研究者
J-GLOBAL ID:200901019897077230   更新日: 2021年04月15日

増渕 雄一

マスブチ ユウイチ | Masubuchi Yuichi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://rheology.jp/nagoya/
研究分野 (3件): 高分子化学 ,  高分子材料 ,  生物物理、化学物理、ソフトマターの物理
研究キーワード (5件): シミュレーション ,  ダイナミクス ,  高分子 ,  ソフトマター ,  レオロジー
競争的資金等の研究課題 (32件):
  • 2017 - 現在 高分子ナノ粒子混合系における分子ダイナミクスの計算手法開発
  • 2016 - 現在 自由界面のトリガー効果に基づく高分子膜の増幅的変換プロセスの創出
  • 2019 - 2025 高分子網目での結晶化を考慮した粗視化シミュレーション技術の開発
  • 2019 - 2024 ガラス転移温度以下の温度における高分子ガラスの緩和挙動
  • 2020 - 2021 複合材の材料設計モデル開発に関する研究
全件表示
論文 (190件):
  • Yuichi Masubuchi, Dimitris Vlassopoulos, Giovanni Ianniruberto, Giuseppe Marrucci. Wall slip in primitive chain network simulations of shear startup of entangled polymers and its effect on the shear stress undershoot. Journal of Rheology. 2021. 65. 2. 213-223
  • Kohki Morikawa, Yuichi Masubuchi, Yury Shchipunov, Anatoly Zinchenko. DNA-Chitosan Hydrogels: Formation, Properties, and Functionalization with Catalytic Nanoparticles. ACS Applied Bio Materials. 2021
  • Takashi Uneyama, Yuichi Masubuchi. Plateau Moduli of Several Single-Chain Slip-Link and Slip-Spring Models. Macromolecules. 2021
  • Akinori Baba, Yuichi Masubuchi. Quantitative bridging between full-atomistic and bead-spring models for polybutadiene and poly(butadiene-styrene) copolymers. The Journal of Chemical Physics. 2021
  • Yoshifumi Amamoto, Ken Kojio, Atsushi Takahara, Yuichi Masubuchi, TakaakiOhnishi. Complex Network Representation of the Structure-Mechanical Property Relationships in Elastomers with Heterogeneous Connectivity. Patterns. 2020. 1. 8. 100135-1-100135-9
もっと見る
MISC (2件):
  • Doi Yuya, Unerama Takashi, Hayashi Mikihiro, Nobukawa Shogo, Masubuchi Yuichi. Conference Report for the 14th International Workshop for East Asian Young Rheologists (IWEAYR-14) in Nagoya. NIHON REOROJI GAKKAISHI. 2019. 47. 3. 123-125
  • 増渕雄一. 研究室だより「名古屋大学物質科学専攻レオロジー物理工学研究グループ」. アンサンブル(分子シミュレーション研究会会誌). 2018. 20. 2. 137-141
特許 (10件):
  • 固体粒子を分散させた高分子化合物の分子運動解析方法および解析プログラム
  • 高分子の応力テンソルの時間変化の推算方法、高分子の3次元構造の構築方法、プログラム、情報記憶媒体、およびシステム
  • 成形加工性評価システム及びその方法
  • 紐状ミセル系の運動およびレオロジー解析方法および解析プログラム
  • 共重合高分子の分子運動解析方法
もっと見る
書籍 (11件):
  • 化学便覧 基礎編 改訂6版
    丸善 2021 ISBN:9784621305485
  • Computer Simulation of Polymeric Materials: Applications of the OCTA System
    Springer 2016 ISBN:9789811008146
  • 「最新 材料の性能・評価技術」,”レオロジー特性”,第2章第2節
    産業技術サービスセンター 2014
  • 「高分子材料シミュレーション -OCTA活用事例集-」Appendix
    化学工業日報社 2014
  • 「高分子材料シミュレーション-OCTA活用事例集-」第4章
    化学工業日報社 2014
もっと見る
講演・口頭発表等 (486件):
  • Stress undershoot and wall-slip under fast shear in primitive chain network simulations
    (International Congress on Rheology 2020 2020)
  • Ion conduction mechanism of poly(ethylene carbonate/ethylene oxide) copolymer-based electrolytes
    (International Congress on Rheology 2020 2020)
  • Phase behavior of ring diblock copolymer evaluated by rheology and SAXS
    (International Congress on Rheology 2020 2020)
  • Elongational rheology of long-fiber reinforced thermoplastics
    (International Congress on Rheology 2020 2020)
  • ポリエチレンカーボネート系固体高分子電解質の高分子ダイナミクス
    (MRMフォーラム2020 2020)
もっと見る
Works (1件):
  • 私の役に立った本:The Theory of Polymer Dynamics, M. Doi and S. F. Edwards
    増渕雄一 2018 -
学歴 (3件):
  • 1992 - 1996 名古屋大学 応用物理学専攻
  • - 1996 名古屋大学 応用物理学専攻
  • - 1992 名古屋大学 応用物理
学位 (1件):
  • 博士(工学) (名古屋大学)
経歴 (18件):
  • 2017/04/01 - 現在 名古屋大学大学院 工学研究科物質科学専攻 教授
  • 2019/10 - 2020/03 お茶の水女子大学 理学部 客員教授
  • 2019/04 - 2019/09 岐阜大学 工学部 客員教授
  • 2017/05 - 2018/03 山形大学 大学院有機材料システム研究科 教授(クロスアポイント)
  • 2015/04/01 - 2017/03/31 名古屋大学 ナショナルコンポジットセンター 教授
全件表示
委員歴 (19件):
  • 2020/01 - 現在 International Committee of Rheology Japanese representative
  • 2019/04 - 現在 Journal of Applied Rheology Editorial board
  • 2019/04 - 現在 Pacifichem 2020 The organizer of the symposia “Progress in Polymer Rheology”
  • 2018/04 - 現在 高分子学会東海支部 常任幹事
  • 2017/05 - 現在 日本レオロジー学会理事会 理事
全件表示
受賞 (11件):
  • 2017/05/18 - 日本レオロジー学会 日本レオロジー学会論文賞 Test of Stretch/Orientation-Induced Reduction of Friction for Biaxial Elongational Flows via Primitive Chain Network Simulations
  • 2017/05/18 - 日本レオロジー学会 日本レオロジー学会ベストプレゼンテーション賞 泡膜に吸着する高分子電解質の形態が分離圧に及ぼす影響
  • 2017/04/17 - 文部科学大臣 平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞(開発部門) SPring-8・J-PARC・京の連携と先進タイヤ開発
  • 2017/04/06 - European Rheology Society 欧州レオロジー学会ベストプレゼンテーション賞 Coarse-Grained Simulations for Entangled Star Polymer Melts
  • 2016/10/29 - 日本レオロジー学会 第64回レオロジー討論会ポスター賞 ポリアミド 6, 66, 610 の臨界ゲルの評価
全件表示
所属学会 (6件):
分子シミュレーション学会 ,  日本ゴム協会 ,  プラスチック成形加工学会 ,  高分子学会 ,  日本物理学会 ,  日本レオロジー学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る