研究者
J-GLOBAL ID:200901019415265507   更新日: 2019年11月01日

室住 信子

Murozumi Nobuko
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 英文学、英語圏文学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2006 - 文学作品における死(不死)と狂気の主題について。
論文 (4件):
  • 「ラルフの凱旋の意味するもの-William Moriss,『The Well at the World's End』について」. 『青山スタンダード論集』(青山学院大学スタンダード教育機構). 2013. 8
  • 「William Morris『The Well at the World's End』におけるUrsulaの造型について」. 『英文学思潮』(青山学院大学英文学会). 2013. 85
  • 「神話の成立まで-タニス・リー初期作品の舞台裏から」. 『幻想文学』(幻想文学会出版局). 1986. 16
  • The Lost Ladders:On Yeats's Last Poems Again. 修士論文. 1981
書籍 (1件):
  • 『ギリシア神話』(語学テキスト)(編注)
    朝日出版社 1986
Works (15件):
  • (表題作)F.M.Busby「ここがウィネトカならきみはジュディ」
    2010 -
  • Tanith Lee『死の王』(新装改訂版)
    2009 -
  • Markus Weeks『モーツァルト』
    2008 -
  • U.K.LeGuin『夜の言葉』(山田和子編),3編「(1)宇宙論のすすめ」,「(2)アメリカSFと他者」,「(3)アメリカ人はなぜ竜がこわいか」
    2006 -
  • タニス・リー『血のごとく赤く』(幻想童話集)
    1997 -
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1978 - 1981 東京大学大学院 人文科学研究科 英文学専攻
  • 1974 - 1978 東京大学 文学部 英語英米文学専修課程
学位 (2件):
  • 文学士 (東京大学)
  • 文学修士 (東京大学)
経歴 (7件):
  • 2013/04/01 - 現在 青山学院大学 法学部 教授
  • 2007/04/01 - 2013/03/31 青山学院大学 法学部 准教授
  • 1989/04/01 - 2007/03/31 青山学院大学 法学部 助教授
  • 1985/04 - 1990/03/31 成蹊大学 非常勤講師
  • 1986/04 - 1990/03 埼玉大学 非常勤講師
全件表示
受賞 (1件):
  • 1979/01 - 第三回翻訳奨励賞最優秀賞受賞
所属学会 (3件):
青山学院大学英文学会 ,  日本英文学会 ,  東京大学英文学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る