研究者
J-GLOBAL ID:200901017294870456   更新日: 2020年07月08日

宮崎 修一

ミヤザキ シユウイチ | Miyazaki Shuichi
所属機関・部署:
職名: 名誉教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • (公財)国際科学振興財団  主席研究員
ホームページURL (2件): http://sma.ims.tsukuba.ac.jp/http://sma.ims.tsukuba.ac.jp/
研究分野 (2件): 構造材料、機能材料 ,  金属材料物性
研究キーワード (7件): 高温形状記憶合金 ,  生体用Ti基合金 ,  ゴムメタル ,  超弾性合金 ,  形状記憶合金 ,  金属材料 ,  チタン構造材料
競争的資金等の研究課題 (31件):
  • 2014 - 2019 チタン合金のマルチスケール組織の解明と実用材料開発
  • 2014 - 2019 不純物元素制御に基づく組織・物性制御法の開発
  • 2012 - 2014 生体用Ti基形状記憶・超弾性合金の開発
  • 2008 - 2009 実用可能な高温形状記憶合金の開発
  • 2008 - 2009 形状記憶合金組成、処理の最適化と特性評価
全件表示
論文 (512件):
  • Kim, Kyong Min, Kim, Hee Young, Miyazaki, Shuichi. Eect of Zr Content on Phase Stability, Deformation Behavior, and Young’s Modulus in Ti-Nb-Zr Alloys. Materials. 2020. 13. 476
  • Tahara, Masaki, Inamura, Tomonari, Kim, Hee Young, Miyazaki, Shuichi, Hosoda, Hideki. Isothermal martensitic transformation behavior of Ti-Nb-O alloy. Materials Letters. 2019. 257. 126691
  • Al-Zain, Yazan, Yamamoto, Akiko, AlAjlouni, Jihad M, Al-Abbadi, Mousa A, Al-Sayyed, Manar R, Aloweidi, Abdelkarim S, Kim, Hee Young, Miyazaki, Shuichi. Corrosion behavior, in vitro and in vivo biocompatibility of a newly developed Ti-16Nb-3Mo-1Sn superelastic alloy. MATERIALS SCIENCE & ENGINEERING C-MATERIALS FOR BIOLOGICAL APPLICATIONS. 2019. 104
  • Pavon, Luis Lopez, Cuellar, Enrique Lopez, Moreno-Cortez, Ivan E, Hernandez, Sarai Villalpando, Kim, Hee Young, Miyazaki, Shuichi. Effect of heat treatment condition on microstructure and superelastic properties of Ti24Zr10Nb2Sn. Journal of Alloys and Compounds. 2019. 782. 893-898
  • Okabe, Fumiya, Kim, Hee Young, Miyazaki, Shuichi. Stress induced martensitic transformation and shape memory effect in Zr-Nb-Sn alloys. SCRIPTA MATERIALIA. 2019. 162. 412-415
もっと見る
特許 (9件):
もっと見る
書籍 (53件):
  • Ni-free Ti-based shape memory alloys
    Butterworth-Heinemann 2018 ISBN:9780128094013
  • THERMEC 2011, PTS 1-4
    TRANS TECH PUBLICATIONS LTD 2012
  • Shape Memory and Superelastic Alloys- Technologies and applications
    Woodhead Publishing, England (2011) 2011
  • Basic Characteristics of Ti-Ni-based and Ti-Nb-based Alloys
    “Shape Memory and Superelastic Alloys- Technologies and applications”, (Ed. by K. Yamauchi, I. Ohkata, K. Tsuchiya and S. Miyazaki), Woodhead Publishing, England (2011) 2011
  • ESOMAT 2009 - 8TH EUROPEAN SYMPOSIUM ON MARTENSITIC TRANSFORMATIONS
    E D P SCIENCES 2009 ISBN:9782759804801
もっと見る
講演・口頭発表等 (37件):
  • TiZrHfNbTa合金の形状記憶・超弾性特性に及ぼすAl添加の影響
    (日本金属学会2019年秋期講演大会 2019)
  • Ti-Zr-Nb-Mo-Sn-O合金の再結晶集合組織に及ぼす熱処理条件の影響
    (日本金属学会2019年秋期講演大会 2019)
  • Ti-17合金の高温圧縮特性と組織形成に及ぼす侵入型元素の影響
    (日本金属学会2019年秋期講演大会 2019)
  • Enhancement of functional stability of TiNiPdCu high temperature shape memory alloys through optimization of composition and microstructure
    (2019 International Forum on Functional Materials (IFFM 2019) 2019)
  • Zr-Nb-Al合金のマルテンサイト変態特性及び微細組織
    (日本金属学会2019年春期講演大会 2019)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1979 大阪大学 大学院工学研究科
学位 (1件):
  • 工学博士(大阪大学) (大阪大学)
経歴 (10件):
  • 2015/04/01 - 現在 筑波大学 特命教授
  • 2015/04 - 現在 (公財)国際科学振興財団 主席研究員
  • 1998/04/01 - 2015/03/31 筑波大学 教授
  • 2014/09/01 - 2014/09/28 仏国パリ化学研究所 客員教授
  • 2009/08/01 - 2013/08/31 韓国慶尚大学WCU 客員教授
全件表示
委員歴 (21件):
  • 2008/08 - 2016 日本学術振興会 特別研究員等審査会専門委員
  • 2007 - 2015 形状記憶合金協会 理事
  • 2012/05 - 2013 日本学術会議 第3部理学・工学系学協会連絡協議会委員
  • 2012 - 2013 日本金属学会 会長、理事
  • 2011/04 - 2013 Materials Transactions編集委員長
全件表示
受賞 (22件):
  • 2015/02/23 - 本多記念会 (22) 本多記念賞
  • 2014/11/17 - 茨城県科学技術振興財団 (21) つくば賞
  • 2014/03/21 - 日本金属学会 (20) 日本金属学会賞
  • 2012/09/17 - 日本金属学会 (19) 村上記念賞
  • 2012/03/28 - 日本金属学会 (18) 本多記念講演
全件表示
所属学会 (5件):
形状記憶合金協会 ,  日本MRS ,  日本機械学会 ,  日本鉄鋼協会 ,  日本金属学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る