研究者
J-GLOBAL ID:200901019215788319   更新日: 2020年06月08日

馬越 大

ウマコシ ヒロシ | Umakoshi Hiroshi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.membranome.jp/B-ICE/
研究分野 (8件): バイオ機能応用、バイオプロセス工学 ,  触媒プロセス、資源化学プロセス ,  反応工学、プロセスシステム工学 ,  移動現象、単位操作 ,  生体化学 ,  生物分子化学 ,  ナノバイオサイエンス ,  ナノ材料科学
研究キーワード (4件): 生物分離工学 ,  生体膜プロセス化学 ,  Membranome ,  Bio-Inspired化学工学
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2006 - LIPOzymeの設計開発
  • 1998 - 2003 人工シャペロンの設計開発
  • 2003 - Design and Development of Liposome-Based Separation/Sensor System
  • 2003 - 人工酵素リポソームの設計開発
  • 1992 - ストレス応答型バイオプロセスの設計開発
全件表示
論文 (27件):
  • Hayashi Keita, Morimoto Kazutoshi, Kamei Toshiyuki, Mieda Eiko, Ichikawa Sosaku, Kuroiwa Takashi, Fujita Sakiko, Nakamura Hidemi, Umakoshi Hiroshi. Effect of dehydrocholic acid conjugated with a hydrocarbon on a lipid bilayer composed of 1,2-dioleoyl-sn-glycero-3-phosphocholine. COLLOIDS AND SURFACES B-BIOINTERFACES. 2019. 181. 58-65
  • Tham Thi Bui, Suga Keishi, Kuhl Tonya L, Umakoshi Hiroshi. Melting-Temperature-Dependent Interactions of Ergosterol with Unsaturated and Saturated Lipids in Model Membranes. LANGMUIR. 2019. 35. 32. 10640-10647
  • Faried Miftah, Suga Keishi, Okamoto Yukihiro, Shameli Kamyar, Miyake Mikio, Umakoshi Hiroshi. Membrane Surface-Enhanced Raman Spectroscopy for Cholesterol-Modified Lipid Systems: Effect of Gold Nanoparticle Size. ACS OMEGA. 2019. 4. 9. 13687-13695
  • Tham Thi Bui, Suga Keishi, Umakoshi Hiroshi. Ergosterol-Induced Ordered Phase in Ternary Lipid Mixture Systems of Unsaturated and Saturated Phospholipid Membranes. JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B. 2019. 123. 29. 6161-6168
  • Tanimura Kazuhiko, Amau Misaki, Kume Ryosuke, Suga Keishi, Okamoto Yukihiro, Umakoshi Hiroshi. Characterization of Ionic Liquid Aqueous Two-Phase Systems: Phase Separation Behaviors and the Hydrophobicity Index between the Two Phases. JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B. 2019. 123. 27. 5866-5874
もっと見る
MISC (105件):
  • 林啓太, HAN Jin, 馬越大. 生体内分子送達技術とその応用-ドラッグデリバリーシステムとその周辺技術-Membranome Therapy~デザイナー・ベシクル膜を活用する次世代DDS~. 化学工学. 2019. 83. 7. 394-397
  • 馬越大, 菅恵嗣. リポソーム膜場におけるキラル認識/ 変換. 膜. 2019. 44. 2. 69-75(J-STAGE)
  • 菅恵嗣, 馬越大. 膜表面増強ラマン法(MSERS)を活用するリン脂質膜における分子挙動解析手法の開発. 表面と真空. 2019. 62. 4. 194-197(J-STAGE)
  • 菅恵嗣, 馬越大. 吸着分離材のメゾスケールデザイン ソフトマター界面の秩序構造を活用するキラル医薬品/RNAの分離. 分離技術. 2016. 46. 6. 357-362
  • 馬越大. 広がる膜分離の世界 Bio-Inspired膜. 高分子. 2016. 65. 4. 166-168
もっと見る
書籍 (1件):
  • メンブレン・ストレスバイオテクノロジー 〜薬物送達システムの設計と開発への応用〜
    ケミカルエンジニヤリング,in press 2004
Works (38件):
  • ジャンクペプチド再機能化によるストレス応答方LIPOzymeリアクターの設計開発
    2010 -
  • アミロイド可溶化を指向するリポソーム膜上ペプチド断片 提示技術の研究
    2009 -
  • 体内ストレス解消を目指したリポソーム固定化膜モジュールの開発
    2009 -
  • ジャンクペプチド再機能化によるストレス応答方LIPOzymeリアクターの設計開発
    2009 -
  • バイオメンブレン・クロマトグラフィーの創成
    2009 -
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1992 - 1997 大阪大学 大学院 基礎工学研究科 化学工学分野
  • 1988 - 1992 大阪大学 基礎工学部 化学工学科
学位 (1件):
  • 工学博士 (大阪大学)
経歴 (6件):
  • 2012/04 - 現在 大阪大学 教授
  • 2007/04 - 2012/03 大阪大学 准教授
  • 2003/04 - 2007/03 大阪大学 助教授
  • 2000/11 - 2003/04 大阪大学 講師
  • 1998/10 - 2000/10 大阪大学 助手
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2004 - 化学工学会 関西支部 高度分離研究会 幹事
  • 2004 - 分離技術会 分離技術会年会2005 実行委員会(事務局)
  • 2004 - 分離技術会 分離技術会年会2005 International Session Chaiman
  • 2003 - 化学工学会 人材育成センター 理科教育委員会 委員
受賞 (5件):
  • 2019/12 - 化学工学会 研究賞 膜場を活用するBio-Inspired 化学工学に関する研
  • 2019/11 - 大阪大学 大阪大学賞 留学生相談室を基盤とするΣGlobal Almuniネットワークの強化
  • 2009/05 - 日本膜学会 膜学研究奨励賞 LIPOzyme Process Chemistryの創成に関する基礎工学的研究
  • 2004 - Outstanding Paper Award in APCChE2004 (SCEJ) (Oct.,2004, Kita-Kyushu)
  • 2001 - 化学工学会 研究奨励賞 ストレス応答型バイオプロセスとその周辺技術の開発
所属学会 (7件):
化学工学会 人材育成センター ,  化学工学会 関西支部 高度分離研究会 ,  分離技術会 ,  American Chemical Society ,  Protein Society ,  日本生物工学会 ,  化学工学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る