研究者
J-GLOBAL ID:200901019659127017   更新日: 2020年06月09日

野木 義史

ノギ ヨシフミ | Nogi Yoshifumi
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
ホームページURL (1件): http://www.nipr.ac.jp/
研究分野 (2件): 固体地球科学 ,  固体地球科学
研究キーワード (11件): 海嶺 ,  テクトニクス ,  ゴンドワナ ,  大陸分裂 ,  海底地形 ,  重力異常 ,  地磁気異常 ,  地球内部電磁気学 ,  テクトニクス ,  固体地球物理学 ,  Tectonics
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2004 - 極域から見た超大陸の形成と分裂のダイナミクス
  • 南大洋の海山に関する研究
  • 南大洋の地磁気,重力異常に関する研究
  • ゴンドワナ復元に関する研究
  • (1)基盤研究(C):新たなゴンドワナ大陸の復元 (2001-2003)
論文 (61件):
もっと見る
MISC (41件):
もっと見る
書籍 (8件):
  • 海洋底科学の基礎
    共立出版株式会社 2016
  • 日本の南極観測から 海の科学がわかる本(藤岡換太郎編著)
    成山堂書店 2010
  • 最古の大陸 南極ってどんなところ?
    朝日新聞社 2005
  • 最古の大陸, 南極ってどんなところ?
    朝日新聞社 2005
  • 地震と火山の100不思議 地震と火山の100不思議
    東京書籍 2004
もっと見る
講演・口頭発表等 (30件):
  • Origin of the Conrad Rise in the Southern Indian Ocean and breakup process of the Gondwana
    (SCAR Open Science Conference, Portland, USA, July 16-19 2012)
  • ゴンドワナ初期分裂過程とコンラッドライズ
    (日本地球惑星科学連合2012年大会、5月20-25、幕張メッセ国際会議場 2012)
  • Seafloor spreading history in the South of Corad Rise, the Southern Indian Ocean
    (11th International Symposium on Antarctic Earth Sciences, Edinburgh, UK, July 10-16 2011)
  • Near-bottom magnetic surveys around hydrothermal sites in the southern Mariana Trough
    (AGU 2011 Fall Meeting, San Francisco, 5-9 December, 2011 2011)
  • コンラッドライズの構造発達史
    (第31回極域地学シンポジウム、11月14-18日、国立極地研究所 2011)
もっと見る
Works (10件):
  • 第47次南極地域観測
    2005 - 2006
  • 南極氷床・南大洋変動史の復元と地球環境変動システムの解明
    2004 -
  • 南極から見たゴンドワナの形成と分裂の研究
    2004 -
  • 衛星動データの南極地球科学への応用に関する基礎的研究
    2001 - 2003
  • 新たなゴンドワナ大陸の復元
    2001 - 2003
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1987 神戸大学 理学研究科
  • - 1985 神戸大学 理学部
委員歴 (3件):
  • 2008 - 2013 IODP環境保護安全パネル(EPSP)(2008-2013)
  • 2004 - 2005 IODPサイトサーベイパネル(SSP)委員 (2004-2005)
  • 2001 - 2003 IODP暫定サイトサーベイパネル(iSSP)委員 (2001-2003)
所属学会 (4件):
海洋学会 ,  地震学会 ,  American Geophysical Union ,  地球電磁気・地球惑星圏学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る