研究者
J-GLOBAL ID:200901018432316232   更新日: 2020年10月12日

田島 健次

タジマ ケンジ | Tajima Kenji
所属機関・部署:
職名: 助教授・准教授
ホームページURL (2件): http://poly-ac.eng.hokudai.ac.jp/http://www.eng.hokudai.ac.jp/labo/tre/
研究分野 (3件): バイオ機能応用、バイオプロセス工学 ,  分子生物学 ,  高分子化学
研究キーワード (18件): ナノセルロース ,  セルロース ,  甜菜 ,  糖 ,  多糖 ,  再生可能資源 ,  生分解性ポリマー ,  環境循環型高分子材料 ,  バイオマス ,  高分子 ,  バイオポリマー ,  微生物 ,  発酵工学 ,  生合成機構 ,  酢酸菌 ,  ナノマテリアル ,  遺伝子工学 ,  分子生物学
競争的資金等の研究課題 (34件):
  • 2019 - 2023 酵素による高分子構造制御-セルロース合成酵素の構造-機能相関
  • 2019 - 2021 超高アスペクト比ナノセルロースのネットワーク構造を活用した抗がん剤の効率的な送達
  • 2019 - 2020 道産ナノセルロースの表層化学改質と超高強度材料への応用展開
  • 2018 - 2020 酸素移動容量係数の解析に基づく糖質からのナノセルロース生産の効率化
  • 2018 - 2019 発酵セルロースナノファイバーの表層化学修飾と複合材料への展開
全件表示
論文 (92件):
  • Saburo Kobayashi, Kaiyu Fujiwara, Dai-Hua Jiang, Takuya Yamamoto, Kenji Tajima, Yasunori Yamamoto, Takuya Isono, Toshifumi Satoh. Suzuki-Miyaura Catalyst-Transfer Polycondensation of Triolborate-Type Fluorene Monomer: Toward Rapid Access to Polyfluorene-Containing Block and Graft Copolymers from Various Macroinitiators. Polymer Chemistry. 2020
  • Takuya Isono, Ryoya Komaki, Chaehun Lee, Nao Kawakami, Brian J. Ree, Kodai Watanabe, Kohei Yoshida, Hiroaki Mamiya, Takuya Yamamoto, Redouane Borsali, et al. Rapid access to discrete and monodisperse block co-oligomers from sugar and terpenoid toward ultrasmall periodic nanostructures. Communications Chemistry. 2020. 3. 1
  • Hiroyuki Kono, Taiki Uno, Haruto Tsujisaki, Hikaru Anai, Ryota Kishimoto, Tokuo Matsushima, Kenji Tajima. Nanofibrillated Bacterial Cellulose Surface Modified with Methyltrimethoxysilane for Fiber-Reinforced Composites. ACS Applied Nano Materials. 2020. 3. 8. 8232-8241
  • Kodai Watanabe, Satoshi Katsuhara, Hiroaki Mamiya, Yukihiko Kawamura, Takuya Yamamoto, Kenji Tajima, Takuya Isono, Toshifumi Satoh. Highly asymmetric lamellar nanostructures from nanoparticle-linear hybrid block copolymers. Nanoscale. 2020. 12. 31. 16526-16534
  • Yoshinobu Mato, Kohei Honda, Brian J. Ree, Kenji Tajima, Takuya Yamamoto, Tetsuo Deguchi, Takuya Isono, Toshifumi Satoh. Programmed folding into spiro-multicyclic polymer topologies from linear and star-shaped chains. Communications Chemistry. 2020. 3. 1
もっと見る
MISC (350件):
  • 田島健次, 小瀬亮太, 松島得雄, 石田竜弘, 安藤英紀. フルーツ由来新奇酢酸菌によるナノセルロースの合成とその応用. 日本醸造協会誌. 2019. 114. 9. 540-549
