研究者
J-GLOBAL ID:200901019461368620   更新日: 2020年12月08日

井関 祥子

イセキ サチコ | Iseki Sachiko
所属機関・部署:
職名: 教授
研究キーワード (3件): skeletal regeneartion ,  skeletal development ,  頭蓋顔面形成と再生 神経堤細胞
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2018 - 2020 Nager症候群における顎顔面形態異常の発生学的成因の解明
  • 2018 - 2020 頭蓋顎顔面先天異常の表現型を機械学習により定量化する試み
  • 2016 - 2020 分子運動性超分子の異方性スキャホールドによる歯根の安定保持可能な歯周組織の再生
  • 2017 - 2019 iPS細胞の分化パターンによる頭蓋縫合早期癒合症の分類と病態メカニズム解明
  • 2016 - 2018 舌発生におけるShhの役割
全件表示
論文 (70件):
MISC (35件):
書籍 (11件):
  • ウォルパート発生生物学
    メディカル・サイエンス・インターナショナル社 2012
  • 「免疫染色・イメージングのコツ」(共著)
    羊土社 2007
  • 「免疫染色・イメージングのコツ」
    羊土社 2007
  • 「マウス表現型解析」失敗しないステップ・バイ・ステップ アプローチ(共著)
    メディカルサイエンスインターナショナル社 2006
  • 「マウス表現型解析」失敗しないステップ・バイ・ステップ アプローチ
    メディカルサイエンスインターナショナル社 2006
もっと見る
講演・口頭発表等 (138件):
  • 東京医科歯科大学歯学部における学生短期海外派遣とその派遣前教育について
    (第39回日本歯科医学教育学会総会・学術大会 2020)
  • Molecular mobile surfaces for maintaining osteogenic potential of MSCs during in vitro expansion
    (第40回日本炎症・再生医学会 2019)
  • マウス胚とニワトリ胚の骨芽細胞におけるX型コラーゲンの発現解析
    (2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017) 2017)
  • Effects of orthodontic force on root development in rats
    (第76回日本矯正歯科学会学術大会 2017)
  • Understanding the role of Foxc1 transcription factor in the development of cranial base.
    (第57回日本先天異常学会学術集会 2017)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1993 東京医科歯科大学
  • - 1989 東京医科歯科大学 歯学科
学位 (2件):
  • 博士(学術) (東京医科歯科大学)
  • doctor of phylospphy (Tokyo Medical and Dental University)
経歴 (6件):
  • 2019/08/01 - 現在 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 分子発生学 教授
  • 2018/04/01 - 2019/07/31 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 分子発生学 教授
  • 2007/01/01 - 2018/03/31 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 分子発生学 教授
  • 1997/12/01 - 2000/07/31 オックスフォード大学 解剖学遺伝学講座 post-doctoral research assistant
  • 1994/12/01 - 1996/11/30 オクスフォード大学 解剖学講座 研究員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2003 - 文部科学省 平成15年度国際研究集会派遣
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る