研究者
J-GLOBAL ID:200901018339168932   更新日: 2020年01月09日

小松 俊文

コマツ トシフミ | KOMATSU Toshifumi
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): 層位・古生物学 ,  地質学
論文 (40件):
  • Tobase, T., Yoshiasa, A., Komatsu, T., Maekawa, T., Hongu, H., Okube, M., Arima, H., Sugiyama, K. Titanium local coordination environments in Cretaceous-Paleogene and Devonian-Carboniferous boundary sediments as a possible marker for large meteorite impact. Physics and Chemistry of Minerals. 2019. 46. 675-685
  • Williams, M., Komatsu, T., Nguyen D. P., Harvey, T.H.P., Vandenbroucke, T.R.A. Geology ‘far from the madding crowd’, along the northern border of Vietnam. Geology Today. 2019. 35. 217-220
  • Saparin, M.A., Williams, M., Zalasiewicz, J., Komatsu, T., Adrian Rushton, A., Doan, H.D., Trinh, T.H., Nguyen, B.H., Nguyen, M. T., Vandenbroucke, T.R.A. Graptolites from Silurian (Llandovery Series) sedimentary deposits attributed to a forearc setting, Co To Formation, Co To archipelago, northeast Vietnam. Paleontological Research. 2019. 24. 26-40
  • Paschall⁠a, O., Carmichael⁠a⁠, S.K., Königshof⁠, P., Waters⁠, J.A., Ta⁠, H.P., Komatsu⁠, T., Dombrowski, A. The Devonian- Carboniferous boundary in Vietnam: Sustained ocean anoxia with a volcanic trigger for the Hangenberg Crisis?. Global and Planetary Change. 2019. 175. 64-81
  • Teng, Y., Sone, M., Hirayama, R., Yoshida, M., Komatsu, T., Khamha, S., Cuny, G. First Cretaceous fish fauna from Malaysia. Journal of Vertebrate Paleontology. 2019. 39. e1573735
もっと見る
MISC (58件):
書籍 (9件):
  • 長野県長谷村「戸代の化石」保存会
    化石 2002
  • 徳島県化石同好会
    化石 2003
  • 白亜紀の荘川村,海生二枚貝化石
    荘川村教育委員会 2004
  • 天草の構造運動とそれに伴う化石群集と環境の変遷,御所浦町およびその周辺の化石と地層の観察地
    日本古生物学会 2004
  • Cretaceous non-marine and shallow marine facies and fossils in western Kumamoto, Kyushu, Japan
    IGCP507 2009
もっと見る
講演・口頭発表等 (51件):
  • ジュラ紀から白亜紀の二枚貝化石群集の変遷と群集古生態学的な意義
    (21世紀の古生物学(日本古生物学会ミレニアムシンポジウム) 2001)
  • Bivalves from the beds near the Permian-Triassic boundary at Meishan section of Changxing, south China and the correlation with shallow marine bivalve fauna
    (The global stratotype of the Permian-Triassic boundary and the Paleozoic-Mesozoic events 2001)
  • 白亜紀の水管をもつ二枚貝Goshoraia(マルスダレガイ科)の古生態
    (21世紀の古生物学(日本古生物学会ミレニアムシンポジウム) 2001)
  • "中期"白亜紀の二枚貝;ゴショライア属の古生態とその起源
    (日本地質学会西日本支部第146回例会 2002)
  • Correlation between the Tetori Group and the Chinese Late Mesozoic non-marine sediments by mean of bivalves and charophytes-a preliminary work
    (Fauna and flora of the Tetori Group and correlation with the Cretaceous sequences in Far-East Asia 2002)
もっと見る
Works (8件):
  • 中国と日本の三畳系の生層序学的研究
    2000 - 2010
  • 車軸藻化石を用いたジュラ~白亜系陸成層の生層序の確立および中国の生層序との対比
    2002 - 2005
  • 古生代末期大量絶滅後の海洋底生動物群集の回復と放散現象
    2005 - 2008
  • ペルム紀末期の大量絶滅後の海洋動物の回復および放散現象の解明
    2005 - 2010
  • 東アジアにおけるぺルム紀末大量絶滅後の海洋底生動物の回復と放散
    2007 - 2008
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1994 東京学芸大学 教育学部 特別教科教員養成課程理科専攻
  • - 2001 京都大学 理学研究科 博士後期課程(地球惑星科学専攻)
学位 (2件):
  • 博士(理学) (京都大学)
  • 学士 (東京学芸大学)
経歴 (5件):
  • 2001 - 2006 助手
  • 2006 - 2007 助教授
  • 2001 - 佛教大学 非常勤講師
  • 2007 - 熊本大学大学院自然科学研究科(理学系)地球環境科学 准教授
  • 2017 - 現在 熊本大学大学院先端科学研究部 准教授
委員歴 (6件):
  • 2019 - 現在 日本古生物学会 評議員
  • 2016 - 現在 日本堆積学会 編集委員
  • 2012 - 2015 日本地質学会 編集委員
  • 2002 - 2003 御所浦町博物館展示協議会
  • 2001 - 2002 日本古生物学会 将来計画委員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2015 - 日本古生物学会 学術賞
所属学会 (1件):
日本古生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る