研究者
J-GLOBAL ID:200901019649590363   更新日: 2020年05月09日

斉藤 渉

サイトウ シヨウ | Saito Sho
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://ssaito.in.coocan.jp/
研究分野 (2件): 言語学 ,  思想史
研究キーワード (1件): 言語思想史
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • ドイツ観念論期における言語=有機体論の比較研究
MISC (55件):
  • 斉藤 渉. 高田 博行 著 『ヒトラー演説-熱狂の真実』. ドイツ文学. 2016. 152. 0. 197-201
  • 斉藤 渉. 書評 高田博行著『ヒトラー演説 : 熱狂の真実』. ドイツ文学. 2015. 14. 2. 197-201
  • 斉藤 渉. 書評 宮谷尚実『ハーマンの「へりくだり」の言語 : その思想と形式』. 日本18世紀学会年報 = Annual bulletin of the Japanese Society for Eighteenth-Century Studies. 2014. 29. 103-105
  • 斉藤 渉. W.v.フンボルトと言語研究 : デカルト派vs.ロマン派言語学?. あうろ~ら. 2013. 31. 1-19
  • 繊細と忍耐--コミュニケーション的合理性の〈運命〉--. 啓蒙の運命. 2011. pp. 522-549
もっと見る
書籍 (5件):
  • ドイツ語初級
    大阪大学出版会 2008
  • フンボルトの言語研究.-有機体としての言語-
    京都大学学術出版会 2001
  • 現象と言語言語の現象学のための予備考察
    新現象学運動.世界書院(小川侃・梶谷真司編) 1999
  • 地平としての意味 -意味の社会性に関する現象学的考察-
    多賀出版;世界・地平・雰囲気-構造存在論と「新しい現象学」の視点からの研究- 1997
  • 言語は誰が作ったのか? -W.v.フンボルトにおける言語=有機体論-
    世界思想社;形象と言語-その哲学的背景と課題 1997
学歴 (2件):
  • - 1997 京都大学 人間・環境学研究科 人間・環境学
  • - 1991 京都大学 文学部 文学科ドイツ語学・ドイツ文学専攻
経歴 (1件):
  • 2020/04 - 現在 東京大学大学院総合文化研究科 教授
委員歴 (5件):
  • 2009 - 日本独文学会 企画委員
  • 2009 - 日本独文学会 文化ゼミナール実行委員
  • 2006 - 阪神ドイツ文学会 庶務幹事
  • 2001 - 日本独文学会 機関誌編集委員
  • 2001 - 日本独文学会 編集委員会
受賞 (4件):
  • 2009 - 大阪大学共通教育賞(平成21年度第1学期)
  • 2008 - 国立大学法人大阪大学教育・研究功績賞
  • 2008 - 国立大学法人大阪大学教育・研究功績賞
  • 2007 - 日本独文学会賞(ドイツ語論文部門)
所属学会 (4件):
日本18世紀学会 ,  阪神ドイツ文学会 ,  日本ヘルダー学会 ,  日本独文学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る