研究者
J-GLOBAL ID:200901018437644971   更新日: 2020年08月27日

二宮 崇

ニノミヤ タカシ | Ninomiya Takashi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://aiweb.cs.ehime-u.ac.jp/~ninomiya/
研究分野 (1件): 知能情報学
研究キーワード (4件): 計算言語学 ,  自然言語処理 ,  Computational Linguistics ,  Natural Language Processing
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2018 - 2020 深層学習によるマルチモーダル文脈理解と機械翻訳の高度化
  • 2013 - 2018 実用的な日本語格解析のための確率的日本語主辞駆動句構造文法に関する研究
  • 2012 - 2013 高度構文解析技術を用いた統計機械翻訳の高精度化に関する研究
  • 2010 - 2013 重要な特徴を自動的に発見する系列ラべリング学習の研究
  • 2011 - 2012 構文木が付与された大規模英日パラレルコーパスの実現と検証
全件表示
論文 (50件):
  • 表 悠太郎, 田村 晃裕, 二宮 崇. 係り受け構造に基づく相対的位置表現を考慮したTransformer NMT. 自然言語処理. 2020. 27. 2. 281-298
  • Hideki Nakayama, Akihiro Tamura, Takashi Ninomiya. A Visually-Grounded Parallel Corpus with Phrase-to-Region Linking. Proceedings of the 25th International Conference on Language Resources and Evaluation (LREC). 2020
  • Taiki Watanabe, Akihiro Tamura, Takashi Ninomiya, Takuya Makino, Tomoya Iwakura. Multi-Task Learning for Chemical Named Entity Recognition with Chemical Compound Paraphrase. Proceedings of the 2019 Conference on Empirical Methods in Natural Language Processing and the 9th International Joint Conference on Natural Language Processing (EMNLP-IJCNLP 2019). 2019. 6245-6250
  • Yutaro Omote, Akihiro Tamura, Takashi Ninomiya. Dependency-Based Relative Positional Encoding for Transformer NMT. Proceedings of the International Conference Recent Advances in Natural Language Processing 2019 (RANLP 2019). 2019. 854-861
  • Hiroyuki Deguchi, Akihiro Tamura, Takashi Ninomiya. Dependency-Based Self-Attention for Transformer NMT. Proceedings of the International Conference Recent Advances in Natural Language Processing 2019 (RANLP 2019). 2019. 239-246
もっと見る
MISC (73件):
  • 秋山 和輝, 田村 晃裕, 二宮 崇, 大林 弘明. Coverageを考慮したBERTSUMによる生成型自動要約. 言語処理学会 第26回年次大会 発表論文集. 2020. 449-452
  • 石井 宏道, 田村 晃裕, 二宮 崇. 教師付き注意機構を用いた文法誤り訂正. 言語処理学会 第26回年次大会 発表論文集. 2020. 889-892
  • 矢野 祐貴, 田村 晃裕, 二宮 崇, 大林 弘明. 発話の位置情報を考慮した対話行為認識. 言語処理学会 第26回年次大会 発表論文集. 2020. 1081-1084
  • 表 悠太郎, 松下 京群, 岩倉 友哉, 田村 晃裕, 二宮 崇. Transformerを用いた化合物名から化学構造への変換. 言語処理学会 第26回年次大会 発表論文集. 2020. 1161-1164
  • 福原 健太, 田村 晃裕, 二宮 崇. 文レベルの中間表現とのアテンションを用いたニューラル機械翻訳. 言語処理学会 第26回年次大会 発表論文集. 2020. 1289-1292
もっと見る
書籍 (3件):
  • 電気工学ハンドブック (第7版)
    オーム社 2013
  • Trends in Parsing Technology: Dependency Parsing, Domain Adaptation, and Deep Parsing
    Springer-Verlag 2010
  • 言語処理学事典
    共立出版 2009
講演・口頭発表等 (14件):
  • 人工知能の最前線~深層学習の衝撃と発展の経緯~
    (大洲・喜多経済研究会 2019)
  • Project Introduction: Multimodal Context Understanding for Neural Machine Translation
    (Traitement Sémantique des Données Textuelles (TALSEM) Séminaire 2018)
  • 人工知能の最前線~深層学習の衝撃~
    (今治経済研究会 2018)
  • 人工知能と深層学習
    (四国総合研究所 社内AI技術勉強会 2018)
  • 人工知能の最前線~深層学習の衝撃と発展の経緯、深層学習でできること/できないこと~
    (昭和会 平成30年2月例会 2018)
もっと見る
学歴 (6件):
  • - 2001 東京大学 情報科学専攻
  • - 2001 東京大学
  • - 1998 東京大学 情報科学専攻
  • - 1998 東京大学
  • - 1996 東京大学 情報科学科
全件表示
学位 (3件):
  • 博士(理学) (東京大学)
  • 修士 (東京大学)
  • 学士 (東京大学)
経歴 (8件):
  • 2006 - 2010 東京大学
  • 2006 - 2010 東京大学
  • 2010 - - 愛媛大学
  • 2010 - - Ehime University
  • 2001 - 2006 科学技術振興機構 (JST)
全件表示
委員歴 (41件):
  • 2020/04 - 現在 言語処理学会 理事
  • 2018/08 - 現在 アジア太平洋機械翻訳協会(AAMT) 理事
  • 2008/04 - 現在 AAMT/Japio 特許翻訳研究会 委員 (2008.4~)
  • 2007/07 - 現在 電子情報通信学会 ハンドブック/知識ベース委員会 編幹事
  • 2016/06 - 2020/05 電子情報通信学会 和文論文誌D 編集委員
全件表示
受賞 (3件):
  • 2020/03 - 言語処理学会 言語処理学会論文賞 2019年論文賞
  • 2010/09 - NLP若手の会第5回シンポジウム 奨励賞
  • 2009/09 - NLP若手の会第4回シンポジウム 奨励賞
所属学会 (13件):
アジア太平洋機械翻訳協会(AAMT) ,  The Association for Computational Linguistics (ACL) ,  人工知能学会 ,  日本データベース学会 ,  電子情報通信学会 ,  言語処理学会 ,  情報処理学会 ,  The Association for Computational Linguistics (ACL) ,  Association for Computing Machinery (ACM) ,  The Japanese Society for Artificial Intelligence (JSAI) ,  The Database Society of Japan ,  Information and Communication Engineers (IEICE) ,  The Institute of Electronics
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る