研究者
J-GLOBAL ID:200901019716760465   更新日: 2020年05月25日

白川 英樹

シラカワ ヒデキ | SHIRAKAWA HIDEKI
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://rainbow.pc.uec.ac.jp/http://rainbow.pc.uec.ac.jp/
研究分野 (4件): 医療薬学 ,  生理学 ,  細胞生物学 ,  生物物理学
研究キーワード (4件): Bioimaging ,  Cell Biology ,  バイオイメージング ,  細胞生理学
論文 (43件):
  • Matsu-ura, T, Shirakawa, H, Suzuki, K.G.N, Miyamoto, A, Sugiura, K, Michikawa, T, Kusumi, A, Mikoshiba, K. Dual-FRET imaging of IP3 and Ca2+ revealed Ca2+-induced IP3 production maintains long lasting Ca2+ oscillations in fertilized mouse eggs. Scientific Reports. 2019. 9. 1. 4829
  • Wakizaka, M, Eshima, H, Tanaka, T, Shirakawa, H, Poole, D.C, Kano, Y. In vitro Ca2+ dynamics induced by Ca2+ injection in individual rat skeletal muscle fibers. Physiological Reports. 2017. 5. e13180
  • Shirakawa, H, Kikuchi, T, Ito, M. Ca2+ signaling in mammalian eggs at ferilization. Current Topics in Medicinal Chemistry. 2016. 16. 24. 2664-2676
  • Takahashi, T, Shirakawa, H. Characterization of store-operated Ca2+ entry in mouse eggs. Comparative Physiology and Biochemistry. 2011. 28. Suppl. 158
  • Kidokoro, Y, Takahashi, A, Shirakawa, H. Functional role of CRAC channels in the generation and maintenance of Ca2+ oscillations in mammalina eggs. J Physiol Sci. 2009. 59. Suppl. 1. 244
もっと見る
MISC (3件):
  • 白川英樹. 多変量解析的手法による蛍光スペクトル成分分離法とその細胞生理学的実験への応用. 日本生理学会雑誌. 2004. 66. 12. 381-390
  • 宮崎俊一, 白川英樹. 精子ー卵相互作用のシグナル伝達メカニズム. 生体の科学. 1994. 45. 1. 79-90
  • 白川英樹, 宮崎俊一. 共焦点レーザー顕微鏡 その原理と応用. 東京女子医科大学雑誌. 1994. 64. 1043-1048
書籍 (3件):
  • 細胞内カルシウム実験プロトコール
    羊土社 1996
  • 電子顕微鏡基礎技術と応用~物質のナノ局在解析~
    学際企画 1994
  • Biology of Germ Lines in Animals and Man
    Japan Scientific Societies Press 1993
講演・口頭発表等 (68件):
  • Improvement of genetically encoded probe to measure Ca<SUP>2+</SUP> dynamics in subcellular compartments
    (The 9th Federation of the Asian and Oceanian Physiological Societies Congress 2019)
  • Calcium-dependent regulation of cortical actin filaments in mouse eggs
    (The 9th Federation of the Asian and Oceanian Physiological Societies Congress 2019)
  • Manipulating intracellular concentration of inositol trisphosphate by photoactivatable enzymes
    (第95回日本生理学会 2018)
  • Dynamic reconstruction of Golgi apparatus during mammalian oocyte maturation
    (第95回日本生理学会 2018)
  • Role of luminal Ca<SUP>2+</SUP> binding proteins in the pattern formation of Ca<SUP>2+</SUP> oscillations in mammalian eggs
    (第94回日本生理学会 2017)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 1991 東京大学 理学系研究科 動物学
  • - 1989 筑波大学 第二学群 生物学類
  • 1981 - 1984 私立武蔵高等学校
学位 (2件):
  • 理学修士 (東京大学)
  • 博士(医学) (東京女子医科大学)
経歴 (5件):
  • 2010/04/01 - 電気通信大学大学院 情報理工学研究科 准教授
  • 2007/04/01 - 2010/03/31 電気通信大学 電気通信学部 准教授
  • 2005/10/01 - 2007/03/31 電気通信大学 電気通信学部 助教授
  • 2002/07/01 - 2005/09/30 東京女子医科大学 准講師
  • 1991/04/01 - 2002/06/30 東京女子医科大学 助手
委員歴 (1件):
  • 2000 - 日本生理学会 評議員
所属学会 (5件):
日本生理学会 ,  日本発生生物学会 ,  日本生物物理学会 ,  Biophysical Society(アメリカ) ,  日本動物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る