研究者
J-GLOBAL ID:200901019279091249   更新日: 2020年05月25日

菅沼 成文

スガヌマ ナルフミ | Suganuma Narufumi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.kochi-ms.ac.jp/~ff_evrnm/http://www.kochi-ms.ac.jp/~ff_evrnm/
研究分野 (11件): 医療管理学、医療系社会学 ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  医療管理学、医療系社会学 ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  医療管理学、医療系社会学
研究キーワード (5件): 国際保健 ,  地域保健 ,  疫学 ,  職業環境性呼吸器病 ,  産業保健
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2010 - 2026 子どもの健康と環境について
  • 2006 - 2012 デジタル胸部エックス線のじん肺応用
  • 1999 - 職業性呼吸器病
  • 新興再興感染症の疫学
  • アスベスト曝露者の疫学
全件表示
論文 (51件):
  • Yanagawa H, Nokihara H, Yokoi H, Houchi H, Nagai M, Yamashita R, Suganuma N, Hyodo M, Shikoku Collaborative, Group for, Promotion of Clinical Trials. Present Status and Perspectives on Future Roles of Japanese Clinical Research Coordinators. Journal of clinical medicine research. 2018. 10. 12. 877-882
  • Mitsuda N, Eitoku M, Maeda N, Fujieda M, Suganuma N. Severity of Nausea and Vomiting in Singleton and Twin Pregnancies in Relation to Fetal Sex: The Japan Environment and Children's Study (JECS). Journal of epidemiology. 2018
  • Mayumi Tsuji, Eiji Shibata, Seiichi Morokuma, Rie Tanaka, Ayako Senju, Ayako Senju, Shunsuke Araki, Masafumi Sanefuji, Chihaya Koriyama, Megumi Yamamoto, Yasuhiro Ishihara, Koichi Kusuhara, Koichi Kusuhara, Toshihiro Kawamoto, Hirohisa Saito, Reiko Kishi, Nobuo Yaegashi, Koichi Hashimoto, Chisato Mori, Shuichi Ito, Zentaro Yamagata, Hidekuni Inadera, Michihiro Kamijima, Takeo Nakayama, Hiroyasu Iso, Masayuki Shima, Yasuaki Hirooka, Narufumi Suganuma, Koichi Kusuhara, Takahiko Katoh. The association between whole blood concentrations of heavy metals in pregnant women and premature births: The Japan Environment and Children's Study (JECS). Environmental Research. 2018. 166. 562-569
  • Miyuki Iwai-Shimada, Shoji F. Nakayama, Tomohiko Isobe, Takehiro Michikawa, Shin Yamazaki, Hiroshi Nitta, Ayano Takeuchi, Ayano Takeuchi, Yayoi Kobayashi, Kenji Tamura, Eiko Suda, Masaji Ono, Junzo Yonemoto, Toshihiro Kawamoto, Toshihiro Kawamoto, Yukihiro Ohya, Reiko Kishi, Nobuo Yaegashi, Koichi Hashimoto, Chisato Mori, Shuichi Ito, Zentaro Yamagata, Hidekuni Inadera, Michihiro Kamijima, Takeo Nakayama, Hiroyasu Iso, Masayuki Shima, Yasuaki Hirooka, Narufumi Suganuma, Koichi Kusuhara, Takahiko Katoh. Questionnaire results on exposure characteristics of pregnant women participating in the Japan Environment and Children Study (JECS). Environmental Health and Preventive Medicine. 2018. 23
  • Mezawa H, Tomotaki A, Yamamoto-Hanada K, Ishitsuka K, Ayabe T, Konishi M, Saito M, Yang L, Suganuma N, Hirahara F, Nakayama SF, Saito H, Ohya Y, Japan Environment, Children’s Study Group. Prevalence of Congenital Anomalies in the Japan Environment and Children's Study. Journal of epidemiology. 2018
もっと見る
MISC (158件):
書籍 (3件):
  • Application of the international classification of HRCT for occupational lung diseases: In The international classification of HRCT for occupational and environmental respiratory diseases (Kusaka Y, Hering KG, Parker JE, eds).
    Springer 2005
  • インフルエンザに関するエビデンス:予防接種の効果と我が国における課題.特集かぜ診療のエビデンスはどこまであるか(川村孝編).
    EBMジャーナル 2005
  • じん肺症(石綿肺、けい肺). 呼吸器病学(杉山幸比古編).
    メディカルビユー社 2005
Works (2件):
  • 福井県の建設作業者の石綿肺・胸膜肥厚と肺癌・悪性中皮腫に関する横断調査
    2005 -
  • 福井県における産業医活動の活性化に向けての調査研究
    2004 -
学歴 (2件):
  • - 1998 岡山大学 医学研究科 社会医学系
  • - 1993 岡山大学 医学部 医学科
学位 (1件):
  • 岡山大学大学院医学研究科 (岡山大学)
経歴 (8件):
  • 2006 - 2007 福井大学医学部准教授(医学科国際社会医学講座環境保健学)
  • 2007 - - 高知大学医学部教授(医療学講座予防医学・地域医療学分野(環境医学))
  • 2006 - 2006 福井大学医学部助教授(医学科国際社会医学講座環境保健学)
  • 2004 - 2006 福井大学医学部講師(医学科国際社会医学講座環境保健学)
  • 1999 - 2003 福井医科大学医学部助手(医学科環境保健学講座)
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2010 - - 高知大学副学長(研究担当)
  • 2005 - 日本産業衛生学会 代議員
受賞 (1件):
  • 2003 - 健康管理・産業衛生研究発表会優秀賞(松下健康管理センター・松下産業衛生科学センター主催)
所属学会 (7件):
米国公衆衛生学会 ,  米国職業環境医学会 ,  日本内科学会 ,  日本公衆衛生学会 ,  日本疫学会 ,  日本衛生学会 ,  日本産業衛生学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る