研究者
J-GLOBAL ID:200901016733841313   更新日: 2019年12月28日

野口 昌邦

ノグチ マサクニ | NOGUCHI Masakuni
所属機関・部署:
職名: 特任教授
研究キーワード (3件): センチネルリンパ節生検 ,  高周波熱凝固療法 ,  低侵襲外科療法
論文 (17件):
  • 野口昌邦. 乳腺・内分泌外科領域 この10年の進歩. 内科. 2014. 114:991-993
  • 野口昌邦, 森岡絵美, 大野由夏子, 野口美樹, 中野泰治. 乳癌腋窩リンパ節郭清の役割とその変遷. 外科. 2013. 75:759-764
  • M.Noguchi, E.Morioka, Y.Ohno, M.Noguchi, Y.Nakano, T.Kosaka. The changing role of axillary lymph node dissection for breast cancer. Breast cancer (Tokyo, Japan). 2013. 20:41-46
  • Y.Ohno, M.Noguchi, M.Yokoi-Noguchi, Y.Nakano, K.Shimada, Y.Yamamoto, S.Kawakami. Nipple- or skin-sparing mastectomy and immediate breast reconstraction by the moving window" operation". Breast cancer (Tokyo, Japan). 2013. 20:54-61
  • M.Noguchi, M.Inokuchi, Y.Ohno, M.Yokoi-Noguchi, Y.Nakano, T.Kosaka. Oncological and cosmetic outcome in breast cancer patients undergoing moving window" operation". Breast cancer research and treatment. 2011. 129:849-856
もっと見る
書籍 (3件):
  • 整容性に優れた新しい乳癌手術
    南江堂 2010 ISBN:978-4-524-26287-8
  • Axillary Reverse Mapping in Breast Cancer
    Intech 2011 ISBN:978-953-307-748-2
  • 乳癌センチネルリンパ節生検 日本の現状と海外の動向
    日本医事新報社 2012 ISBN:978-4-7849-4324-1
講演・口頭発表等 (145件):
  • 乳がん看護認定看護師による乳腺科外来と病棟看護の連携システムの検討
    (第17回日本乳癌学会学術総会 2009)
  • T2進行胃癌に対し、センチネルリンパ節生検を指標とした郭清省略は可能か?
    (第41回癌とリンパ節研究会 2009)
  • 乳癌センチネルリンパ節(SLN)生検におけるトレーサー注入部位併用(乳輪下・腫瘍周囲)の検討
    (第17回日本乳癌学会学術総会 2009)
  • 体に優しい乳がん手術
    (北國健康生きがい支援事業 乳癌診療の最前線 2009)
  • Photo Dynamic Eye を用いた Axillary reverse mapping の試み
    (第71回日本臨床外科学会総会 2009)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1969 金沢大学 医学部
  • - 1975 金沢大学 大学院 医学研究科
学位 (1件):
  • 医学博士
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る