研究者
J-GLOBAL ID:200901018484536931   更新日: 2008年02月14日

Christopher Bradley Alexander

クリストファー ブラッドリー アレグザンダー | Bradley Christopher Alexander
所属機関・部署:
職名: 助教授
研究分野 (1件): 教育学
研究キーワード (1件): 動機(motivation)
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2000 - 2001 日本の大学生の英語学習における動機(motivation)について
MISC (9件):
  • Motivation in a global education classroom: A pilot study. PAC5 at FEELTA 2004 Conference Proceedings. 2005. pp. 167-169
  • Methods and Materials in EFL Global Education Classrooms in Japan. (共著): Chris Bradley, Brian Teaman, Martin Darling, Jane Nakagawa, Alberto Ferreira, Kip Cates. The Proceedings of JALT 2003. 2003. pp. 688-696
  • Researching Learner Autonomy (共著): Emika Abe, Mike Nix, Chris Bradley, Michael Carroll, Ellen Head, Phil Benson. The Proceedings of JALT 2002. 2003. pp. 58-67
  • Examining motivational tendencies among EFL Learners. 2001 Temple University Applied Linguistics Colloquium Proceedings. 2001. pp.44-54
  • Developing Culturally-Sensitive Teaching Materials for the EFL Classroom in Japan. Proceedings of the FLEAT IV Conference. Kobe, Japan. 2001. pp.173-178
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2001 テンプル大学大学院(Temple University School of Graduate Studies) 教育学研究科 英語教育(TESOL)
  • - 1993 クィーンズ大学(Queen's University) 教育学部 教育学科、フランス語教育(Department of Education,French Language Education)
学位 (1件):
  • 教育学修士 (テンプル大学(アメリカ))
経歴 (3件):
  • 2001 - 2002 尚絅大学文学部 助教授
  • 2000 - 2001 熊本県立大学環境科学科 非常勤講師
  • 1999 - 2001 福岡教育大学外国語科 非常勤講師
委員歴 (1件):
  • 2001 - 2002 全国語学教育学会(JALT) 全国語学教育学会(JALT)熊本県学会長
所属学会 (1件):
全国語学教育学会(JALT)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る