研究者
J-GLOBAL ID:200901016733841313   更新日: 2020年03月29日

野口 昌邦

ノグチ マサクニ | Noguchi Masakuni
所属機関・部署:
職名: 特任教授
研究キーワード (3件): 低侵襲外科療法 ,  高周波熱凝固療法 ,  センチネルリンパ節生検
論文 (15件):
  • Masakuni.Noguchi, Yukako.Ohno, Emi.Morioka, Miki.Noguchi, Yasuharu.Nakano, Takeo.Kosaka, Ken-ichi.Shimada. A novel oncoplastic technique for breast cancer localized in the lower pole of the breast. Journal of Surgical Oncology. 2018. 177. 2. 137-141
  • M.Noguchi, M.Noguchi, Y.Ono, E.Morioka, Y.Nakano, T.Kosaka, T.Kurita. Oncoplastiic breast conserving surgery: Volume replacement vs. volume displacement. European journal of surgical oncology. 2016. 42. 7. 926-934
  • M.Noguchi, M.Noguchi, Y.Ohno, E.Morioka, Y.Nakano, T.Kosaka, N.Kurose, H.Minato. Feasibility study of axillary reverse mapping for patients with clinically node-negative breast cancer. European journal of surgical oncology. 2016. 42. 5. 650-656
  • 野口昌邦. 乳腺・内分泌外科領域 この10年の進歩. 内科. 2014. 114:991-993
  • 野口昌邦, 森岡絵美, 大野由夏子, 野口美樹, 中野泰治. 乳癌腋窩リンパ節郭清の役割とその変遷. 外科. 2013. 75:759-764
もっと見る
書籍 (3件):
  • 乳癌センチネルリンパ節生検 日本の現状と海外の動向
    日本医事新報社 2012 ISBN:9784784943241
  • Axillary Reverse Mapping in Breast Cancer
    Intech 2011 ISBN:9789533077482
  • 整容性に優れた新しい乳癌手術
    南江堂 2010 ISBN:9784524262878
講演・口頭発表等 (145件):
  • 当院におけるHER2陽性転移・再発乳癌に対する Trastuzumab+Pertuzumab+化学療法併用の検討
    (第80回日本臨床外科学会総会 2018)
  • センチネルリンパ節転移陽性症例における非センチネルリンパ節転移の検討
    (第80回日本臨床外科学会総会 2018)
  • シリコンブレスとインプラントによる乳房再建における脂肪移植の有用性
    (第6回日本乳房オンコプラスティックサージャリ-学会総会 2018)
  • FDG-PET/CTによる副乳癌の1例
    (日本核医学会第87回中部地方会 2018)
  • 結節性紅斑を伴った肉芽腫性乳腺炎の1例
    (第43回日本外科系連合学会学術集会 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1975 金沢大学 大学院 医学研究科
  • - 1969 金沢大学 医学部
学位 (1件):
  • 医学博士
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る