研究者
J-GLOBAL ID:200901019241959466   更新日: 2020年07月01日

李 範爽

イ ポンソク | LEE Bumsuk
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): リハビリテーション科学
研究キーワード (5件): 関係葛藤 ,  生活リズム解析を用いた介護者支援 ,  医療・介護職間の多職種連携 ,  上肢機能と日常生活活動 ,  上肢機能の運動学的解析
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2020 - 2023 感情と運動機能の相互作用を反映する高齢者運転能力評価システムの開発
  • 2017 - 2019 夜勤従事看護師の疲労度を計測する客観的指標の開発とその評価
  • 2015 - 2019 WHOとの連携に基づくチーム医療教育効果に対する2施設縦断研究とアジア展開
  • 2016 - 2018 化学療法による末梢神経障害への包括的ケアマネジメント介入とその評価
  • 2013 - 2015 化学療法に伴う末梢神経障害の尺度開発によるケアマネジメントの包括的評価
全件表示
論文 (32件):
  • Jaeshin Lee, Bumsuk Lee, Siyeong Kim, Hideomi Watanabe. A systematic review and case reports of interprofessional education. Korean Journal of Occupational Therapy. 2020. 28. 155-165
  • Naoto Noguchi, Bumsuk Lee, Shoya Kamiya, Ken Kondo, Ryoto Teshima, Masatake Ino, Koji Tanaka, Tsuneo Yamazaki. Grip Force Control During Object Manipulation in Cervical Myelopathy. Spinal Cord. 2020
  • 近藤 健, 関根 圭介, 武田 智徳, 野口 直人, 李 範爽. 急性期脳卒中患者における上肢機能評価を用いた麻痺した利き手で箸操作が自立できる予測因子の検討. 作業療法. 2019. 38. 3. 277-284
  • Junichi Kurihara, Bumsuk Lee, Daichi Hara, Naoto Noguchi, Tsuneo Yamazaki. Increased finger center of pressure trajectory during a precision grip task in stroke patients. Experimental Brain Research. 2019. 237. 2. 327-333
  • Kanda K, Fujimoto K, Mochizuki R, Ishida K, Lee B. Development and validation of thecomprehensive assessment scale forchemotherapy-induced peripheralneuropathy in survivors of cancer. BMC Cancer. 2019
もっと見る
MISC (36件):
  • 李範爽. 多職種連携の新しいパートナーー外国人介護人材. 作業療法ジャーナル. 2020. 54. 306-307
  • 小口 達也, 李 範爽, 野口 直人, 藤井 亮太. 電子版簡易上肢機能評価システムを使用した若年者と高齢者の上肢運動解析. 日本作業療法研究学会雑誌. 2018. 21. 2. 43-44
  • 神谷 笙也, 野口 直人, 今井 美里, 中澤 公恵, 李 範爽. 環境調整によって起居動作と移乗の自立度向上を図ることに成功した不全頸髄損傷症例. ぐんま作業療法研究. 2018. 21. 53-53
  • 藤井 亮太, 手島 稜登, 野口 直人, 李 範爽. 二重課題が把持動作の運動制御に及ぼす影響 若年者群と高齢者群での比較. 日本作業療法学会抄録集. 2018. 52回. OP-4
  • 牧野 孝俊, 松井 弘樹, 時田 佳治, 李 範爽, 蒲 章則, 岸 美紀子, 高橋 雄太, 渡邊 秀臣. 【進化するIPE 地域包括ケアシステムが求める多職種連携教育の今】 (Part2)IPEの現状 群馬大学多職種連携教育研究研修センターの調査によるIPEの現状. 看護展望. 2018. 43. 9. 0791-0797
もっと見る
書籍 (1件):
  • 身体機能作業療法学(第3版)
    医学書院 2016
講演・口頭発表等 (12件):
  • Physical and psychological effects of cooking training for digestive tract cancer patients
    (The 53 Japanese Occupational Therapy Congress 2019)
  • Grip force control in patients with cervical myelopathy during a precision grip task
    (The 53 Japanese Occupational Therapy Congress 2019)
  • Dual-task interference in a grip and lift task after stroke
    (13th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine 2019)
  • Post-operative changes and relationship of upper extremity function in patients with cervical spondylosis using electric evaluation system
    (13th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine 2019)
  • Predict the Factors for Home Discharge of Inpatients in an Integrated Community Care Ward
    (13th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2010 群馬大学大学院 医学系研究科 保健学
  • - 2003 群馬大学 医学部 保健学科・作業療法学専攻
  • - 1998 亜州大学校(大韓民国)社会科学大学行政学科
学位 (1件):
  • 保健学博士 (群馬大学大学院医学系研究科)
経歴 (7件):
  • 2017/05 - 現在 群馬大学 教授
  • 2015/01 - 2017/04 群馬大学 准教授
  • 2012/07 - 2014/12 群馬大学 講師
  • 2007/04 - 2012/06 群馬大学 助教
  • 2010/09 - 2011/02 世界保健機関 Global Scholar
全件表示
所属学会 (4件):
日本作業療法教育研究会 ,  日本保健医療福祉連携教育学会 ,  日本社会心理学会 ,  日本作業療法研究学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る