  • 田島健次. セルロースナノファイバーによる有用材料の開発 4 セルロース合成菌を用いたナノセルロースの合成. アグリバイオ. 2019. 3. 6. 528-532
  • 岡田征三, 木村聡, 榎本有希子, 田島健次, 岩田忠久. β-2,6-フルクタンの試験管内酵素重合とエステル誘導体の熱物性評価. 繊維学会予稿集. 2019. 74. 1 (CD-ROM). ROMBUNNO.2P260
  • 加藤歩並, 高濱良, 近藤哲男, 田島健次. 遺伝子導入酢酸菌によるナノセルロース/ヒアルロン酸バイオ複合材料の構築. 日本木材学会大会研究発表要旨集(完全版)(CD-ROM). 2019. 69th. ROMBUNNO.K14-04-1630
  • 赤木俊介, 安藤英紀, 田島健次, 松島得雄, 草野貴友, 石田竜弘. 両親媒性ナノフィブリル化バクテリアセルロースを基剤とした放出制御型Paclitaxel製剤の開発. 日本薬剤学会年会講演要旨集(Web). 2019. 34th. 152 (WEB ONLY)
もっと見る
特許 (28件):
書籍 (7件):
  • セルロースナノファイバー製造・利用の最新動向
    シエムシー出版 2019
  • セルロースナノファイバーの均一分散と複合化
    サイエンス&テクノロジー 2018
  • セルロースナノファイバーの調製、分散・複合化と製品応用
    技術情報協会 2015
  • バイオマス分解酵素の最前線-セルラーゼ・ヘミセルラーゼを中心として-
    シエムシー出版 2012
  • Cell Technology for Cell Products
    Springer 2007 ISBN:9781402054761
もっと見る
講演・口頭発表等 (35件):
  • セルロース合成菌を用いたナノセルロースの大量調製とその構造を活かした応用
    (2019 年度微粒子工学講演会 2019)
  • In vitro cellulose synthesis using a recombinant cellulose synthase
    (4th International Symposium on Bacterial NanoCellulose 2019)
  • Production of nanocellulose using a bacterium and its application
    (2nd Asian-Franch Workshop on Polymer Science 2019)
  • Production of nanocellulose using a bacterium and its features
    (Sci-Mix in Kanazawa 2019, Green Innovative Chemistry 2019)
  • 酢酸菌におけるセルロース合成メカニズムの解明と産業応用に向けた取り組み
    (フジッコ株式会社社内講演会 2019)
もっと見る
学歴 (7件):
  • 1993 - 1995 北海道大学 応用化学専攻 博士後期課程
  • - 1995 北海道大学
  • 1991 - 1993 北海道大学 応用化学専攻 修士課程
  • - 1993 北海道大学
  • 1988 - 1991 北海道大学 応用化学科
全件表示
学位 (1件):
  • 博士(工学) (北海道大学)
経歴 (6件):
  • 2010/04 - 現在 北海道大学 大学院工学研究院 准教授
  • 2007/04 - 2010/03 北海道大学 大学院工学研究科 准教授
  • 2002/10 - 2007/03 北海道大学 大学院工学研究科 助教授
  • 1997/04 - 2002/09 北海道大学 大学院工学研究科 助手
  • 1995/04 - 1997/03 北海道大学 工学部 助手
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2019/07 - 現在 セルロース学会 理事
  • 1995/04 - 現在 セルロース学会 北海道・東北支部編集委員
  • 2009/06 - 2011/06 日本生物工学会 代議員
  • 2003/06 - 2008/06 日本生物工学会 北日本支部編集委員
  • 2003/06 - 2005/06 日本生物工学会 北日本支部庶務
受賞 (5件):
  • 2015/05 - 製糖技術研究会 第112回製糖技術研究会賞
  • 2010/07 - セルロース学会 林治助賞
  • 2010 - The Cellulose Society of Japan Hayashi Jisuke Award for 2009
  • 2004/08 - International Symposium on Bio Polyesters 2004 Poster award
  • 2002/09 - 高分子化学奨励賞<平成14年度>
所属学会 (5件):
ナノセルロースジャパン ,  日本生物工学会 ,  日本農芸化学会 ,  セルロース学会 ,  高分子学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る