研究者
J-GLOBAL ID:200901019071722822   更新日: 2020年05月15日

谷 篤史

タニ アツシ | Tani Atsushi
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://tanilab.net/
研究分野 (1件): 宇宙惑星科学
研究キーワード (1件): 地球惑星物性学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2017 - 2020 局所的な自然放射線環境の復元に基づく表層型メタンハイドレート生成史の解明
  • 2014 - 2018 表層型メタンハイドレート採取容器の開発とその生成史の解明
論文 (36件):
  • 村中 泰子, 米谷 淳, 谷 篤史, 伊藤 真之, 蛯名 邦禎. ROOT フォローアップ -基礎ステージと実践ステージにおける高校生の成長-. 大学教育研究. 2019. 27. 139-158
  • SHIMADA Jin, SHIMADA Masami, SUGAHARA Takeshi, TSUNASHIMA Katsuhiko, TANI Atsushi, TSUCHIDA Yusuke, MATSUMIYA Masahiko. Phase equilibrium relations of semiclathrate hydrates based on tetra-n-butylphosphonium formate, acetate, and lactate. Journal of Chemical Engineering Data. 2018. 63. 9. 3615-3620
  • IJIRI Akira, INAGAKI Fumio, KUBO Yusuke, ADHIKARI Rishi R, HATTORI Shohei, HOSHINO Tatsuhiko, IMACHI Hiroyuki, KAWAGUCCI Shinsuke, MORONO Yuki, OHTOMO Yoko, ONO Shuhei, SAKAI Sanae, TAKAI Ken, TOKI Tomohiro, WANG David T, YOSHINAGA Marcos Y, ARNOLD Gail L, ASHI Juichiro, CASE David H, FESEKER Tomas, HINRICHS Kai-Uwe, IKEGAWA Yojiro, IKEHARA Minoru, KALLMEYER Jens, KUMAGAI Hidenori, LEVER Mark A, MORITA Sumito, NAKAMURA Ko-ichi, NAKAMURA Yuki, NISHIZAWA Manabu, ORPHAN Victoria J, RØY Hans, SCHMIDT Frauke, TANI Atsushi, TANIKAWA Wataru, TERADA Takeshi, TOMARU Hitoshi, TSUJI Takeshi, TSUNOGAI Urumu, YAMAGUCHI Yasuhiko T, YOSHIDA Naohiro. Deep-biosphere methane production stimulated by geofluids in the Nankai accretionary complex. Science Advances. 2018. 4. 6. eaao4631
  • KITANO Katsuhisa, IKAWA Satoshi, NAKASHIMA Yoichi, KAWASHITA Norihito, TANI Atsushi. Peroxynitric acid (HOONO2) is the active component in cryo-preserved plasma- treated water with the reduced-pH method for effective and safety disinfection. Proceedings of the 23rd International Symposium on Plasma Chemistry. 2017
  • 坂之上 聖史, 谷 篤史, 深澤 裕. ESR測定を用いたバサルトファイバーのγ線照射による影響の評価. ESR応用計測研究会誌. 2017. 33. 4-8
もっと見る
MISC (10件):
  • 北野 勝久, 谷 篤史, 井川 聡, 中島 陽一. プラズマ誘起液中化学反応場における液中化学種の診断. プラズマエレクトロニクス分科会会報. 2017. 67
  • 谷 篤史, 菅原 武, 大島 基, 竹家 啓, 大垣 一成. ラジカル観察から明らかとなったガスハイドレートの特徴. 低温科学. 2013. 71. 187-192
  • 内田努, 菅原武, 大垣一成, 田中秀樹, 竹谷敏, 谷篤史. van der Waals & Platteeuwモデルによるガスハイドレート相平衡推算の課題と展望. 高圧力の科学と技術. 2013. 23. 141-147
  • Kei Takeya, Atsushi Tani, Takeshi Sugahara, Kazunari Ohgaki. Thermal Stability of Radicals Induced in Xenon Hydrate. Physics and Chemistry of Ice 2010. 2011. 267-271
  • Kenji Takato, Atsushi Tani, Takeshi Sugahara, Kei Takeya, Kazunari Ohgaki. Decay Mechanisms of Radiation-Induced Radicals in Sulfur Hexafluoride Clathrate Hydrate. Physics and Chemistry of Ice 2010. 2011. 261-266
もっと見る
書籍 (7件):
  • 食品分野における微生物制御技術の最前線(川崎晋 監修)
    CMC出版 2014
  • 非在来型天然ガスのすべて: エネルギー資源の新たな主役(コールベッドメタン・シェールガス・メタンハイドレート)(日本エネルギー学会 天然ガス部会 編)
    日本工業出版 2014
  • 新版 雪氷辞典(日本雪氷学会 編)
    古今書院 2014
  • 大気圧プラズマの技術とプロセス開発(沖野晃俊 監修)
    CMC出版 2011
  • 環境考古学ハンドブック(安田喜憲 編)
    朝倉書店 2004
もっと見る
講演・口頭発表等 (50件):
  • 第四級オニウム塩ハイドレートにおける低波数ラマン分光分析
    (神戸大学 研究基盤センター 若手フロンティア研究会2019 2019)
  • セミクラスレートハイドレートの低波数ラマン領域における振動モードと結晶構造の対比
    (神戸大学 研究基盤センター 若手フロンティア研究会2019 2019)
  • Isotopic fractionation of methane with clathrate hydrate formation under the condition of ice crust/internal ocean boundary in Enceladus and Europe
    (AGU Fall Meeting 2019 2019)
  • セミクラスレートハイドレートの平衡温度や潜熱に及ぼすホスホニウムカチオンの影響
    (第9回潜熱工学シンポジウム 2019)
  • TBABセミクラスレートハイドレート26水和物における固相転移の分光観察
    (H2Oを科学する2019 2019)
もっと見る
Works (4件):
  • ハイドレートケージにおけるゲスト物質の滞留と拡散に関する研究
    2010 -
  • 固体高分解能NMRおよびESR分光法による新しい文化財分析法の開発
    2004 -
  • マレー半島の鍾乳洞形成史の解明
    2000 -
  • 貫入花こう岩の熱史と貫入速度の見積り
    1998 -
学歴 (1件):
  • - 2000 大阪大学 大学院理学研究科博士課程宇宙地球科学専攻修了
学位 (2件):
  • 修士(理学) (大阪大学)
  • 博士(理学) (大阪大学)
経歴 (7件):
  • 2016/10 - 現在 神戸大学 准教授
  • 2007/04 - 2016/09 大阪大学 助教
  • 2012/04 - 2014/03 海洋研究開発機構 招聘研究員
  • 2001/01 - 2007/03 大阪大学 助手
  • 2000/04 - 2000/12 東京大学 日本学術振興会 特別研究員PD
全件表示
委員歴 (1件):
  • ESR応用計測研究会 事務局
所属学会 (2件):
第四紀学会 ,  ESR応用計測研究会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る