研究者
J-GLOBAL ID:200901019461368620   更新日: 2020年05月17日

井関 祥子

イセキ サチコ | Iseki Sachiko
所属機関・部署:
職名: 教授
研究キーワード (1件): 頭蓋顔面形成と再生 神経堤細胞
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2018 - 2020 Nager症候群における顎顔面形態異常の発生学的成因の解明
  • 2018 - 2020 頭蓋顎顔面先天異常の表現型を機械学習により定量化する試み
  • 2016 - 2020 分子運動性超分子の異方性スキャホールドによる歯根の安定保持可能な歯周組織の再生
  • 2017 - 2019 iPS細胞の分化パターンによる頭蓋縫合早期癒合症の分類と病態メカニズム解明
  • 2016 - 2018 舌発生におけるShhの役割
全件表示
論文 (50件):
  • Cobourne MT, Iseki S, Birjandi AA, Adel Al-Lami H, Thauvin-Robinet C, Xavier GM, Liu KJ. How to make a tongue: Cellular and molecular regulation of muscle and connective tissue formation during mammalian tongue development. Semin. Cell Dev. Biol. 2019. 91. 45-54
  • Zhao L, Matsumoto Y, Ono T, Iseki S. Effects of mechanical force application on the developing root apex in rat maxillary molars. Arch Oral Biol. 2019. 101. 64-76
  • Rajendran AK, Arisaka Y, Iseki S, Yui N. Sulfonated Polyrotaxane Surfaces with Basic Fibroblast Growth Factor Alter the Osteogenic Potential of Human Mesenchymal Stem Cells in Short-Term Culture. ACS Biomater. Sci. Eng. 2019
  • Charoenlarp P, Rajendran AK, Fujihara R, Kojima T, Nakahama K, Sasaki Y, Akiyoshi K, Takechi M, Iseki S. The improvement of calvarial bone healing by durable nanogel-crosslinked materials. J Biomater Sci Polym Ed. 2018. 29. 15. 1876-1894
  • Mya, N, Furutera, T, Okuhara, S, Kume, T, Takechi, M, Iseki, S. Transcription factor Foxc1 is involved in anterior part of cranial base formation. Congenit Anom (Kyoto). 2018. 58. 5. 158-166
もっと見る
MISC (32件):
  • Charoenlarp P, Arun Kumar R, Iseki S. Role of Fibroblast Growth Factors in bone regeneration. Inflammation and Regeneration. 2017. 37. 10-10
  • 永山友子, 藤岡, 小林真左子, 井関祥子. FGFの骨再生への応用を考える. BONE、. 2013. 27. 4. 7-10
  • 「細胞・組織の形態観察と解析のテクノロジー」 形態学的タンパク質解析のテクノロジー:免疫染色法入門. バイオテクノロジージャーナル、. 2005. 5. 6. 753/760
  • 「細胞・組織の形態観察と解析のテクノロジー」 形態学的タンパク質解析のテクノロジー:免疫染色法入門. バイオテクノロジージャーナル、. 2005. 5. 6. 753/760
  • 井関祥子. 細胞・組織の形態観察と解析のテクノロジー. 免疫染色法入門. 2005. 5. 6. 753-760
もっと見る
書籍 (11件):
  • ウォルパート発生生物学
    メディカル・サイエンス・インターナショナル社 2012
  • 「免疫染色・イメージングのコツ」(共著)
    羊土社 2007
  • 「免疫染色・イメージングのコツ」
    羊土社 2007
  • 「マウス表現型解析」失敗しないステップ・バイ・ステップ アプローチ(共著)
    メディカルサイエンスインターナショナル社 2006
  • 「マウス表現型解析」失敗しないステップ・バイ・ステップ アプローチ
    メディカルサイエンスインターナショナル社 2006
もっと見る
講演・口頭発表等 (136件):
  • マウス胚とニワトリ胚の骨芽細胞におけるX型コラーゲンの発現解析
    (2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017) 2017)
  • Effects of orthodontic force on root development in rats
    (第76回日本矯正歯科学会学術大会 2017)
  • Understanding the role of Foxc1 transcription factor in the development of cranial base.
    (第57回日本先天異常学会学術集会 2017)
  • The effects of RGD modification of porous NanoClik hybrid gel carrier for growth factors on healing of calvarial bone defect.
    (第38回日本炎症・再生医学会 2017)
  • Regulation of Osteogenic Differentiation by Utilizing Supramolecular Mobility of Polyrotaxanes for the Treatment of Craniosynostosis.
    (第13回Craniosynostosis研究会 2017)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1993 東京医科歯科大学 歯学研究科
  • - 1989 東京医科歯科大学 歯学部 歯学科
学位 (1件):
  • 博士(学術) (東京医科歯科大学)
経歴 (6件):
  • 2019/08/01 - 現在 東京医科歯科大学 教授
  • 2018/04/01 - 2019/07/31 東京医科歯科大学 教授
  • 2007/01/01 - 2018/03/31 東京医科歯科大学 教授
  • 1997/12/01 - 2000/07/31 オックスフォード大学 post-doctoral research assistant
  • 1994/12/01 - 1996/11/30 オクスフォード大学 研究員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2003 - 文部科学省 平成15年度国際研究集会派遣
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る