研究者
J-GLOBAL ID:200901019683290450   更新日: 2020年09月01日

笹井 泰志

ササイ ヤスシ | Sasai Yasushi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 生体材料学 ,  高分子材料 ,  薬系分析、物理化学
研究キーワード (6件): プラズマ化学 ,  生体適合性表面 ,  バイオコンジュゲート ,  高分子ブラシ ,  バイオマテリアル ,  ドラッグデリバリーシステム
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2019 - 2022 DLCとMPCポリマーから成る無機・有機ハイブリッド型小口径人工血管の開発
  • 2018 - 2021 タンパク質医薬品の位置特異的修飾を触媒する高分子-酵素コンジュゲートの開発
  • 2015 - 2018 細胞培養技術への応用を指向した機能性ハイドロゲル薄膜の合成とその評価
  • 2013 - 2015 高感度バイオセンシングを目指した金基板表面における抗体コンジュゲート界面の構築
  • 2009 - 2012 培養細胞利用技術を支援する培養器材開発のための高分子表面の複合機能化
全件表示
論文 (72件):
  • Shin-ichi Kondo, Yasushi Sasai, Naoki Doi, Yukinori Yamauchi, Masayuki Kuzuya. Application to Nano Drug Carrier Using Polymer Nano-Film Synthesized on Self-Assembled Phospholipid Layer Fabricated by Plasma-Assisted Method. JOURNAL OF PHOTOPOLYMER SCIENCE AND TECHNOLOGY. 2019. 32. 3. 541-544
  • Yasushi Sasai, Naoki Doi, Yukinori Yamauchi, Masayuki Kuzuya, Shin-ichi Kondo. Effects of Plasma Surface Treatment on Cell Adhesion to Biocompatible Polymer Brushes. JOURNAL OF PHOTOPOLYMER SCIENCE AND TECHNOLOGY. 2019. 32. 3. 529-533
  • Yukinori Yamauchi, Naoki Doi, Shin-ichi Kondo, Yasushi Sasai, Masayuki Kuzuya. Development of A Novel Polymeric Prodrug Synthesized Using Plasma-Induced Radicals of Polycrystalline Carbohydrates. JOURNAL OF PHOTOPOLYMER SCIENCE AND TECHNOLOGY. 2019. 32. 3. 505-510
  • Kwihwan Park, Takumi Matsuda, Tsuyoshi Yamada, Yasunari Monguchi, Yuka Sawama, Naoki Doi, Yasushi Sasai, Shin Ichi Kondo, Yoshinari Sawama, Hironao Sajiki. Direct Deuteration of Acrylic and Methacrylic Acid Derivatives Catalyzed by Platinum on Carbon in Deuterium Oxide. Advanced Synthesis and Catalysis. 2018. 360. 12. 2303-2307
  • Kondo Shin-ichi, Sasai Yasushi, Doi Naoki, Yamauchi Yukinori, Kuzuya Masayuki. Fundamental Study on Development of Polymer Nano-Film Synthesized on Self-Assembled Phospholipid Layer Fabricated by Plasma-Assisted Method. Journal of Photopolymer Science and Technology. 2018. 31. 3. 385-388
もっと見る
MISC (1件):
  • Yasushi Sasai. Synthesis and Evaluation of Functional Hydrogel Thin Films for Application to Cell Culture Technology. Impact. 2019. 2019. 3. 44-46
講演・口頭発表等 (23件):
  • 無機・有機ハイブリッド型医療材料開発にむけて
    (第1回日本医用DLC研究会 2020)
  • 生体適合性高分子ブラシへの細胞接着における プラズマ表面処理の効果
    (第36回 国際フォトポリマーコンファレンス 2019)
  • 温度応答性側鎖を有するグ ラフト共重合体の自己組織化とその評価
    (第68回高分子学会年次大会 2019)
  • 酵素固定化担体への展開を指向したセルロースナノファイバーの表面機能化
    (日本薬学会第139年会 2019)
  • セルロースナノファイバーのPoly(carboxybetaine methacrylate)によるグラフト修飾と酵素固定化担体
    (第28回日本MRS年次大会 2018)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 1998 - 2000 岐阜薬科大学大学院
  • - 2000 岐阜薬科大学
  • - 1998 岐阜薬科大学 製造薬学科
  • - 1998 岐阜薬科大学
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (岐阜薬科大学)
経歴 (8件):
  • 2020/04 - 現在 岐阜医療科学大学 薬学部 教授
  • 2012/04 - 2020/03 岐阜薬科大学 薬品物理化学研究室 准教授
  • 2015/06 - 2016/05 スイス連邦工科大学ローザンヌ校 客員教授
  • 2007/10 - 2012/03 岐阜薬科大学 薬品物理化学研究室 講師
  • 2007/04 - 2007/09 岐阜薬科大学 薬品物理化学研究室 助教
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2017/04 - 2020/03 日本薬学会 ファルマシアアドバイザー
  • 2014/04 - 2017/03 日本薬学会 ファルマシア委員
受賞 (1件):
  • 2009/07 - The International Plasma Chemistry Society Young Scientists Best Paper Award 2009
所属学会 (3件):
日本MRS ,  高分子学会 ,  日本薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る