研究者
J-GLOBAL ID:200901018271777226   更新日: 2020年12月08日

大川 淳

オオカワ アツシ | Okawa Atsushi
所属機関・部署:
職名: 理事
研究キーワード (3件): 医学教育(185) ,  医療安全(91) ,  脊椎外科(40)
競争的資金等の研究課題 (23件):
  • 2020 - 2024 異所性骨化における線溶系酵素の役割の解明と新規骨形成薬の開発
  • 2020 - 2023 脊柱靭帯骨化症に関する調査研究
  • 2020 - 2022 医療安全に専門性を有する医師人材養成および医療機関のリスク量測定に関する研究
  • 2017 - 2020 脊柱靭帯骨化症に関する調査研究
  • 2017 - 2019 抗がん剤の骨内局所投与による骨転移がんの局所制御
全件表示
論文 (256件):
  • 戸原 遼, 平井 高志, 佐藤 信吾, 小柳 広高, 吉井 俊貴, 大川 淳. びまん性特発性骨増殖症を伴う転移性脊椎腫瘍に対する除圧術後の病的骨折により脊髄障害を生じた1例. 関東整形災害外科学会雑誌. 2020. 51. 5. 440-443
  • Hiroyuki Inose, Toshitaka Yoshii, Atsushi Kimura, Katsushi Takeshita, Hirokazu Inoue, Asato Maekawa, Kenji Endo, Takuya Miyamoto, Takeo Furuya, Akira Nakamura, et al. Comparison of Clinical and Radiographic Outcomes of Laminoplasty, Anterior Decompression With Fusion, and Posterior Decompression With Fusion for Degenerative Cervical Myelopathy: A Prospective Multicenter Study. Spine (Phila Pa 1976). 2020. 45. 20. E1342-E1348
  • Hiroaki Onuma, Hiroyuki Inose, Toshitaka Yoshii, Takashi Hirai, Masato Yuasa, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Preoperative risk factors for delirium in patients aged ≥75 years undergoing spinal surgery: a retrospective study. J Int Med Res. 2020. 48. 10. 300060520961212-300060520961212
  • Yuki Miyano, Shigenori Kawabata, Miho Akaza, Kensuke Sekihara, Yuko Hoshino, Toru Sasaki, Taishi Watanabe, SukChan Kim, Shinji Sato, Yuki Mitani, et al. Visualization of electrical activity in the cervical spinal cord and nerve roots after ulnar nerve stimulation using magnetospinography. Clin Neurophysiol. 2020. 131. 10. 2460-2468
  • Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Hiroaki Nakamura, Masatoshi Hoshino, Daisuke Togawa, Toru Hirano, Yasuaki Tokuhashi, Tetsuro Ohba, Hirotaka Haro, Takashi Tsuji, et al. Predictors for quality of life improvement after acute osteoporotic vertebral fracture: results of post hoc analysis of a prospective randomized study. Qual Life Res. 2020
もっと見る
MISC (50件):
もっと見る
書籍 (1件):
  • Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament (Third Edition)
    Springer 2020
講演・口頭発表等 (960件):
  • 変形性股関節症患者における各種理学所見の妥当性検討
    (第47回 日本股関節学会 2020)
  • 内反股に対し髄内釘を用いた大腿骨転子部外反骨切り術を施行したMcCune-Albright症候群の1例
    (第47回 日本股関節学会 2020)
  • 初代自家滑膜幹細胞移植における自己血清量と有核細胞数に応じた藩種密度の検討
    (第35回日本整形外科学会基礎学術集会 2020)
  • 変性半月板断裂膝の関節液中間葉系幹細胞は内在性CGRPとHGFを介して手術後に増加する
    (第35回 日本整形外科学会基礎学術集会 2020)
  • Predictors of residual low back pain after acute osteoporotic compression fracture: a prospective, multicenter cohort study
    (EUROSPINE 2020 2020)
もっと見る
経歴 (3件):
  • 2020/04/01 - 現在 東京医科歯科大学 役職員 理事
  • 2018/04/01 - 2020/03/31 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 整形外科学 教授
  • 1900/01/01 - 2018/03/31 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 整形外科学 教授
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る