研究者
J-GLOBAL ID:200901018102310319   更新日: 2018年12月11日

池田 秀彦

イケダ ヒデヒコ | Ikeda Hidehiko
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 刑事法学
研究キーワード (1件): 刑事訴訟法
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2016 - 2019 被疑者の捜査協力に対する報償-日・独・オーストリア・スイスの法制度比較
  • 2011 - 2014 ドイツにおける現代型捜査の包括的研究
論文 (43件):
  • 池田 秀彦. スイスの王冠証人立法研究序説. 創価法学. 2018. 48. 2. 109-120
  • 池田 秀彦. ドイツにおける被疑者の捜査協力に対する恩典制度の史的展開 (1). 通信教育部論集. 2018. 21. 121-135
  • 池田 秀彦. オーストリアにおける被疑者の捜査協力に対する報償制度--オーストリア王冠証人立法研究--. 創価法学. 2017. 46. 2・3. 3-29
  • 池田 秀彦. オーストリアの王冠証人立法研究序説-オーストリア刑訴法209条aを中心に-. 通信教育部論集(創価大学). 2016. 19. 79-93
  • 池田 秀彦. オーストリアの王冠証人規定-刑法41条aの立法理由と概要. 創価法学. 2016. 46. 1. 107-115
もっと見る
MISC (10件):
  • 池田 秀彦. オーストリア王冠証人規定(刑訴法209条a)改正のための連邦司法省法案及び連邦政府法案の提案理由書. 通信教育部論集(創価大学). 2017. 20. 195-207
  • 池田 秀彦. ドイツにおける弁護人依頼権の侵害と証拠利用禁止に関する判例(5・完). 通信教育部論集(創価大学). 2014. 17. 82-89
  • 池田 秀彦. ドイツにおける弁護人依頼権の侵害と証拠利用禁止に関する判例(4). 通信教育部論集(創価大学). 2013. 16. 131-142
  • 池田 秀彦. ドイツにおける弁護人依頼権の侵害と証拠利用禁止に関する判例(3). 『通信教育部論集』(創価大学). 2010. 13号. 193-204
  • 池田 秀彦. ドイツにおける弁護人依頼権の侵害と証拠利用禁止に関する判例(2). 『通信教育部論集』(創価大学). 2009. 12号. 152-156
もっと見る
書籍 (6件):
  • 刑事訴訟法増訂版
    創価大学通信教育部 2018
  • 刑事訴訟法新版
    創価大学通信教育部 2014
  • 刑事訴訟法第3版
    創価大学通信教育部 2009
  • 刑事訴訟法改訂版
    創価大学通信教育部 2006
  • 刑事訴訟法
    創価大学出版会 2002
もっと見る
講演・口頭発表等 (1件):
  • 「犯罪捜査のための通信傍受に関する法律」をめぐって
    (第3回日韓法学国際学術会議 2013)
Works (1件):
  • 「進む犯罪被害者支援」
    2004 -
学歴 (2件):
  • - 1984 創価大学 法学研究科 法律学専攻
  • - 1977 創価大学 法学部
学位 (1件):
  • 法学修士 (創価大学)
経歴 (1件):
  • 1997/04 - 現在 創価大学法学部 教授
所属学会 (1件):
日本刑法学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る