研究者
J-GLOBAL ID:200901016681858611   更新日: 2019年06月19日

松永 京子

マツナガ キョウコ | MATSUNAGA Kyoko
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 英米・英語圏文学
研究キーワード (4件): 核文学 ,  原爆文学 ,  先住民文学 ,  アメリカ文学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2019 - 2021 「トランスボーダー日系文学」研究基盤構築と世界的展開--「世界文学」的普遍性の探求
  • 2016 - 2020 アメリカ文学における核と原爆の言説--人種とエスニシティと環境のポリティクス
  • 2014 - 2016 核・原爆と表象/文学に関する総合的研究
  • 2013 - 2015 アメリカ核文学研究と北米先住民作家
  • 2011 - 2012 北米先住民文学と核の言説--核・原爆文学にみる植民地主義問題
全件表示
論文 (10件):
  • 松永 京子. 「ゴジラ」から「オクトジラ」へ-循環するウランの物語の行方. 中・四国アメリカ研究. 2019. 9. 23-36
  • 松永 京子. 「ボーダー」としての有刺鉄線表象--Silko, Kogawa, Kadohata の作品を中心に. AALA Journal. 2018. 24. 16-25
  • 松永 京子. 「再生」される身体-文学における日系被爆者表象. エコクリティシズム・レヴュー. 2016. 9. 79-89
  • 松永 京子. Leslie Marmon Silko and Nuclear Dissent in the American Southwest. Japanese Journal of American Studies. 2014. 25. 67-87
  • 松永 京子. Before and After the Quake: Ruth L. Ozeki’s Global Narrative in the Nuclear Age. AALA Journal. 2014. 20. 84-96
もっと見る
書籍 (12件):
  • 『新しい風景のアメリカ』
    南雲堂 2003
  • 『エコトピアと環境正義の文学--日米より展望する広島からユッカマウンテンへ』
    晃洋書房 2007
  • Sovereignty, Separatism, and Survivance: Ideological Encounters in the Literature of Native North America
    Cambridge Scholars P 2009
  • 『オルタナティヴ・ヴォイスを聴く-エスニシティとジェンダーで読む現代英語環境文学103選』
    音羽書房鶴見書店 2011
  • 『カウンターナラティヴから語るアメリカ文学』
    2012
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 2006 ネブラスカ大学リンカーン校 English Department, Ph.D.
学位 (1件):
  • Ph.D. in English (U of Nebraska-Lincoln)
経歴 (4件):
  • 2006/04 - 2009/03 日本学術振興会特別研究員 PD
  • 2009/08 - 2010/12 ペンシルベニア州立大学エリー校 Assistant Professor
  • 2017/05 - 2018/03 ブリティッシュ・コロンビア大学 Visiting Associate Professor
  • 2011/04 - 現在 神戸市外国語大学
受賞 (5件):
  • 2016 - 日本アメリカ学会 第4回斎藤眞賞
  • 2005 - College English Association Conference Outstanding Graduate Student Paper Award
  • 2004 - University of Nebraska-Lincoln, English Dept. Frank & Orinda Johnson Fellowship
  • 2002 - University of Nebraska-Lincoln, English Dept. McPhee Fellowship
  • 2001 - フルブライト奨学金 大学院留学プログラム
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る