研究者
J-GLOBAL ID:200901019504984797   更新日: 2019年11月18日

増本 浩子

マスモト ヒロコ | Masumoto Hiroko
所属機関・部署:
職名: 教授
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2018 - 2022 多言語多文化芸術運動としてのトビリシ・アヴァンギャルドの歴史的資料調査と考察
  • 2014 - 2018 デュレンマット作品におけるパラテクストの機能とその可能性
  • 2015 - 頭脳循環「国際共同による日本研究の革新-海外の日本研究機関との連携による若手研究者養成」
  • 2011 - 芸術表象における変容とオリジナリティ:創作のストラテジーとしての翻案研究
  • 2011 - デュレンマットにおける認識論の問題と自伝の可能性
全件表示
論文 (13件):
  • 増本 浩子. 記憶の場としてのリュトリ-文学作品によるアルプスの神話化と脱神話化. DA. 2019. 13. 76-88
  • 増本 浩子. 文学的素材としての「迷宮」-デュレンマット作品を貫くアリアドネーの糸. DA. 2017. 12. 19-35
  • 増本 浩子. 1940年代のデュレンマットの文学活動と精神的国土防衛. 日本独文学会研究叢書. 2016. 117. 81-97
  • 増本 浩子. Intertextualitaet als poetische Strategie: Zur Analyse der Gedichte Volker Brauns. Henrieke Stahl, Hermann Korte (Hg.): Gedichte schreiben in Zeiten der Umbrüche. Tendenzen der Lyrik seit 1989 in Russland und Deutschland. 2016. 259-266
  • 増本 浩子. Die Aatombombe als Topos in der deutschsprachigen und japanischen Literatur. Teruaki Takahashi, Yoshito Takahashi (Hg.): Japanisch-deutsche Diskurse zu deutschen Wissenschafts- und Kulturphänomenen. 2016. 191-205
もっと見る
MISC (4件):
  • 増本 浩子. Die ostasiatische Tradition des Lernens. Eine etymologische Ueberlegung mit einem Beispiel aus Lun-yu. Coincidentia. Zeitschrift fuer europaeische Geistesgeschichte. 2013. 2. 111-116
  • 増本 浩子. スイスの国民投票から見えてくるもの. DA(神戸大学ドイツ文学会編). 2010. 第7号
  • 増本 浩子, グレチュコ ヴァレリー. 翻訳という越境. 沼野充義編『芸術は何を超えていくのか?』. 2009. 140-151頁
  • 増本 浩子, グレチュコ ヴァレリー. ダニイル・ハルムス「トルボチュキン教授」ほか. 柴田元幸編『昨日のように遠い日』(文藝春秋). 2009. 37-75頁
書籍 (10件):
  • フリードリヒ・デュレンマット『ギリシア人男性、ギリシア人女性を求む』
    白水社 2017
  • Japanisch-deutsche Diskkurse zu deutschen Wissenschafts- und Kulturphaenomenen
    Wilhelm Fink 2016
  • Gedichte schreiben in Zeiten der Umbrueche. Tendenzen der Lyrik seit 1989 in Russland und Deutschland
    Biblion Media 2016
  • ミハイル・ブルガーコフ『犬の心臓・運命の卵』
    新潮社 2015
  • デュレンマット戯曲集第2巻
    鳥影社 2013
もっと見る
講演・口頭発表等 (20件):
  • Der Uebersetzungsbegriff in Yoko Tawadas Fruehwerk
    (阪神ドイツ文学会第229回研究発表会 2019)
  • 寓意劇としての『聖書に曰く』-ヴェルターリン時代のデュレンマット
    (日本独文学会春季研究発表会 2019)
  • Nuclear Catastrophe and its Literary Representation: From Hiroshima to Fukushima
    (CJS Research Seminar Series 2019)
  • Hoffnungsvolle Dystopie: Yoko Tawadas poetische Auseinandersetzung mit der Atomkatastrophe
    (Internationale Konferenz: Natur in der Lyrik und Philosophie des Anthropozaens: zwischen Diagnose, Widerstand und Therapie 2019)
  • Translation as Creation: Yoko Tawada and Paul Celan
    (International Symposium: Poetry and Transculturality in Asia and Europe 2019)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1987 広島大学 大学院文学研究科博士課程後期ドイツ語学ドイツ文学専攻退学
学位 (2件):
  • 文学修士 (広島大学)
  • 博士(文学) (広島大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る