研究者
J-GLOBAL ID:200901019170281617   更新日: 2020年12月30日

結城 雅樹

ユウキ マサキ | Yuki Masaki
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (2件): http://lynx.let.hokudai.ac.jp/~myuki/http://lynx.let.hokudai.ac.jp/~myuki/index.html
研究分野 (1件): 社会心理学
研究キーワード (27件): 社会生態学 ,  集団間行動 ,  社会的アイデンティティ ,  適応 ,  文化 ,  集団認知 ,  内集団ひいき ,  アメリカ合衆国 ,  関係流動性 ,  集団行動 ,  自尊心 ,  社会構造 ,  比較文化心理学 ,  自己概念 ,  文化差 ,  比較文化 ,  幸福感 ,  社会生態学的アプローチ ,  異文化比較 ,  個人主義 ,  精神的健康 ,  集団主義 ,  進化 ,  信頼 ,  実験 ,  文化心理学 ,  社会心理学
競争的資金等の研究課題 (20件):
  • 2019 - 2023 称賛行動の比較社会生態心理学-褒め合う社会と褒めない社会を分けるものは何か
  • 2015 - 2019 社会の制約と個人の制約-対人行動戦略に対する関係流動性と市場価値の交互作用効果
  • 2012 - 2015 善行を罰する社会-「過大協力」の抑制現象に関する社会生態学的アプローチからの検討
  • 2008 - 2010 高関係流動性社会における適応デバイスとしての自尊心
  • 2007 - 2010 集団拘束的行動の適応的基盤
全件表示
論文 (38件):
  • Peter B. Smith, Matthew J. Easterbrook, Yasin Koc, Vivian Miu-Chi Lun, Dona Papastylianou, Lusine Grigoryan, Claudio Torres, Maria Efremova, Bushra Hassan, Ammar Abbas, et al. Is an Emphasis on Dignity, Honor and Face more an Attribute of Individuals or of Cultural Groups?. Cross-Cultural Research. 2020. 106939712097957-106939712097957
  • Taciano L. Milfont, Robert Thomson, Masaki Yuki. Does relational mobility vary across national regions? A within-country examination. PLOS ONE. 2020. 15. 7. e0235172-e0235172
  • Masaki Yuki, Joanna Schug. Psychological consequences of relational mobility. Current Opinion in Psychology. 2020. 32. 129-132
  • 山本翔子, 結城雅樹. トロッコ問題への反応の文化差はどこから来るのか?関係流動性と評判期待の役割に関する国際比較研究. 社会心理学研究. 2019. 35. 2. 61-71
  • Robert Thomson, Masaki Yuki, Thomas Talhelm, Joanna Schug, Mie Kito, Arin H. Ayanian, Julia C. Becker, Maja Becker, Chi-yue Chiu, Hoon-Seok Choi, et al. Relational mobility predicts social behaviors in 39 countries and is tied to historical farming and threat. Proceedings of the National Academy of Sciences. 2018. 115. 29. 7521
もっと見る
MISC (29件):
  • Relational mobility: A socio-ecological approach to personal relationships. New directions in close relationships: Integrating across disciplines and theoretical approaches. 2012. 000
  • 集団間の関係. 社会と個人のダイナミクス. 2011. 39-57
  • Masaki Yuki. Intragroup relationships and intergroup comparisons as two sources of group-based collectivism. Social Cognition Social Identity and Intergroup Relations. 2011. 247-266
  • 集団主義の人間関係. 人間関係の心理パースペクティブ. 2010. 196-211
  • Human relations under collectivism. Psychological perspective on human relations. 2010. 196-211
もっと見る
書籍 (19件):
  • Venture into cross-cultural psychology: Proceedings from the 23rd Congress of the International Association for Cross-Cultural Psychology.
    International Association for Cross-Cultural Psychology 2018
  • Handbook of Advances in Culture and Psychology, Volume 5
    Oxford University Press 2015 ISBN:0190218967
  • 文化を実験する: 社会行動の文化・制度的基盤 (フロンティア実験社会科学)
    勁草書房 2014 ISBN:4326349174
  • 最新 心理学事典
    平凡社 2013 ISBN:458210603X
  • Culture and Group Processes (Frontiers in Culture and Pyschology)
    Oxford University Press, USA 2013 ISBN:0199985464
もっと見る
講演・口頭発表等 (11件):
  • Relational Mobility: A socio-ecological factor to explain cross-cultural differences in interpersonal behaviours
    (サセックス大学心理学部コロキアム(招待講演) 2020)
  • 指定討論
    (日本社会心理学会第61回大会(ワークショップ『ネクスト社会神経科学:個と社会環境のダイナミクス』) 2020)
  • Low Relational Mobility, Fear of Sticking Out, and Embarrassment about Remarkable Contributions in the East Asian Ecological Context
    (2020 Society for Personality and Social Psychology Annual Convention)
  • Are There Cultural Differences in Positive Empathy? The Role of Relational Mobility
    (2020 Society for Personality and Social Psychology Annual Convention)
  • Why aren’t Japanese happy when praised in public?: The roles of relational mobility and tall poppy beliefs
    (2019 Meeting of the Society for Personality and Social Psychology 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 1999 東京大学 社会文化研究専攻
  • - 1994 東京大学 社会心理学専攻
  • - 1991 一橋大学 社会問題・政策課程
学位 (2件):
  • 博士(社会心理学) (東京大学)
  • 修士(社会心理学) (東京大学)
経歴 (9件):
  • 2019/04 - 現在 北海道大学 大学院文学研究院人間科学部門(改組) 教授
  • 2012/04 - 現在 北海道大学社会科学実験研究センター 教授(2014年10月~2018年9月センター長)
  • 2012/04 - 2019/03 北海道大学大学院文学研究科 教授
  • 2007/04 - 2012/03 北海道大学社会科学実験研究センター 准教授
  • 2007/04 - 2012/03 北海道大学 大学院・文学研究科 准教授
全件表示
委員歴 (14件):
  • 2019/03 - 現在 International Society for Self & Identity Executive Committee Member
  • 2017/04 - 現在 日本社会心理学会 全国区理事(2017-2020大会運営委員会委員)
  • 2015/11 - 2019/10 日本心理学会 Japanese Psychological Research (英文誌) 編集委員
  • 2013 - 2016/08 国際比較心理学会 (International Association for Cross-Cultural Psychology) 2016年大会組織委員会プログラム委員長
  • 2013/05 - 2016/07 第31回国際心理学会組織委員会 プログラム委員会委員
全件表示
受賞 (8件):
  • 2020/11 - 日本社会心理学会 2020年度優秀論文賞 トロッコ問題への反応の文化差はどこから来るのか?関係流動性と評判期待の役割に関する国際比較研究
  • 2016/10 - 日本グループダイナミックス学会 2015年度優秀論文賞 友人・恋愛関係における関係流動性と親密性-日加比較による検討-
  • 2016/02 - 北海道大学 北海道大学教育総長賞
  • 2016/02 - 北海道大学 北海道大学研究総長賞
  • 2014 - Society for Personality and Social Psychology フェロー
全件表示
所属学会 (10件):
International Association for Cross-Cultural Psychology ,  人間行動進化学会 ,  日本グループダイナミックス学会 ,  Asian Association of Social Psychology ,  Association for Psychological Science ,  Society for Personality and Social Psychology ,  日本心理学会 ,  日本社会心理学会 ,  北海道心理学会 ,  Society for Experimental Social Psychology
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る