研究者
J-GLOBAL ID:200901016846374045   更新日: 2020年12月30日

松本 義久

マツモト ヨシヒサ | Matsumoto Yoshihisa
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (4件): 放射線科学 ,  分子生物学 ,  化学物質影響 ,  放射線影響
研究キーワード (20件): Antibody ,  Protein Phosphorylation ,  Cancer Therapy ,  Hyperthermia ,  Radiation Effect ,  Radiation Response ,  Radiosensitivity ,  DNA Repair ,  DNA Double-strand Break ,  DNA-dependent Protein Kinase ,  抗体 ,  タンパク質リン酸化 ,  がん治療 ,  温熱療法 ,  放射線影響 ,  放射線応答 ,  放射線感受性 ,  DNA修復 ,  DNA二重鎖切断 ,  DNA依存性プロテインキナーゼ
競争的資金等の研究課題 (31件):
  • 2020 - 2023 DNA二重鎖切断の認識と修復及び細胞応答統御におけるDNAーPKの機能と存在意義
  • 2020 - 長期的視点に立った放射線に関する科学リテラシー涵養とリスクコミュニケーション人材育成のための小中学校における「目で見る」放射線科学教育の実践研究
  • 2017 - 2019 Kuに対する温熱作用の構造生物学的展開:DNA損傷修復からタンパク質損傷修復へ
  • 2016 - 2019 DNA損傷・修復に基づく放射線・化学物質影響の統合と個人差の評価に関する研究
  • 2015 - 2019 DNA二重鎖切断修復におけるDNA-PKの「リン酸化」機能の存在意義
全件表示
論文 (90件):
  • Hisayo Tsuchiya, Mikio Shimada, Kaima Tsukada, Qingmei Meng, Junya Kobayashi, Yoshihisa Matsumoto. Diminished or inversed dose-rate effect on clonogenic ability in Ku-deficient rodent cells. Journal of Radiation Research. 2020
  • Yoshihisa Matsumoto, Mukesh Kumar Sharma. DNA-Dependent Protein Kinase in DNA Damage Response: Three Decades and Beyond. Journal of Radiation and Cancer Research. 2020
  • Kaima Tsukada, Mikio Shimada, Rikiya Imamura, Kotaro Saikawa, Masamichi Ishiai, Yoshihisa Matsumoto. The FHA domain of PNKP is essential for its recruitment to DNA damage sites and maintenance of genome stability. Mutation Research/Fundamental and Molecular Mechanisms of Mutagenesis. 2020. 822. 111727-111727
  • Kaima Tsukada, Yoshihisa Matsumoto, Mikio Shimada. Linker region is required for efficient nuclear localization of polynucleotide kinase phosphatase. PLOS ONE. 2020. 15. 9. e0239404-e0239404
  • Aoi OKAWA, Takamitsu MORIOKA, Tatsuhiko IMAOKA, Shizuko KAKINUMA, Yoshihisa MATSUMOTO. Differential expression of DNA-dependent protein kinase catalytic subunit in the brain of neonatal mice and young adult mice. Proceedings of the Japan Academy, Series B. 2020. 96. 5. 171-179
もっと見る
MISC (12件):
  • 沖野晃俊, 河野聡史, 三宅智子, 島田幹男, 岩井貴弘, 松本義久, 千葉光一. 単一細胞メタロミクスの実現に向けたドロプレット-ICP質量/発光分析装置の開発. 質量分析総合討論会講演要旨集. 2019. 67th. 140
  • 河野聡史, 三宅智子, 沖野晃俊, 岩井貴弘, 島田幹男, 松本義久, 川田善正. 単一iPS細胞元素分析システム構築のための基盤技術開発. 生体医歯工学共同研究拠点成果報告書. 2019. 2018. 173
  • 河野聡史, 三宅智子, 沖野晃俊, 岩井貴弘, 島田幹男, 松本義久, 川田善正. 単一iPS細胞元素分析システム構築のための基盤技術開発. 生体医歯工学共同研究拠点成果報告会. 2019. 2018. 171
  • 沖野晃俊, 河野聡史, 三宅智子, 三宅智子, 島田幹男, 松本義久. ドロプレットICP-MS/AESの開発と単一ヒト細胞の分析. プラズマ分光分析研究会講演会講演要旨集. 2018. 104th. 24-25
