研究者
J-GLOBAL ID:200901018627430072   更新日: 2020年07月06日

田代 晋久

タシロ クニヒサ | Tashiro Kunihisa
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://orcid.org/0000-0003-0793-882Xhttp://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/engineering/chair/elec005/
研究分野 (5件): 生体材料学 ,  生体医工学 ,  電力工学 ,  計測工学 ,  応用物理一般
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2009 - 商用磁気ノイズを回収するエナジーハーベスティング装置の開発
  • 2008 - MHz帯域用高感度磁気/電流センサの開発
  • 2008 - 磁性異物検査装置の開発
  • 2003 - 生体磁気計測用インダクション磁気センサの開発
  • 2000 - 安価磁気シールドシステムの開発
論文 (61件):
  • Nor Aziana Aliteh, Kaiko Minakata, Kunihisa Tashiro, Hiroyuki Wakiwaka, Kazuki Kobayashi, Hirokazu Nagata, Norhisam Misrom. Fruit Battery Method for Oil Palm Fruit Ripeness Sensor and Comparison with Computer Vision Method. 2020. 20. 3. 637
  • N. Misron, N. S. Kamal Azhar, M. N. Hamidon, I. Aris, K. Tashiro, H. Nagata. Fruit Battery with Charging Concept for Oil Palm Maturity Sensor. Sensors. 2019. 20. 1
  • Kunihisa Tashiro, Hiroyuki Wakiwaka, Kaiko Minakata, Toichiro Kimura, Yoshihiro Nakamura. A Novel Eddy Current Method for Magnetic Plate Identification with Elimination of Lift-off Effect. Journal of the Japan Society of Applied Electromagnetics and Mechanics. 2019. 27. 1. 165-168
  • Kaiko Minakata, Kunihisa Tashiro, Hiroyuki Wakiwaka, Kazuki Kobayashi, Norhisam Misrom, Nor Aziana Aliteh, Hirokazu Nagata. Proposal of Fruit Battery Method for Estimating Oil Palm Ripeness. 2018 12th International Conference on Sensing Technology (ICST). 2019. 399- 402
  • Nor Aziana Aliteh, Norhisam Misron, Ishak Aris, Roslina Mohd Sidek, Kunihisa Tashiro, Hiroyuki Wakiwaka. Triple Flat-Type Inductive-Based Oil Palm Fruit Maturity Sensor. Sensors. 2018. 18. 8. 2496
もっと見る
MISC (8件):
  • 田代晋久. 環境磁界発電と磁気を用いた異能vation研究. 千曲市産業支援センター令和元年度第一回ものづくり講演会. 2019
  • 田代晋久. トリリオン・センサ・ネットワークを支える環境磁界発電技術. 第27回磁気応用技術シンポジウム. 2019. A6-2
  • 田代晋久. IoTに必須の環境型発電. 第24回EMC環境フォーラム, セッション5:IoTとEMC, 2018. 2018
  • 皆方 快公, 小林 一樹, 田代 晋久, 脇若 弘之, 永田 浩一, ミスロン ノルヒシャム, アリテ ノルアジアナ, 長谷川 拓真, 二俣 昌樹. カラーチャートによるオイルパーム成熟度判別に向けた基礎検討. JSAI大会論文集. 2018. 2018. 0. 1K3OS10a03-1K3OS10a03
  • Kunihisa Tashiro. Importance of equivalent circuit. 2017
もっと見る
書籍 (10件):
  • Magnetic energy harvesting (e-book, Kindle Edition )
    Kagakujyoho shuppan Co., Ltd. 2017
  • High sensitivity magnetometers(Chapter1:Induction coil magnetometer)
    Springer 2016 ISBN:9783319340708
  • 環境磁界発電原理と設計法
    科学情報出版 2016 ISBN:9784904774434
  • Design of Self-generating Component Powered by Magnetic Energy Harvesting-Magnetic Field Alarm
    Springer 2015 ISBN:9783319216713
  • 電界磁界結合型ワイヤレス給電技術-電磁誘導・共鳴送電の理論と応用-
    科学情報出版 2014 ISBN:9784904774281
もっと見る
講演・口頭発表等 (168件):
  • FeCoV線を用いた磁気双安定素子等価回路の検討
    (2020)
  • バーニアパターン小型角度センサの出力電圧特性
    (2020)
  • 簡易磁歪測定のための磁路検討
    (2019)
  • バーニアパターン角度センサの提案
    (2019)
  • FeCoV磁性線を用いた磁気式トルクセンサの検討
    (2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1998 - 2000 金沢大学 自然科学研究科 電子情報システム専攻
  • 1996 - 1998 金沢大学 工学部 電気情報工学科
  • 1991 - 1996 石川工業高等専門学校 電子情報工学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (九州大学)
経歴 (3件):
  • 2012/04/01 - 准教授
  • 2006/11 - 2012/03 信州大学工学部(助教)
  • 2000/04/01 - 2006/10/31 九州大学大学院総合理工学研究院(助手)
委員歴 (22件):
  • 2018/10/01 - 2021/09/30 電気学会 バイオ・医療における磁界・磁性材料の応用研究と産学官連携調査専門委員会 幹事補佐
  • 2018/04 - 2021/03 電気学会 IoT時代のシステムとEMC調査専門委員会 委員
  • 2017/04 - 2020/03 電気学会 磁気センサの高機能とシステム化調査専門委員会 副委員長
  • 2017/02 - 2020/01 電気学会 電磁アクチュエータシステムのための磁性材料および磁気現象の技術調査専門委員会 幹事
  • 2016/06 - 2019/03 電子情報通信学会 無線電力伝送研究専門委員会専門委員
全件表示
受賞 (9件):
  • 2016/11/25 - 日本AEM学会著作賞
  • 2015/12/10 - Ninth International Conference on Sensing Technology, ICST2015, Auckland, Newzealand 8th-10 December, 2015 1st runner up: paper presentation, ICST2015
  • 2014/12/04 - AEM学会 日本AEM学会論文賞
  • 2011 - 日本AEM学会技術賞
  • 2010 - 電気学会 電気学会マグネティックス技術委員会研究奨励賞
全件表示
所属学会 (3件):
AEM学会 ,  米国電気学会 ,  電気学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る