研究者
J-GLOBAL ID:200901017245867806   更新日: 2021年05月10日

柳 茂

yanagi shigeru
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): http://www.ls.toyaku.ac.jp/Life-Science/lmb-8/
研究分野 (6件): 細胞生物学 ,  分子生物学 ,  機能生物化学 ,  神経科学一般 ,  病態医化学 ,  医化学
研究キーワード (33件): CRAG ,  MITOL ,  脳神経 ,  インタ-ロイキン2 ,  活性酸素種 ,  Axon Pruning ,  ユビキチン化 ,  PI 3 kinase ,  脳神経疾患 ,  シグナル伝達 ,  セマフォリン ,  ユビキチンリガーゼ ,  GTP結合蛋白質 ,  蛋白質 ,  Filopodia ,  GTPase活性 ,  小胞体ストレス ,  血小板 ,  p72syk ,  細胞増殖 ,  細胞移動 ,  CD45 ,  チロシンホスファタ-ゼ ,  ポリグルタミン病 ,  血管内皮細胞 ,  セマホリン ,  ミトコンドリア ,  Lyn ,  CRAM ,  Syk ,  チロシンキナ-ゼ ,  包括脳ネットワーク ,  統合脳・統合脳
論文 (83件):
  • Mikihiro Mitsubori, Keisuke Takeda, Shun Nagashima, Satoshi Ishido, Masaaki Matsuoka, Ryoko Inatome, Shigeru Yanagi. Identification of highest neurotoxic amyloid-β plaque type showing reduced contact with astrocytes. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2021. 549. 67-74
  • Shun Nagashima, Naoki Ito, Reiki Kobayashi, Isshin Shiiba, Hiroki Shimura, Toshifumi Fukuda, Hideo Hagihara, Tsuyoshi Miyakawa, Ryoko Inatome, Shigeru Yanagi. Forebrain-specific deficiency of the GTPase CRAG/Centaurin-γ3 leads to immature dentate gyri and hyperactivity in mice. The Journal of Biological Chemistry. 2021. 100620-100620
  • Keisuke Takeda, Aoi Uda, Mikihiro Mitsubori, Shun Nagashima, Hiroko Iwasaki, Naoki Ito, Isshin Shiiba, Satoshi Ishido, Masaaki Matsuoka, Ryoko Inatome, et al. Mitochondrial ubiquitin ligase alleviates Alzheimer's disease pathology via blocking the toxic amyloid-β oligomer generation. Communications Biology. 2021. 4. 1. 192-192
  • Isshin Shiiba, Keisuke Takeda, Shun Nagashima, Naoki Ito, Takeshi Tokuyama, Shun-Ichi Yamashita, Tomotake Kanki, Toru Komatsu, Yasuteru Urano, Yuuta Fujikawa, et al. MITOL promotes cell survival by degrading Parkin during mitophagy. EMBO Reports. 2021. e49097
  • Isshin Shiiba, Keisuke Takeda, Shun Nagashima, Shigeru Yanagi. Overview of Mitochondrial E3 Ubiquitin Ligase MITOL/MARCH5 from Molecular Mechanisms to Diseases. International journal of molecular sciences. 2020. 21. 11
もっと見る
MISC (26件):
もっと見る
書籍 (3件):
  • ミトコンドリアと疾患・老化 : 細胞内代謝プラントとしての役割を知り, ミトコンドリアを標的とした創薬に挑む
    羊土社 2019 ISBN:9784758103800
  • 「特集」ミトコンドリアのヒト疾患学 : Common Diseaseに応じて変化する代謝・品質管理と病態制御メカニズム
    羊土社 2012 ISBN:9784758100847
  • 未来の治療に向かって : 生命医科学の挑戦
    東京化学同人 2010 ISBN:9784807912889
学位 (1件):
  • 博士(医学) (神戸大学)
経歴 (11件):
  • 2020 - 現在 学習院大学 理学部 生命科学科 教授
  • 2020 - 現在 東京薬科大学 名誉教授
  • 2020/04 - 2021/03 東京薬科大学 生命科学部 客員教授
  • 2005 - 2020 東京薬科大学 生命科学部 教授
  • 2002 - 2006 科学技術振興事業団 戦略的創造研究推進事業 さきがけ研究21 研究員(併任)
全件表示
受賞 (1件):
  • 2004 - 日本生化学会 奨励賞
所属学会 (6件):
日本癌学会 ,  日本細胞生物学会 ,  日本ミトコンドリア学会 ,  日本神経科学学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本生化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る