研究者
J-GLOBAL ID:200901017440813915   更新日: 2021年03月18日

岩本 悟志

イワモト サトシ | Iwamoto Satoshi
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • 応用生物科学研究科  教授
  • 連合農学研究科  教授
研究分野 (5件): 食品科学 ,  ゲノム生物学 ,  農業環境工学、農業情報工学 ,  農業環境工学、農業情報工学 ,  バイオ機能応用、バイオプロセス工学
研究キーワード (13件): Dielectric Spectroscopy ,  Glass Transition ,  Gel ,  Polymer Science ,  Food Engineering ,  誘電緩和 ,  ガラス転移 ,  ゲル ,  高分子科学 ,  食品工学 ,  エマルション ,  農業情報 ,  界面科学
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2005 - 2030 Analysis of Food Dispersion for making fine food and/or medicals
  • 2005 - 2030 食品成分分散系の相変化・形態変化を利用した食品の高付加価値化に関する研究
  • 2014 - 2017 微細水滴における過冷却現象を利用した新規な生細胞の保存方法の確立
  • 2016 - 2017 画像解析法を用いたコモパン生地の構造とその劣化に関する研究
  • 2014 - 2016 微細水滴における過冷却現象を利用した新規な生細胞の保存方法の確立
全件表示
論文 (72件):
MISC (20件):
特許 (7件):
書籍 (1件):
  • 科学大辞典
    丸善 2005 ISBN:4621075217
講演・口頭発表等 (139件):
  • Morphology Analysis of Wild-type Saccharomyces Cerevisiae by Using Flow Particle Image Analyzer
    (5th EUROPEAN CONGRESS OF APPLIED BIOTECHNOLOGY 2019)
  • Evaluating the growth conditions of wild-type Saccharomyces cerevisiae by using flow particle image analyzer
    (32nd EFFoST International Conference 2018 2018)
  • ランタノイド依存型メタノール脱水素酵素XoxF1の酵素活性と安定性はランタノイド種に依存する
    (日本農芸化学会中部支部例会講演要旨集(Web) 2018)
  • 低栄養環境下におけるMethylorubrum属細菌のランタノイド応答に関する研究
    (日本農芸化学会中部支部例会講演要旨集(Web) 2018)
  • Stability and antioxidant activity of encapsulated antioxidants from extract of Thai Riceberry bran during in vitro digestion
    (The Innovations in Food Science and Human Nutrition 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1997 - 2000 東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程
  • 1995 - 1997 東京大学大学院農学生命科学研究科修士課程
  • - 1995 東京大学農学部農芸化学科
学位 (1件):
  • 博士 (東京大学大学院)
経歴 (7件):
  • 2011 - 2014 岐阜大学 応用生物科学部 准教授
  • 2003/10/01 - 2005/08/31 独立行政法人食品総合研究所任期付研究員
  • 2002/04/01 - 2003/09/30 学術振興会科学技術特別研究員
  • 2002/01/01 - 2002/03/31 科学技術振興事業団科学技術特別研究員
  • 2000/08/01 - 2001/12/31 生物系特定産業技術研究推進機構派遣研究員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2019/03 - The American Oil Chemists' Society 2019 Edwin N. Frankel Award for Best Paper in Lipid Oxidation and Quality Iron-Catalyzed Reaction of γ-Tocopherol with Methyl Linoleate Hydroperoxides in Solutions
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る