  • 河野聡史, 三宅智子, 岡本悠生, 岩井貴弘, 島田幹男, 宮原秀一, 松本義久, 千葉光一, 沖野晃俊. 単一iPS細胞中微量元素分析のための試料導入法の検討. 日本分析化学会年会講演要旨集. 2018. 67th. 290
もっと見る
書籍 (10件):
  • 原子力年鑑2020
    日刊工業新聞社 2019
  • 放射線生物学の事典
    朝倉書店 2019
  • Recent Trends and Advances in Environmental Health
    Nova Science Publishers 2019
  • 人体のメカニズムから学ぶ 放射線生物学
    メジカルビュー社 2017
  • 新版 放射線医科学-生体と放射線•電磁波・超音波-
    医療科学社 2016
もっと見る
講演・口頭発表等 (184件):
  • Basic Mechanisms for DNA Double-strand Break Repair
    (Second International School on Radiation Research (ISRR-2020) 2020)
  • Analysis of mechanism of DNA repair machinery and cell death in induced pluripotent stem cells
    (International Congress of Radiation Resarch 2019 2019)
  • Phosphorylation of XRCC4 by DNA-dependent protein kinase in DNA double-strand break repair through non-homologous end joining
    (International Congress of Radiation Resarch 2019 2019)
  • Functional Analysis of Disease-associated XRCC4 Mutations and its implication in DNA Repair and Immune System
    (International Congress of Radiation Resarch 2019 2019)
  • BLM遺伝子が調節するDNA損傷修復機構
    (第56回アイソトープ・放射線研究発表会 2019)
もっと見る
Works (16件):
  • DNA二重鎖切断の認識・修復の分子機構に基づく放射線感受性予測・制御の新戦略体系(文部科学省科学研究費補助金 若手研究(A))
    2005 - 2007
  • 長期的視点に立ったアジア地域の放射線科学研究基盤強化のための若手研究者の連携(日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(C))
    2005 - 2005
  • Joinasome:DNA二重鎖切断修復に関わる超高次複合体の解明(日本学術振興会科学研究費補助金 萌芽研究)
    2005 - 2005
  • DNA二重鎖切断センサーDNA-PKを指標とした新しい放射線感受性・癌罹患性予測法の開発
    2004 - 2004
  • DNA二重鎖切断修復酵素を指標とした放射線感受性予測システムの可能性(がん研究振興財団研究奨励助成)
    2004 - 2004
もっと見る
学歴 (5件):
  • 1995 - 1998 東京大学 生物化学専攻 博士課程
  • - 1998 東京大学
  • 1993 - 1995 東京大学 生物化学専攻 修士課程
  • 1991 - 1993 東京大学 生物化学科
  • 1989 - 1991 東京大学 理科I類
学位 (2件):
  • Doctor of Science (The University of Tokyo)
  • Master of Science (The University of Tokyo)
経歴 (10件):
  • 2016/04 - 現在 東京工業大学 科学技術創成研究院 先導原子力研究所 准教授
  • 2007/04 - 2016/03 東京工業大学 原子炉工学研究所 准教授
  • 2006/12 - 2007/03 東京工業大学 原子炉工学研究所 助教授
  • 2003 - 2006 :The University of Tokyo Graduate School of Medicine, Center for Disease Biology and Integrative Medicine Assistant Professor
  • 2003 - 2006 東京大学 大学院医学系研究科 附属疾患生命工学センター 放射線研究領域 助手
全件表示
受賞 (7件):
  • 2017/07 - 国際癌治療増感研究協会 第23回癌治療増感研究会最優秀発表賞 シン・ゴジラの放射線感受性
  • 2014/11 - 日本学術振興会 審査委員表彰
  • 2014/07 - 日本放射線腫瘍学会生物部会 生物部会賞
  • 2012/11 - 日本学術振興会 審査委員表彰
  • 2011/02 - 原子力基礎基盤戦略研究イニシアティブ 原子力基礎基盤戦略研究イニシアティブ若手表彰 DNA二重鎖切断の認識・修復の初期過程に関する研究
全件表示
所属学会 (9件):
Molecular Biology Society of Japan ,  Japan Cancer Association ,  Japan Association for Radiation Research ,  日本分子生物学会 ,  日本医学放射線学会生物部会 ,  日本癌学会 ,  日本放射線影響学会 ,  日本原子力学会 ,  国際癌治療増感研究協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る