研究者
J-GLOBAL ID:200901019926228146   更新日: 2021年05月01日

廣野 哲朗

ヒロノ テツロウ | Hirono Tetsuro
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 大阪高等裁判所・大阪地方裁判所  専門委員
ホームページURL (2件): http://www.eonet.ne.jp/~hirono/TH/Welcome.htmlhttp://www.eonet.ne.jp/~hirono/TH/English.html
研究分野 (1件): 固体地球科学
研究キーワード (5件): 固体地球物理学 ,  テクトニクス ,  地層処分 ,  活断層 ,  地震
競争的資金等の研究課題 (19件):
  • 2019 - 2022 断層物性科学と動力学解析の統合による南海トラフ地震破壊伝播過程の解明
  • 2014 - 2019 観察・観測による断層帯の発達過程とミクロからマクロまでの地殻構造の解明
  • 2015 - 2018 粘土鉱物の脱水反応によるプレート境界断層浅部での大規模滑りの可能性
  • 2015 - 2017 炭質物ラマン摩擦発熱温度計を用いた断層摩擦発熱温度分布の解明
  • 2015 - 2017 破砕帯・断層帯内に含まれる鉱物ナノ粒子に着目した新しい活断層評価法の確立
全件表示
論文 (74件):
  • Shunya Kaneki, Kiyokazu Oohashi, Tetsuro Hirono, Hiroyuki Noda. Mechanical amorphization of synthetic fault gouges during rotary-shear friction experiments at subseismic to seismic slip velocities. Journal of Geophysical Research: Solid Earth. 2020. 125. 10
  • Tetsuro Hirono, Shunya Kaneki, Tsuyoshi Ishikawa, Jun Kameda, Naoya Tonoike, Akihiro Ito, Yuji Miyazaki. Generation of sintered fault rock and its implications for earthquake energetics and fault healing. Communications Earth & Environment. 2020. 1. 1
  • Kaneki, S, Hirono, T. Diagenetic and shear-induced transitions of frictional strength of carbon-bearing faults and their implications for earthquake rupture dynamics in subduction zones. Scientific Reports. 2019. 9
  • Hirono, T, Tsuda, K, Kaneki, S. Role of weak materials in earthquake rupture dynamics. Scientific Reports. 2019. 9
  • Shunya Kaneki, Tetsuro Hirono. Kinetic effect of heating rate on the thermal maturity of carbonaceous material as an indicator of frictional heat during earthquakes. Earth, Planets and Space. 2018. 70. 1
もっと見る
書籍 (1件):
  • 基礎地学実験:新装版
    学術図書出版社 2020
講演・口頭発表等 (1件):
  • 家族を守る防災セミナー
    (甲樽会 生涯学習部会 2020)
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東京工業大学)
受賞 (2件):
  • 2017/11 - 大阪大学 平成29年度 大阪大学賞 (若手研究者部門) 海溝型及び内陸型地震の断層滑り挙動と長期活動性についての研究
  • 2015/05 - 大阪大学 平成27年度 大阪大学総長顕彰(教育部門)
所属学会 (4件):
日本活断層学会 ,  日本地震学会 ,  日本地球惑星科学連合 ,  アメリカ地球物理学連合
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る