研究者
J-GLOBAL ID:200901017275522641   更新日: 2020年05月25日

藤岡 正博

Masahiro Fujioka
ホームページURL (2件): http://mfujioka.web.fc2.com/http://mfujioka.web.fc2.com/
研究分野 (4件): ランドスケープ科学 ,  環境農学 ,  生物資源保全学 ,  生態学、環境学
研究キーワード (4件): 農業生態系 ,  鳥類 ,  行動生態学 ,  動物生態学
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2014 - 2016 北海道に新規侵入したカササギ個体群の由来と定着条件の解明
  • 2008 - 2010 河川におけるカワウと漁業の関係
  • 2008 - 2010 カワウによる漁業被害防除技術の開発
  • 1999 - 2009 動物における集団性を促す環境要因
  • 1995 - 2009 農林生態系における生物多様性の保全
全件表示
論文 (64件):
書籍 (20件):
  • 植物育種学辞典
    培風館 2005
  • 鳥類学辞典
    昭和堂 2004
  • 新編 農学大事典
    養賢堂 2004
  • 兄弟殺し.
    生態学事典 生態学事典 共立出版 2003
  • 農業生態系における鳥類多様性の保全.
    これからの鳥類学 これからの鳥類学 裳華房 2002
もっと見る
講演・口頭発表等 (85件):
  • 日本のカササギの起源と趨勢-新旧侵入個体群のマイクロサテライト解析-
    (第62回日本生態学会大会 2015)
  • 中部日本における牧草地へのシカの侵入頻度
    (第62回日本生態学会大会 2015)
  • The multi-scale aggregative response of cormorants to the mass stocking of fish in rivers.
    (26th International Ornithological Congress 2014)
  • The origin and trend of the common magpie in Japan: Microsatellite analysis of old and new introduced populations.
    (26th International Ornithological Congress 2014)
  • The effects of local- and landscape-scale habitat characteristics and their interaction on wintering waterbirds in lotus fields.
    (26th International Ornithological Congress 2014)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1983 - 1987 大阪市立大学 理学研究科 生物学専攻
  • 1980 - 1983 大阪市立大学 理学研究科 生物学専攻
  • 1975 - 1980 大阪市立大学 理学部 生物学科
学位 (1件):
  • 理学博士 (大阪市立大学)
経歴 (10件):
  • 2010/12 - 筑波大学 准教授(八ヶ岳演習林勤務)
  • 2008/04/01 - 2010/11/30 筑波大学 准教授(農林技術センター筑波実験林勤務)
  • 2004/04/01 - 2007/03/31 筑波大学 助教授(農林技術センター井川演習林勤務)
  • 2003/11/01 - 2004/03/31 筑波大学 助教授(農林技術センター筑波苗畑勤務)
  • 1995/10/01 - 2003/10/30 農林水産省農業研究センター 室長
全件表示
委員歴 (4件):
  • 1996 - 2008 日本生態学会 保全生態学研究誌編集委員
  • 1999 - 2001 日本生態学会 日本生態学会誌編集委員
  • 1990 - 1998 日本動物行動学会 J. Ethology編集委員
  • 1991 - 日本鳥学会 改革委員、評議員、常任評議員、他
所属学会 (3件):
日本生態学会 ,  日本動物行動学会 ,  日本鳥学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る