研究者
J-GLOBAL ID:200901018145824685   更新日: 2022年08月05日

佐藤 由美

サトウ ユミ | Sato Yumi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 家政学、生活科学 ,  建築計画、都市計画
研究キーワード (4件): 地域福祉 ,  都市計画 ,  住宅計画 ,  住宅政策
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2020 - 2023 自律的コミュニティ形成に向けてのソーシャルビジネスの可能性-個人事業に着目して
  • 2020 - 2022 奈良県における新型コロナウイルス感染症拡大と「住宅セーフティネット」
  • 2019 - 2020 郊外公営住宅団地の地方性と活用・再生
  • 2016 - 超高齢社会における「協議会型アプローチ」による居住支援
  • 2014 - 2015 少子高齢社会に対応する「自律的コミュニティ」に形成に向けた教育研究
全件表示
論文 (18件):
もっと見る
MISC (24件):
もっと見る
書籍 (8件):
  • 住宅と福祉の連携 : 居住政策の実現に向けた「協議会型アプローチ」
    大阪公立大学共同出版会 2022 ISBN:9784909933324
  • 借家の居住と経営 住宅白書2017-2019
    日本住宅会議 2020
  • 深化する居住の危機 住宅白書 2014-2016
    ドメス出版 2016
  • いきている長屋 大阪市大モデルの構築
    大阪公立大学共同出版会 2013
  • 現代住宅研究の変遷と展望
    丸善株式会社 2009
もっと見る
講演・口頭発表等 (10件):
  • 都市圏の特性に対応した郊外公営住宅団地の活用・再生
    (日本建築学会2021年度大会学術講演会 2021)
  • 自治体居住政策における住宅と福祉等の連携(3)~新たな住宅セーフティネット制度後の変化
    (日本建築学会大会学術講演 2020)
  • 自治体居住政策における住宅と福祉等の連携(2) ~都道府県における「協議会型アプローチ」
    (日本建築学会大会学術講演 2019)
  • 居住支援協議会における連携体制 -「協議会型アプローチ」の実態-
    (2019)
  • 自治体居住政策における住宅と福祉等の連携(1)~自治体実態調査をもとに
    (日本建築学会大会学術講演 2018)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 2010 大阪市立大学 後期博士課程
学位 (1件):
  • 博士(学術) (大阪市立大学)
経歴 (3件):
  • 2019/04 - 現在 奈良県立大学 地域創造学部 教授
  • 2014/04 - 2019/03 奈良県立大学 地域創造学部 准教授
  • 2006/04 - 2014/03 大阪市立大学 都市研究プラザ 特任講師
委員歴 (22件):
  • 2021 - 現在 生駒市公益活動アドバイザー会議
  • 2021 - 現在 京都市駅周辺等にふさわしい都市機能検討委員会委員
  • 2020/06 - 現在 日本建築学会 論文集委員会委員
  • 2020 - 現在 奈良市 八条・大安寺周辺地区まちづくりワーキング委員
  • 2020 - 現在 奈良県開発審査会委員
全件表示
受賞 (6件):
  • 2020/11 - 都市住宅学会賞 論説賞 泉北ニュータウンの変化と再生に向けた実践
  • 2018/05 - 日本建築学会 著作賞 いきている長屋 大阪市大モデルの構築
  • 2012/03 - 住宅総合研究財団 研究選奨 住宅と福祉の「すき間」を埋める新たな居住支援の検討
  • 2010/11 - 都市住宅学会 学生論文コンテスト 博士論文部門優秀賞 住宅と福祉の連携による高齢者居住政策の形成と展開
  • 2003/05 - 都市住宅学会 著作賞 住環境 評価方法と理論
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る