研究者
J-GLOBAL ID:200901019854533062   更新日: 2019年04月15日

坪田 幸政

ツボタ ユキマサ | TSUBOTA Yukimasa
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www2.obirin.ac.jp/tsubota/home/
研究分野 (5件): 環境モデリング・保全修復技術 ,  科学社会学・科学技術史 ,  科学教育 ,  地理学 ,  気象・海洋物理・陸水学
研究キーワード (8件): 科学教育 ,  天気予報 ,  モデリングとシミュレーション ,  再生可能エネルギー ,  気候変動 ,  気候リテラシー ,  持続可能性 ,  STEM
競争的資金等の研究課題 (20件):
  • 2016 - 2019 持続可能性(Sustainability)に関するSTEM教材の開発と国際比較
  • 2013 - 2016 気候リテラシー育成のためのカリキュラム開発とその国際比較
  • 2010 - 2013 理科における気候変動教育のための学習モジュールの開発とその国際比較
  • 2007 - 2010 大気環境情報システムと科学リテラシーを育成するための学習モジュールの開発
  • 2005 - 2006 風力発電をテーマとした科学・技術と社会の指導教材の開発
全件表示
論文 (21件):
  • 坪田幸政. 町田キャンパスの気象2017. 桜美林論考『自然科学・総合科学研究』. 2018. 第9号. 9. 1-30
  • 坪田幸政. 町田キャンパスの気象2016. 桜美林論考『自然科学・総合科学研究』. 2017. 第8号. 8. 79-103
  • 坪田幸政・原佑実. 町田キャンパスの気象2015. 桜美林論考『自然科学・総合科学研究』. 2016. 第7号. 7. 1-19
  • 川村幸嗣・宮澤和正・本間弘明・坪田幸政. バイオ水素エネルギー実験キットの応用-様々な果物を用いた自然発酵によるバイオ水素発酵実験について-. エネルギー環境教育研究. 2016. Vol.10. No.2. 81-86
  • 坪田幸政. 町田キャンパスの気象2014. 桜美林論考『自然科学・総合科学研究』. 2015. 第6号. 6. 61-103
もっと見る
MISC (123件):
  • 川村幸嗣・坪田幸政. 検知管用気体採取器を利用した圧力実験. 理科教室. 2018. 第61巻. 9号. 84-85
  • 坪田幸政・池田実央. 持続可能性に関するSTEM教材の開発-アクアポニクスの利用-. 日本エネルギー環境教育学会第13回全国大会論文集. 2018. 86-87
  • 川村幸嗣・宮澤和正・本間弘明・坪田幸政. 真空ポンプとしての気体採取器の性能評価と圧力実験. 日本理科教育学会第67回全国大会要項. 2017. 67
  • 坪田幸政. 小中学校における天気と気象の学習. 理科教室. 2016. 第59巻. 10号. 38-43
  • 町田沙季・坪田幸政. 東京における降水量の経年変化. 日本気象学会2016年度発季大会講演予稿集. 2016. 109. 199
もっと見る
書籍 (28件):
  • 学習明解大辞典 ペアスタディ 理科第二分野 基本解説
    暁教育図書 1980
  • 高等学校 理科I 物理・地学編 教授資料
    学校図書 1985
  • 地学 改訂版 教授資料
    大原出版 1985
  • Microcomputers in Secondary Education
    North-holland 1986 ISBN:0-444-70220-2
  • The Teaching of Astronomy
    Cambridge Unisity Press 1990 ISBN:0-521-35331-9
もっと見る
講演・口頭発表等 (9件):
  • ふれあいサイエンス2000プログラム「気象情報を読む : インターネット, CD-ROM, コンピュータ」の実施
    (日本気象学会大会講演予講集 2001)
  • 交差点における大気汚染物質の動態
    (日本気象学会大会講演予講集 2001)
  • 道路交通に起因する大気汚染予測の精度
    (日本気象学会大会講演予講集 2003)
  • SPP教員研修事業'学校で使える気象情報を活用した最新天気の科学'の実施
    (日本気象学会大会講演予講集 2004)
  • メソスケール気象モデルのルーチン運用とその教材化(2)
    (日本気象学会大会講演予講集 2004)
もっと見る
Works (10件):
  • 財団法人道路交通研究新機構受託研究報告書「 ITS・AHSのアセスメントに関する基礎的研究」 (p.274)
    川嶋弘尚・坪田幸政 1997 - 1997
  • ITS導入効果に関する基礎的研究 報告書(p.284)
    川嶋弘尚・坪田幸政 1998 - 1998
  • ITS導入効果およびAHS技術に関する基礎的研究 報告書(p.414)
    川嶋弘尚・坪田幸政 1999 - 1999
  • ITS導入効果およびAHS技術に関する基礎的先端的研究 報告書(p.589)
    川嶋弘尚・坪田幸政 2000 - 2000
  • ITS導入効果およびAHS技術に関する基礎的先端的研究 報告書(p.566)
    川嶋弘尚・坪田幸政 2001 - 2001
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1975 - 1979 横浜国立大学 教育学部 地学科
  • 1981 - 1984 University of Hawaii at Manoa
  • 1993 - 1995 Teachers College, Columbia University
学位 (4件):
  • Doctor of Education (Columbia University)
  • Master of Education (Columbia University)
  • Master of Science (University of Hawaii)
  • 教育学士 (横浜国立大学)
経歴 (15件):
  • 1987/04 - 1990/03 慶應義塾大学 兼務講師
  • 1990/04 - 1995/03 慶應義塾ニューヨーク学院教諭(兼務)
  • 1999/04 - 1999/09 千葉大学 兼任講師
  • 2000/04 - 2000/09 千葉大学大学院 講師
  • 2000/10 - 2001/03 福岡教育大学 講師
全件表示
委員歴 (13件):
  • 2014/04 - 現在 相模原市 相模原市大規模小売店舗立地審議会委員
  • 2005/06 - 2018/08 株式会社成山堂書店 「気象ブックス」出版企画編集委員会
  • 2010/04 - 2012/04 相模原市 相模原市大規模小売店舗立地審議会委員
  • 2007/04 - 2010/03 独立行政法人大学入試センター 大学入試センター試験作題委員
  • 1996/06 - 2008/06 日本気象学会 日本気象学会教育と普及委員会委員
全件表示
受賞 (4件):
  • 2014/01 - 日本学術振興会 ひらめき☆ときめきサイエンス推進賞
  • 2009/04 - 文部科学省 文部科学大臣表彰 科学技術賞 科学リテラシー育成に向けての大気科学に関する理解増進
  • 2007/08 - 日本科学教育学会 科学教育実践賞 気象・気候の学習に気象衛星画像を活用するソフトウェア開発とその適用
  • 1998/10 - 日本気象学会 奨励金(現奨励賞) 気象教育に関する貢献
所属学会 (6件):
米国気象学会 ,  日本気象予報士会 ,  日本エネルギー環境教育学会 ,  日本科学教育学会 ,  大気環境学会 ,  日本気象学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る