研究者
J-GLOBAL ID:200901017534692160   更新日: 2024年07月17日

坂口 裕樹

サカグチ ヒロキ | Sakaguchi Hiroki
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.chem.tottori-u.ac.jp/~sakaguchi/index.html
研究分野 (3件): エネルギー化学 ,  無機物質、無機材料化学 ,  電子デバイス、電子機器
研究キーワード (10件): 水素吸蔵合金 ,  ガスデポジション ,  リチウム貯蔵合金 ,  電極活物質 ,  リチウム二次電池 ,  二次電池 ,  Gas-deposition ,  Anode material ,  Lithium storage alloys ,  Lithium ion battery
競争的資金等の研究課題 (57件):
  • 2023 - 2027 ルチル型複合酸化物から始まる次世代蓄電池負極材料の創製と応用
  • 2020 - 2025 ケイ素を用いた次世代リチウムイオン電池の創製
  • 2019 - 2023 不純物元素をドープしたルチル型酸化チタンからなる次世代蓄電池負極の創製
  • 2020 - 2023 固体LIB用Si系高容量負極材料の研究開発
  • 2020 - 2021 高性能ナトリウム二次電池開発のための負極-電解 質界面の構築
全件表示
論文 (141件):
  • Hiroyuki Usui, Kotono Nakanishi, Keisuke Yonekawa, Haruka Kojima, Yasuhiro Domi, Naoto Oishi, Noriko Nitta, Hiroki Sakaguchi. Coating of Chlorophylls a and b Enhanced Photoelectrochemical Capacitor Reaction of TiO2/MnO2 Composite Electrode. ACS applied bio materials. 2024
  • Hiroyasu Watanabe, Hiroyuki Usui, Yasuhiro Domi, Kurumi Uetake, Naoto Oishi, Noriko Nitta, Haruki Kurokawa, Hiroki Sakaguchi. Solid-state lithium batteries composed of hematite and oxide electrolyte. Materials Letters. 2024. in press. 136674-136674
  • Hiroyasu Watanabe, Hiroyuki Usui, Yasuhiro Domi, Eiji Iwama, Haruki Kurokawa, Hiroki Sakaguchi. Effect of Composite Formation with Various Metals on Improving the Anode Performance of Hematite for Na-Ion Batteries. ACS Applied Energy Materials. 2024. 7. 7. 2973-2979
  • Yoichiro KAWANO, Akihiko KATO, Yasuhiro DOMI, Hiroyuki USUI, Hiroki SAKAGUCHI. Electrochemical Anode Behavior of α-FeSi2 Co-Sintered with Solid Electrolyte. Electrochemistry. 2024
  • Hiroyuki Usui, Kotono Nakanishi, Keisuke Yonekawa, Haruka Kojima, Yasuhiro Domi, Naoto Oishi, Noriko Nitta, Hiroki Sakaguchi. Coating of Chlorophylls a and b Enhanced Photoelectrochemical Capacitor Reaction of TiO2/MnO2 Composite Electrode. ACS Applied Bio Materials. 2024
もっと見る
MISC (175件):
  • 薄井洋行, 道見康弘, 坂口裕樹. リン化合物を用いたナトリウムイオン電池負極材料の最新動向. 電気化学. 2023. 91. 4
  • 河野羊一郎, 加藤彰彦, 薄井洋行, 道見康弘, 坂口裕樹. 酸化物系全固体電池における負極活物質の開発. 電気化学. 2023. 91. 4
  • 薄井 洋行, 道見 康弘, 坂口 裕樹. ルチル型酸化チタンから始まる次世代リチウム電池負極材料の創製. クリーンエネルギー / クリーンエネルギー編集委員会 編. 2023. 32. 4. 37-42
  • 薄井 洋行, 道見 康弘, 坂口 裕樹. ナトリウムイオン電池用負極材料の微細構造解析-Nanostructure Analysis of Novel Anode Materials for Sodium Ion Batteries. 大阪大学超高圧電子顕微鏡センター年報. 2021. 50. 24-27
  • 伊崎真一郎, 薄井洋行, 道見康弘, 奈須滉, 作田敦, 林晃敏, 坂口裕樹. TiO2負極と酸化物系電解質を用いた全固体リチウム電池の構築. 電気化学秋季大会講演要旨集(CD-ROM). 2021. 2021
もっと見る
特許 (38件):
  • 複合粉末およびその製造方法、二次電池用負極並びに二次電池
  • 酸化ケイ素系の負極材料
  • 電極材料及びそれを用いた電極、電池
  • ナトリウムイオン二次電池
  • 電極材料及びそれを用いた電極、電池
もっと見る
書籍 (29件):
  • マテリアルステージ
    技術情報協会 2024
  • 電気化学
    電気化学会 2023
  • 電気化学
    電気化学会 2023
  • クリーンエネルギー
    日本工業出版 2023
  • 二次電池の材料に関する最新技術開発
    技術情報協会 2022 ISBN:9784861048852
もっと見る
講演・口頭発表等 (38件):
  • Oxide- and Alloy-Based Anode Materials for Na-Ion Batteries
    (The 12th Asian Conference on Electrochemical Power Sources (ACEPS-12) 2024)
  • カリウムイオン電池用希土類アンチモナイド系負極の創製
    (第40回希土類討論会 2024)
  • 次世代アルカリ金属イオン電池用金属・化合物系負極材料の創製
    (電気化学会第91回大会 2024)
  • アルカリ金属イオン二次電池の材料創製, 電極・電池特性評価および反応機構解析を学ぶ
    (GSCセンター創立10周年記念シンポジウム)
  • グリーンイノベーション戦略における蓄電池開発の重要性 ~鳥取大学による新材料創製への挑戦~
    (GSCセンター創立10周年記念シンポジウム 2022)
もっと見る
Works (8件):
  • NEDO「次世代自動車用高性能蓄電システム」
    2007 -
  • 中性子ラジオグラフィーを用いた水素吸蔵合金中の水素に関する研究
    2001 -
  • Studies on Hydrogen in Hydrogen Storage Alloys Using Neutron Radiography
    2001 -
  • リチウム貯蔵性金属間化合物の合成と二次電池への応用
    1999 - 2000
  • Preparation of Li-storage Intermetallic Compounds and Application of the compounds to Secondary Batteries
    1999 - 2000
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1988 大阪大学 工学研究科 応用化学専攻
  • - 1988 大阪大学
  • - 1983 静岡大学 工学部 合成化学
  • - 1983 静岡大学
学位 (2件):
  • 工学修士 (大阪大学)
  • 工学博士 (大阪大学)
経歴 (5件):
  • 2005 - 現在 鳥取大学 教授
  • 1996 - 2005 鳥取大学 助教授
  • 1995 - 1996 大阪大学 講師
  • 1989 - 1995 大阪大学 助手
  • 1988 - 1989 日本学術振興会 特別研究員
受賞 (2件):
  • 2016/06 - 日本希土類学会 日本希土類学会賞(塩川賞) 希土類金属含有化合物のエネルギー変換機能に関する研究
  • 2011/03 - 公益社団法人電気化学会 平成23年度電気化学会論文賞 無電解析出とガスデポジションにより作製したCu被覆Si厚膜電極の負極特性
所属学会 (7件):
MH利用開発研究会 ,  固体イオニクス学会 ,  The Electrochemical Society ,  日本金属学会 ,  日本希土類学会 ,  電気化学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る