研究者
J-GLOBAL ID:200901017520277941   更新日: 2020年05月27日

山田 純生

Yamada Sumio
ホームページURL (1件): http://plaza.umin.ac.jp/yamadalb/
研究キーワード (6件): 障害予防 ,  高齢者ヘルスプロモーション ,  オンラインリハビリテーション ,  軽症脳梗塞の再発予防 ,  心不全リハビリテーション ,  心大血管術後の電気刺激療法
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2016 - 2021 心不全フレイルの診断基準開発を目的とする前向きコホート研究
  • 2014 - 2017 姿勢制御に対する足趾ケア効果の多角的解析と戦略的看護介入の確立
  • 2010 - 2013 心大血管術後の筋蛋白分解を抑制する電気刺激療法の開発
  • 2007 - 2010 高齢慢性心不全の生活機能をアウトカムとする運動介入効果に関する研究
論文 (81件):
  • Toru Kondo, Sumio Yamada, Daisuke Tanimura, Shingo Kazama, Toshikazu Ishihara, Masafumi Shimojo, Etsuo Iwata, Sayano Kondo, Hiroaki Hiraiwa, Toshiaki Kato, Hiroaki Sano, Yoshifumi Awaji, Takahiro Okumura, Toyoaki Murohara. Neuromuscular electrical stimulation is feasible in patients with acute heart failure. ESC HEART FAILURE. 2019. 6. 975-982
  • Takuji Adachi, Kuniyasu Kamiya, Daichi Takagi, Ashikawa Hironobu, Masaya Hori, Takaaki Kondo, Sumio Yamada. Combined effects of obesity and objectively-measured daily physical activity on the risk of hypertension in middle-aged Japanese men: A 4-year prospective cohort study. Obesity Research & Clinical Practice. 2019
  • Hiroyuki Kawajiri, Hiromi Mishina, Sho Asano, Yuji Kono, Hironori Hayashi, Jun-ichi Niwa, Manabu Doyu, Shinya Kimura, Sumio Yamada. Maximum Walking Speed at Discharge Could Be a Prognostic Factor for Vascular Events in Patients With Mild Stroke: A Cohort Study. Archives of Physical Medicine and Rehabilitation. 2019. 100. 2. 230-238
  • Hiroyuki Kawajiri, Takuji Adachi, Yuji Kono, Sumio Yamada. Development of a Self-Efficacy Questionnaire for Walking in Patients with Mild Ischemic Stroke. Journal of Stroke and Cerebrovascular Diseases. 2019. 28. 2. 317-324
  • Kamiya Kuniyasu, Adachi Takuji, Kono Yuji, Shibata Kenichi, Kitamura Hideki, Izawa Hideo, Yamada Sumio. The 6-Minute Walk Test: DIFFERENCE IN EXPLANATORY VARIABLES FOR PERFORMANCE BY COMMUNITY-DWELLING OLDER ADULTS AND PATIENTS HOSPITALIZED FOR CARDIAC DISEASE. Journal of Cardiopulmonary Rehabilitation and Prevention. 2019
もっと見る
MISC (70件):
  • Sumio Yamada, Takuji Adachi, Hideo Izawa, Toyoaki Murohara, Takaaki Kondo, on, behalf of, the FLAGSHIP collaborators. A multicenter prospective cohort study to develop frailty-based prognostic criteria in heart failure patients (FLAGSHIP): rationale and design. BMC Cardiovascular Disorders. 2018
  • Adachi T, Kamiya K, Kono Y, Iwatsu K, Shimizu Y, Honda I, Yamada S. Estimation of reduced walking speed using simple measurements of physical and psychophysiological function in community-dwelling elderly people: a cross-sectional and longitudinal study. Aging clinical and experimental research. 2018
  • Kondo T, Yamada S, Asai C, Okumura T, Tanimura D, Murohara T. Skeletal Muscle Pump Function Is Associated With Exercise Capacity in Patients With Heart Failure. Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society. 2018. 82. 4. 1033-1040
  • 小林 聖典, 山田 純生, 碓氷 章彦. 左心補助人工心臓装着患者に対する神経筋電気刺激療法. 日集中医誌. 2018. 25. 4. 249-254
  • Adachi T, Kamiya K, Kono Y, Iwatsu K, Shimizu Y, Honda I, Yamada S. Predicting the future need of walking device or assisstance using moderate to vigorous physical activity in Japanese community-dwelling elderly women aged 75 years and above: a 2-year prospective cohort study. BioMed Research International 2018. 2018
もっと見る
書籍 (13件):
  • フレイルのみかた
    中外医学社 2018
  • 実践EBM心臓リハビリテーション 第III章心臓リハビリテーション難渋症例の攻略法 抑うつを合併する患者
    文光堂 2016
  • 実践EBM心臓リハビリテーション 第I章エビデンスのさらなる有効活用 エビデンスから普及のための広報へ
    文光堂 2016
  • 心臓リハビリテーション 3.心臓リハビリテーションの有効性
    医歯薬出版株式会社 2013
  • Early Detection and Rehabilitation for Dementia:Neuroscience and Biomedical Application. Chapter 32 The relationship between knee extension strength and activities of daily living in patients with dementia
    IGI Global 2011
もっと見る
講演・口頭発表等 (379件):
  • ロボット技術でリハビリテーション医療が変わる~思っただけで身体が動く?~
    (第30回日本医学会総会2019中部 2019)
  • 食事調査における栄養評価の質的向上に関する検討-食事画像使用時の再現性
    (第83回日本循環器学会学術集会 2019)
  • 冠動脈バイパス術後患者における術後高血糖は術後筋力低下を引き起こす要因かもしれない
    (第83回日本循環器学会学術集会 2019)
  • 急性心筋梗塞後の心不全合併は回復期身体活動量を低下させる
    (第83回日本循環器学会学術集会 2019)
  • 心臓血管外科術後患者の外来心臓リハビリテーション参加と遠隔期身体活動量の推移:前向きコホート研究より
    (第83回日本循環器学会学術集会 2019)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1987 青山学院大学 文学部 教育学科
学位 (2件):
  • 博士(医学) (昭和大学)
  • 教育学士 (青山学院大学)
経歴 (4件):
  • 2012/04/01 - 現在 名古屋大学 教授
  • 2012/04 - 現在 名古屋大学 大学院医学系研究科保健学統括副専攻長
  • 2008/04 - 現在 名古屋大学 保健学科副学科長
  • 2002/10/01 - 2012/03/31 名古屋大学 教授
所属学会 (7件):
日本臨床生理学会 ,  日本公衆衛生学会 ,  日本心不全学会 ,  日本体力医学会 ,  日本循環器学会 ,  日本循環器予防学会 ,  日本心臓リハビリテーション学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る