wissens. Studies in the Humanities. 2003. 67. 247-266
  • Die "Ernsthaftigkeit" beim Lernen und die Synapseplastizitaet. Studies in the Humanities. 2002. 66. 87-106
  • Kurrikulumreform and Begniff der Geisteswissenschaften. Was heisst, Wissen zu erhalten?. Studies in the Humanities. 2001. 65. 25-62
  • Gegenstaende und Methoden der Geisteswissenschaften und deren Ideen. Zur Vevstehens theorie bei Dilthey und Schleiermacher. (独文)Objects and Methods of Human Sciences and its Ideas. To the Understandingtheory of Dilthery and Schleiermacher. Studies in the Humanities. 1999. 63. 113-132
もっと見る
書籍 (8件):
  • ディルタイから教育実践へーアクティブラーニングの源流
    九州大学出版会 2016
  • 生育環境と教育-少年事件から教育のあり方を考える
    デザインエッグ社 2015
  • 近代化と教育-筑前竹槍一揆から学校教育の必要性を考える
    デザインエッグ社 2015
  • 後に続く女性たちへ
    九州大学出版会 2015
  • <道徳>を教えるとはどういうことか
    土戸敏彦編集『<道徳>は教えられるのか?』(<きょういく>のエポケー第3巻)教育開発研究所 2003
もっと見る
講演・口頭発表等 (70件):
  • 読解力を高めるLTDワークショップ(福岡女子大学)
    (一般社団法人進路指導・キャリア教育支援機構講師 2020)
  • 読解力を高めるLTDワークショップ(小倉AIMビル)
    (一般社団法人進路指導・キャリア教育支援機構講師 2020)
  • 文科系学問の特質とその基本概念「理解」を深める学び方
    (学校法人福原学園自由ケ丘高等学校講演会講師 2019)
  • 読解力を高めるLTD話し合い学習法
    (福岡県立玄洋高等学校進路選択セミナー講師 2019)
  • 読解と解釈学的循環-人工知能「東ロボくん」開発断念からの示唆
    (福岡県立香椎高等学校放課後寺子屋講師 2019)
もっと見る
Works (16件):
  • Education of Heart
    2004 -
  • Was will "Menon" Platons sagen? (Der oeffentliche Samstags-Vortrag der Frauenhochschule Fukuoka)
    2003 -
  • Dilthey "Einleitung in die Geisteswissenschaften" und Kritik der historischen Vernunft. (Recurrentkursus des Erziehungsbeirats der Landesregierung Fukuoka und des Forschungszentrums der lebenslangen Weitererziehung der Frauenhochschule Fukuoka)
    1999 -
  • Erhoehung der Faehigkeiten als der Ratgeber der auf die Ausbildung der gemeinsam beteiligten Gesellschaft von Mann und Frau abziehlt. (Erziehungsbeirat der Landesregierung Miyazaki)
    1998 -
  • Das "sich aendernde" japanische System und das Genus (Kurs fuer Feminismus veranstaltet vom Generalzemtrum der Landesregierung Fukuoka fuer Sozialpaedagogik und der Frauenhochschule Fukuoka)
    1996 -
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 1988 九州大学 教育哲学
  • - 1985 九州大学 教育哲学
  • - 1981 九州大学 教育哲学
学位 (1件):
  • 博士(教育学) (九州大学)
経歴 (3件):
  • 2004 - 現在 福岡女子大学 教授
  • 1990 - 2004 福岡女子大学 助教授
  • 1988 - 1990 福岡女子大学 講師
委員歴 (4件):
  • 2017 - 現在 福岡市教育委員会 福岡市教科用図書調査研究委員会委員長
  • 2001 - 2003 九州教育学会 会計監査役員
  • 1989 - 1990 福岡県教育委員会 福岡県教科用図書選定審議会委員
  • 1986 - 1988 九州教育学会 事務局員
受賞 (1件):
  • 2010/03 - 公立大学法人福岡女子大学 職員表彰(男女共同参画をめざすキャリア教育福女CEプログラム事業推進)
所属学会 (5件):
日本協同教育学会 ,  日本キャリア開発協会 ,  日本ディルタイ協会 ,  九州教育学会 ,  教育哲学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る