研究者
J-GLOBAL ID:200901017289300633   更新日: 2020年09月01日

松下 隆彦

マツシタ タカヒコ | Matsushita Takahiko
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (2件): http://md.fms.saitama-u.ac.jphttp://md.fms.saitama-u.ac.jp/
研究分野 (3件): 生体化学 ,  機能物性化学 ,  有機合成化学
研究キーワード (10件): 糖鎖 ,  固相合成 ,  高分子支持合成 ,  糖転移酵素 ,  抗体 ,  エピトープ ,  デンドリマー ,  マイクロアレイ ,  化学酵素合成 ,  糖ペプチド
論文 (36件):
もっと見る
MISC (14件):
もっと見る
特許 (5件):
書籍 (4件):
  • 新たな疾患検出・診断薬の創出に向けて
    埼経協ニュース398号, 埼玉県経営者協会 2017
  • 異物の新しいパートナー
    サイ・テクこらむ, 埼玉新聞 2016
  • Methods in Enzymology vol.478 " Novel Synthesis of Functional Mucin Glycopeptides Containing Both N- and O-glycans."
    Elsevier Inc. 2010 ISBN:9780123810014
  • 月間バイオインダストリー2009年7月号 "糖鎖チップ・マイクロアレイの開発と応用展開-疾患マーカー探索へのアプローチ-"
    シーエムシー出版 2009
講演・口頭発表等 (69件):
  • Bivalent N-Acetylglucosamine Glycosides: Effect of Scaffold Constraint on Lectin-Carbohydrate Interaction
    (International Congress on Pure & Applied Chemistry Langkawi (ICPAC Langkawi) 2018)
  • 疎?的な薬剤を安定に保持するためのがん標的DDSキャ リア分?の合成
    (第8回CSJ化学フェスタ2018 2018)
  • 蛍光増感型インフルエンザ検出薬の改良
    (第8回CSJ化学フェスタ2018 2018)
  • シアル酸部位を含む糖修飾型?ナノ微粒?の合成 (?): 糖鎖?格の構築と?ナノ微粒?の作成
    (第8回CSJ化学フェスタ2018 2018)
  • イソチオシアネートを基軸とした多価型リガンドの合成 研究(?)??価モデル分?の合成と評価
    (第8回CSJ化学フェスタ2018 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2000 - 2005 北海道大学大学院 生物科学専攻, 修了
  • 1996 - 2000 北海道大学 生物科学科, 卒業
学位 (2件):
  • 博士(理学) (北海道大学)
  • Ms. in Science (Hokkaido University)
経歴 (4件):
  • 2015/10 - 現在 埼玉大学 大学院理工学研究科 助教
  • 2013/07 - 2015/09 米国ウェイン州立大学 化学科 (David Crich教授) リサーチスカラー
  • 2010/11 - 2013/06 北海道大学大学院先端生命科学研究院 特任助教
  • 2005/07 - 2010/10 独立行政法人産業技術総合研究所 産総研特別研究員
受賞 (1件):
  • 2011/05 - 高分子学会 高分子研究奨励賞 MUC1糖ペプチドライブラリーの効率的酵素化学合成法の開発
所属学会 (3件):
日本糖質学会 ,  日本化学会 ,  高分子学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る