研究者
J-GLOBAL ID:200901019009722760   更新日: 2020年09月25日

村瀬 浩二

ムラセ コウジ | Murase Koji
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): スポーツ科学 ,  体育、身体教育学
研究キーワード (9件): 勤勉性 ,  遊び ,  子ども ,  自己概念 ,  教師行動 ,  play of children ,  self description ,  teachers' behavior ,  competence
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2018 - 2022 異学年合同・複式授業の「指導と評価の一体化」を推進する遠隔研修プログラムの開発
  • 2017 - 2020 広義のインクルーシヴ体育における資質・能力育成の実証的研究-ケアに着目して-
  • 2017 - 2020 体育授業におけるフロー体験につながる自律的な勤勉性の育成
  • 2014 - 2017 学校体育における教育学的ケアリングに関する実証的研究
  • 2014 - 2017 体育学習におけるフロー体験を支える勤勉性とそれに影響する要因
全件表示
論文 (29件):
  • 村瀬浩二, 狹間俊吾, 冨嶋瑛. 水泳授業における没頭度の変化 : 小学校2 年生を対象に. 和歌山大学教職大学院紀要 : 学校教育実践研究. 2020. 4. 59-65
  • 村瀬浩二, 古田祥子, 井沼瑶. ゴール型ゲーム単元でのTDC改訂版(TDC-r)の実践と効果の検証. 和歌山大学教育学部紀要. 人文科学. 2020. 70. 99-104
  • 井沼 瑶, 村瀬 浩二. ゴール型ゲームにおける子どもの学び : 児童の対話と教師の働きかけからの検証. 和歌山大学教育学部紀要. 教育科学 = Bulletin of the Faculty of Education, Wakayama University. 和歌山大学教育学部紀要委員会 編. 2019. 69. 91-95
  • 彦次 佳, 村瀬 浩二. 大学体育専攻生を対象としたバスケットボール講義における楽しさの類型化. 和歌山大学教育学部紀要. 人文科学 = Bulletin of the Faculty of Education, Wakayama University. 和歌山大学教育学部紀要委員会 編. 2018. 68. 2. 87-91
  • 道本 祥宜, 矢野 勝, 本山 司, 山口 明紀, 植田 真帆, 村瀬 浩二. ビーチバレーボール選手のスパイクジャンプに関する3次元動作解析 : バレーボール選手と比較して. 和歌山大学教育学部紀要. 教育科学 = Bulletin of the Faculty of Education, Wakayama University. 和歌山大学教育学部紀要委員会 編. 2018. 68. 2. 173-180
もっと見る
MISC (6件):
  • 古田 祥子, 松本 夏歩, 村瀬 浩二. 「アダプテーション」の授業実践と今後への活用. 学芸. 2018. 64. 17-20
  • 村瀬 浩二. フロントライン教育研究 運動・スポーツを楽しむ能力である勤勉性. 初等教育資料. 2017. 949. 78-81
  • 米谷 郁彦, 井沼 瑶, 村瀬 浩二. ネット型ゲームにおける評価基準の提案. 学芸. 2017. 63. 151-154
  • 中山 雄一朗, 村瀬 浩二. ボール運動におけるつまずきのある子への教師の支援とその子どもの変化について. 学芸. 2016. 62. 49-52
  • 横山 誠, 村瀬 浩二, 相奈良 律, 世戸 俊男, 玉井 久実代. 学生主体で運営する「サマースクール」の意義と展望. 国際研究論叢 = OIU journal of international studies : 大阪国際大学・大阪国際大学短期大学部紀要. 2011. 25. 1. 189-198
もっと見る
書籍 (18件):
  • 教師のためのアドラー心理学(連載) パーソナリティの統一性
    大修館書店『体育科教育』第68巻第5号58-59 2020
  • 真正の「共生体育」をつくる
    大修館書店 2020 ISBN:4469268860
  • 教師のためのアドラー心理学(連載) 優越性の追求と共同体感覚
    大修館書店『体育科教育』第68巻第4号 58-59 2020
  • 中学校体育でのアダプテーションゲーム
    大修館書店、体育科教育(67)6 2019
  • 複式学級に見るインクルーシブ体育
    大修館書店、体育科教育(66)9 2018
もっと見る
講演・口頭発表等 (43件):
  • Resistance to Adaptation game :A practical study of Adaptation Games in a unit of Basketball
    (6th International Game Sense Conference, Tokyo 2019)
  • 和歌山大学での教育実践による地域活性化事業の取り組み-感想文の分析から-
    (日本教育大学協会研究集会 2019)
  • Consideration of causal relation between industry and exercise competence
    (24th European College of Sports Science,Prague 2019)
  • 複式学級の体育授業における子どもの学び
    (日本体育学会大会予稿集 2019)
  • ゴール型ゲームにおける児童の学びと人間関係の変化:小学校高学年を対象として
    (日本体育学会大会予稿集 2019)
もっと見る
Works (4件):
  • 学校体育に関する生徒の意識調査(高校生の意識)
    神奈川県立体育センター 2008 -
  • 学校体育に関する生徒の意識調査(3年継続研究のまとめ)
    神奈川県立体育センター 2008 -
  • 学校体育に関する生徒の意識調査(中学生)
    神奈川県立体育センター 2007 -
  • 国民体育大会神奈川県代表選手の健康管理と健康調査事業(平成6年-21年)
    1995 -
学歴 (2件):
  • - 1995 横浜国立大学 保健体育専攻
  • - 1993 横浜国立大学 生涯教育課程社会体育コース
学位 (1件):
  • 教育学修士 (横浜国立大学)
経歴 (5件):
  • 2018/04 - 現在 和歌山大学 教育学部 教授
  • 2013/04 - 2017/03 和歌山大学 教育学部 准教授
  • 2014 - 和歌山大学 教育学部 准教授
  • 2012/04 - 2013/03 和歌山大学教育学部 講師
  • 2010/04 - 2012/03 大阪国際大学人間科学部講師 講師
委員歴 (9件):
  • 2019/04 - 現在 和歌山県ゴールデンキッズ選考委員会 委員長
  • 2016/09 - 2017/03 スポーツ庁 全国体力・運動能力、運動週間等調査作成資料活用ワーキンググループ委員
  • 2015/09 - 2016/03 文部科学省 「平成27年度幼児期の運動に関する指導参考資料(映像資料等)作成事業」委員
  • 2014/05 - 2016/03 和歌山県教育委員会 体力・授業力アップモデル工連絡協議会委員
  • 2013/07 - 2014/03 文部科学省 平成26年度幼児期の運動に関する指導参考資料(映像資料等)作成事業
全件表示
所属学会 (5件):
日本体育科教育学会 ,  日本教育心理学会 ,  スポーツ教育学会 ,  日本スポーツ心理学会 ,  日本体育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る