研究者
J-GLOBAL ID:200901019019537936   更新日: 2019年12月01日

柳井 康子

ヤナイ ヤスコ | Yanai Yasuko
所属機関・部署:
職名: 研究員
研究分野 (2件): 臨床心理学 ,  臨床心理学
研究キーワード (1件): 発達心理学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2012 - 2014 発達障害者の社会適応と治療的介入効果の検討ーレジリエンスの視点から-
  • 2008 - 2010 広汎性発達障害児を対象とした精神分析的アプローチによる治療効果の判定について
論文 (7件):
  • 柳井 康子. 高機能広汎性発達障害の青年を持つ母親のレジリエンスーレジリエンス高群・低群の語りの比較による予備的検討ー. 白百合女子大学発達臨床センター紀要. 2015. 18. 17-26
  • 柳井 康子, 木部則雄, 森永良子, 黛雅子, 依田十久子, 緒方千加子, 秋元有子, 紺野道子, 中石康江, 池上雅子, 浅沼由美子. 発達障害の長期予後II-青年期の社会適応と母親のレジリエンスに着目して-. 白百合女子大学発達臨床センター紀要. 2014. 17. 41-49
  • 柳井 康子. 高機能広汎性発達障害児の予後に関する一考察ー自閉症スペクトラムの重症度によるロールシャッハテスト反応の比較を通して-. 包括システムによる日本ロールシャッハ学会誌. 2014. 19. 16-22
  • 柳井 康子. 発達障害の長期予後ー青年期における良好な社会適応を促す要因の検討-. 白百合女子大学博士論文. 2011
  • 柳井 康子, 木部則雄, 森永良子, 黛雅子, 依田十久子, 緒方千加子, 秋元有子, 紺野道子, 中石康江, 池上雅子. 発達障害の長期予後. 白百合女子大学発達臨床センター紀要. 2010. 13. 3-18
もっと見る
書籍 (1件):
  • こどものこころのアセスメントー乳幼児から思春期の精神分析アプローチー
    岩崎学術出版社 2007
学歴 (3件):
  • 2006 - 2009 白百合女子大学大学院 文学研究科発達心理学専攻博士課程
  • 2004 - 2006 白百合女子大学大学院 文学研究科発達心理学専攻修士課程
  • 1992 - 1996 上智大学 比較文化学部 比較文化学科
学位 (1件):
  • 博士号 (白百合女子大学)
経歴 (7件):
  • 2018/04 - 現在 放送大学 非常勤講師
  • 2017/04 - 現在 白百合女子大学 非常勤講師
  • 2015/04 - 現在 東京都公立学校スクールカウンセラー
  • 2013/04 - 現在 渋谷区社会福祉事業団 巡回相談員
  • 2012/04 - 現在 世田谷区玉川総合支所健康づくり課 発達相談員
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る