研究者
J-GLOBAL ID:200901018973194520   更新日: 2021年10月27日

名津井 吉裕

ナツイ ヨシヒロ | Natsui Yoshihiro
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 民事法学
研究キーワード (3件): 民法上の組合 ,  権利能力なき社団 ,  当事者能力
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 多数当事者紛争の処理
  • 民事訴訟における当事者能力の基礎的研究
論文 (93件):
  • 名津井 吉裕. 「変動する第三者に対する判決効の拡張」<シンポジウム・第三者に対する判決効の拡張>. 民事訴訟雑誌. 2020. 66. (報告)103・(討論)131-114・144
  • 名津井 吉裕. 「改正民法の債権者代位訴訟で義務化された訴訟告知について」. 関西法律特許事務所・解説55周年記念論文集『民事特別法の諸問題第6巻』. 2020. 925-965
  • 名津井 吉裕. 「補助参加・訴訟告知」. 法学教室. 2019. 471. 83-90
  • 名津井 吉裕. 「通常共同訴訟・同時審判申出共同訴訟」. 法学教室. 2019. 467. 105-112
  • 名津井 吉裕. 「既判力の主観的範囲」. 法学教室. 2019. 463. 105-112
もっと見る
MISC (5件):
  • 名津井吉裕. 「執行行為の否認」. 松下淳一・菱田雄郷編『倒産判例百選〔第6版〕』. 2021. 82-83
  • 名津井 吉裕. 「売却許可決定に対する執行抗告の理由」. 上原敏夫・長谷部由起子・山本和彦編『民事執行・保全判例百選<第3版>』. 2020. 52-53
  • 名津井 吉裕. 判例批評 権利能力のない社団と不動産に対する強制執行[最高裁第三小法廷平成22.6.29判決]. 民商法雑誌. 2013. 148. 4. 414-437
  • 名津井吉裕. ドイツにおける当事者能力論の現代的展開の一局面(一). 民商法雑誌. 2000. 122巻2号227~259頁、122巻3号359~405頁
  • 名津井吉裕. ドイツにおける当事者能力概念の生成(一). 民商法雑誌. 1998. 119巻2号233~267頁、119巻3号390~424頁
書籍 (13件):
  • 基礎演習民事訴訟法[第3版]
    日本評論社 2018 ISBN:9784335357527
  • 民事訴訟における法人でない団体の地位
    大阪大学出版会 2016
  • 新基本法コンメンタール・民事再生法
    日本評論社 2015
  • 新基本法コンメンタール破産法
    有斐閣 2014
  • 新基本法コンメンタール民事執行法
    日本評論社 2014
もっと見る
講演・口頭発表等 (2件):
  • 中小企業経営者のための新型コロナウイルス感染症対応
    (2020)
  • 「変動する第三者に対する判決効の拡張」
    (2019)
学歴 (1件):
  • - 2000 京都大学
学位 (1件):
  • 修士(法学) (京都大学)
経歴 (7件):
  • 2014/04 - 現在 大阪大学・大学院高等司法研究科・教授
  • 2014/04/01 - 現在 大阪大学 高等司法研究科 法務専攻 教授
  • 2008/04/01 - 2014/03/31 大阪大学 高等司法研究科 法務専攻 准教授
  • 2008/04 - 2014/03 大阪大学・大学院高等司法研究科・准教授
  • 2001/04 - 2008/03 龍谷大学・法学部・准教授
全件表示
所属学会 (2件):
日本民事訴訟法学会 ,  仲裁ADR法学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る