研究者
J-GLOBAL ID:200901019431242622   更新日: 2020年10月14日

藤井 修治

フジイ シュウジ | Fujii Shuji
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.eng.hokudai.ac.jp/labo/MOLPHY/home/
研究分野 (1件): 生物物理、化学物理、ソフトマターの物理
研究キーワード (5件): テンセグリティ・レオロジー ,  細胞核 ,  ソフトマター ,  レオロジー ,  液晶
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2018 - 2020 高速ナノセンシングによる液晶の位相欠陥ネットワーク組換えダイナミクスとレオロジー
  • 2017 - 2019 バイオプローブが切り拓く細胞核マイクロレオロジー
  • 2013 - 2016 二分子膜系ソフトマターの構造レオロジー
  • 2011 - 2013 二分子膜共連結構造の非線形レオロジー
  • 2009 - 2011 ラメラ相とスメクチック相の非線形レオロジー
全件表示
論文 (31件):
  • F. Kobayashi, Y. Sasaki, S. Fujii, H. Orihara, T. Nagaya. Negative viscosity of liquid crystals in the presence of turbulence: Conductivity dependence, phase diagram, and self-oscillation. Phys. Rev. E. 2020. 101. 022702
  • S. Fujii, Y. Sasaki, H. Orihara. Notes on the slow dynamics in dilute lyotropic lamellar phase. Journal of Biorheology. 2019. 33. 1. 8-12
  • S. Fujii, O. Henrich. Shear-enhanced elasticity in the cubic blue phase I. 投稿中. 2019
  • H. Orihara, Y. Harada, F. Kobayashi, Y. Sasaki, S. Fujii, Y. Satou, Y. Goto, T. Nagaya. Negative viscosity of a liquid crystal in the presence of turbulence. Phys. Rev. E. 2019. 99. 021701
  • S. Fujii, Y. Sasaki, H. Orihara. Nonlinear Rheology and Fracture of Disclination Network in Cholesteric Blue Phase III. Fluids. 2018. 3. 34
もっと見る
MISC (19件):
  • 原田祐子, 佐々木裕司, 藤井修治, 折原宏, 佐藤裕樹, 長屋智之, 後藤善友, 後藤善友. 液晶電気対流により誘起された負の粘性と履歴曲線. レオロジー討論会講演要旨集. 2017. 65th. 274-275
  • 原田祐子, 佐々木裕司, 藤井修治, 折原宏, 佐藤裕樹, 長屋智之, 後藤善友, 後藤善友, 日高芳樹. 液晶電気対流により誘起された自発せん断流れと履歴曲線. 日本レオロジー学会年会講演予稿集. 2017. 44th. 51-52
  • 藤井 修治. ソフトマターの構造レオロジー:スメクチック液晶を例に. Colloid and Interface Communication. 2016
  • 藤井 修治. 未知の国の滞在記. 繊維学会誌. 2016. 72. 1. 36-38
  • 藤井修治, 好村滋行. ずり応力降下によるスメクチック液晶の欠陥生成. レオロジー討論会講演要旨集. 2013. 61st. 370-371
もっと見る
書籍 (2件):
  • 相分離生物学の全貌(現代化学増刊46)
    東京化学同人 2020
  • Nano/Micro Science and Technology in Biorheolgy: Principles, Methods, and Applications
    Springer 2015 ISBN:9784431548867
講演・口頭発表等 (4件):
  • コレステリックブルー液晶相のレオロジー
    (熱物質流体工学分科会講演会 2019)
  • Rheology of Cholesteric Blue Phases
    (International Symposium Polymers and networks via topology and entanglement 2019)
  • Rheology of Cholesteric Blue Phase
    (2019)
  • Nuclear dynamics revealed by bio-tracers
    (International Symposium on Hydrodynamic Flows in/of Cells 2016)
学歴 (3件):
  • - 2002 北海道大学大学院 生物科学専攻
  • - 1999 群馬大学
  • - 1997 群馬大学
学位 (1件):
  • 博士(理学) (北海道大学)
経歴 (7件):
  • 2020/04 - 現在 東洋大学 食環境科学部 教授
  • 2016/07 - 2020/03 北海道大学大学院 工学研究院 応用物理学部門 准教授
  • 2018/11 - 2019/01 ワイツマン科学研究所 客員研究員
  • 2005/04 - 2016/06 長岡技術科学大学 工学部 助教
  • 2014/05 - 2015/03 ワイツマン科学研究所 客員研究員
全件表示
委員歴 (7件):
  • 2019/05 - 現在 日本バイオレオロジー学会 理事
  • 2012/04 - 現在 日本レオロジー学会 セッション・オーガナイザー
  • 2010/05 - 現在 日本バイオレオロジー学会 評議員
  • 2013/10 - 2013/10 高分子学会 北陸支部若手幹事
  • 2011/05 - 2012/03 日本物理学会 領域12世話人(ソフトマター物理)
全件表示
受賞 (4件):
  • 2012/05 - 日本レオロジー学会 奨励賞 スメクチック液晶相のレオロジーに関する研究
  • 2010/10 - 日本レオロジー学会 ポスター賞 複合二分子膜系のずり誘起ラメラ/オニオン構造転移 :高分子鎖長効果
  • 2010/05 - 高分子学会 高分子研究奨励賞 高分子/界面活性剤複合ラメラ相の ずり誘起ラメラ-多層膜ベシクル転移機構の解明
  • 2008/10 - 日本MRS学術会議 Award for Encouragement of Research of Materials Science Viscoelasticity of Onion Phase Composed of Complex Surfactant Bilayers
所属学会 (4件):
ソフトマター研究会 ,  日本バイオレオロジー学会 ,  日本物理学会 ,  日本レオロジー学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る