研究者
J-GLOBAL ID:200901017520277941   更新日: 2021年10月25日

山田 純生

Yamada Sumio
ホームページURL (1件): http://plaza.umin.ac.jp/yamadalb/
研究分野 (1件): リハビリテーション科学
研究キーワード (6件): 障害予防 ,  高齢者ヘルスプロモーション ,  オンラインリハビリテーション ,  軽症脳梗塞の再発予防 ,  心不全リハビリテーション ,  心大血管術後の電気刺激療法
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2016 - 2021 心不全フレイルの診断基準開発を目的とする前向きコホート研究
  • 2014 - 2017 姿勢制御に対する足趾ケア効果の多角的解析と戦略的看護介入の確立
  • 2010 - 2013 心大血管術後の筋蛋白分解を抑制する電気刺激療法の開発
  • 2007 - 2010 高齢慢性心不全の生活機能をアウトカムとする運動介入効果に関する研究
論文 (165件):
もっと見る
MISC (114件):
書籍 (13件):
  • フレイルのみかた
    中外医学社 2018
  • 実践EBM心臓リハビリテーション 第III章心臓リハビリテーション難渋症例の攻略法 抑うつを合併する患者
    文光堂 2016
  • 実践EBM心臓リハビリテーション 第I章エビデンスのさらなる有効活用 エビデンスから普及のための広報へ
    文光堂 2016
  • 心臓リハビリテーション 3.心臓リハビリテーションの有効性
    医歯薬出版株式会社 2013
  • Early Detection and Rehabilitation for Dementia:Neuroscience and Biomedical Application. Chapter 32 The relationship between knee extension strength and activities of daily living in patients with dementia
    IGI Global 2011
もっと見る
講演・口頭発表等 (403件):
  • 心不全地域連携での活用に向けたモニタリング指標
    (日本心臓リハビリテーション学会第5回東海支部地方会 2019)
  • 頻脈性心房細動を基礎疾患とする肥満心不全症例に対してカテーテルアブレーションに減量を併用させた一例
    (日本心臓リハビリテーション学会第5回東海支部地方会 2019)
  • 外来リハビリテーションでの多職種介入にて、復職可能となった若年心不全患者の一例
    (日本心臓リハビリテーション学会第5回東海支部地方会 2019)
  • 左室自由壁破裂修復術後の重症心不全患者に対する心臓リハビリが運動耐容能を改善し,再入院を予防した一例
    (日本心臓リハビリテーション学会第5回東海支部地方会 2019)
  • 再入院を繰り返す拡張型心筋症症例に対し骨格筋電気刺激療法にて身体機能が維持できた1例
    (日本心臓リハビリテーション学会第5回東海支部地方会 2019)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1987 青山学院大学 教育学科
学位 (2件):
  • 博士(医学) (昭和大学)
  • 教育学士 (青山学院大学)
経歴 (6件):
  • 2020/04/01 - 現在 名古屋大学 大学院医学系研究科 総合保健学専攻 予防・リハビリテーション科学 教授
  • 2012/04 - 現在 名古屋大学 大学院医学系研究科保健学統括副専攻長
  • 2008/04 - 現在 名古屋大学 保健学科副学科長
  • 2012/04/01 - 2020/03/31 名古屋大学 大学院医学系研究科 リハビリテーション療法学専攻 理学療法学 教授
  • 2002/10/01 - 2012/03/31 名古屋大学 医学部(保健学科) 理学療法学専攻 教授
全件表示
所属学会 (7件):
日本臨床生理学会 ,  日本公衆衛生学会 ,  日本心不全学会 ,  日本体力医学会 ,  日本循環器学会 ,  日本循環器予防学会 ,  日本心臓リハビリテーション学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る