研究者
J-GLOBAL ID:200901017328372035   更新日: 2020年06月09日

大坪 庸介

オオツボ ヨウスケ | Ohtsubo Yohsuke
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www2.kobe-u.ac.jp/~yohtsubo/
研究分野 (1件): 社会心理学
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2019 - 2022 リーダー-メンバーの関係性によって生起するチーム内の妬み感情:その緩和条件の解明
  • 2017 - 2022 集団謝罪をめぐる挑戦的学際研究
  • 2018 - 2021 親密さによる嫌悪感調整についての進化心理学的研究
  • 2014 - 2021 社会心理学・神経科学・内分泌学の連携による文化差の遺伝的基盤の解明
  • 2016 - 2019 崩壊した上司-部下の関係性を修復する組織及び職場の最適条件の解明
全件表示
論文 (35件):
  • Toshiyuki Himichi, Yohsuke Ohtsubo. An inverted U-shaped relationship between heart rate deceleration and empathic emotions. Biological Psychology. 2020. 150. 107828
  • Yohsuke Ohtsubo. Does financial compensation need to be accompanied by verbal apologies?. Peace and Conflict: Journal of Peace Psychology. 2020. 26. 1. 96-99
  • Adam Smith, Thomas G. McCauley, Ayano Yagi, Kazuho Yamaura, Hiroshi Shimizu, Michael E. McCullough, Yohsuke Ohtsubo. Perceived goal instrumentality is associated with forgiveness: A test of the valuable relationships hypothesis. Evolution and Human Behavior. 2020. 41. 1. 58-68
  • Konishi, N, Himichi, T, Ohtsubo, Y. Heart rate reveals the difference between disgust and anger in the domain of morality. Evolutionary Behavioral Science. 2019
  • Yohsuke Ohtsubo, Takahiko Masuda, Masahiro Matsunaga, Yasuki Noguchi, Hidenori Yamasue, Keiko Ishii. Is collectivistic forgiveness different from individualistic forgiveness? Dispositional correlates of trait forgivingness in Canada and Japan. Canadian Journal of Behavioural Science. 2019. 51. 4. 290-295
もっと見る
MISC (3件):
  • 松永 昌宏, 増田 貴彦, 石井 敬子, 大坪 庸介, 野口 泰基, 山末 英典. セロトニン2A受容体遺伝子多型の幸せの共感性に対する効果とその国際比較. 日本衛生学雑誌. 2018. 73. Suppl. S264-S264
  • 松永 昌宏, 石井 敬子, 大坪 庸介, 野口 泰基, 山末 英典. ストレス分野におけるPNEI指標を利用した挑戦的研究 唾液中セロトニンと共感性・ストレス対処能力との関連. ストレス科学. 2017. 32. 2. 137-137
  • 大坪 庸介, 八木 彩乃, 小宮 あすか, 三船 恒裕. 反省のジェスチャーの規定因としての恥(shame). 感情心理学研究. 2013. 20. 0. 4-4
書籍 (5件):
  • 英語で学ぶ社会心理学
    有斐閣 2017
  • 進化と感情から解き明かす社会心理学
    有斐閣 2012
  • 実験社会心理学における実験実施の現状と問題(第4章2節)
    勁草書房 2010
  • 共生の人文学-グローバル時代と多様な文化-
    神戸大学 2008
  • Understanding world jury systems through social psychological research
    Psychology Press 2006
学歴 (1件):
  • - 2000 北イリノイ大学 大学院心理学研究科博士課程修了
学位 (2件):
  • 修士(行動科学) (北海道大学)
  • Ph. D. (北イリノイ大学)
所属学会 (6件):
日本グループ・ダイナミックス学会 ,  日本社会心理学会 ,  日本心理学会 ,  American Psychological Association ,  Society for Personality and Social Psychology ,  Evolution and Human Behavior Society
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る