研究者
J-GLOBAL ID:200901020009702252   更新日: 2020年05月15日

飯田 敏行

イイダ トシユキ | Iida Toshiyuki
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 原子力工学 ,  核融合学
研究キーワード (3件): イオンビーム応用 ,  核融合診断 ,  放射線計測
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 精密イオンビーム注入技術に関する研究
  • 放射線計測および放射線利用に関する研究
  • 多目的イオンビーム装置の開発とその応用
  • マイクロシングルイオンビーム源の開発とその応用
  • 核融合中性子効果に関する研究
MISC (139件):
  • An Experiment on Ion Beam Collisions with Argon Clusters. J. Nucl. Sci. Technol. 2005. 42[5], 423-427/,
  • Energy distributions of ions emitted from argon clusters Coulomb-exploded by intense femtosecond laser pulses. Physical Review A 69, 063201 (2004). 2004. 69, 063201/,
  • Evaluation of Radiation Induced Conductivities of Ceramic Coating Materials for Li/V Blanket System. JAERI-Review 2004-017, 91-94 (2004). 2004. 2004-017, 91-94/,
  • Radiation Effects on Ceramic Insulation Materials for Liquid Li Self-Cooled Blanket System. Annual Report of National Institute for Fusion Science. 2004. Vol.1, 236/,
  • Development of a Cooled Si Solid-State Detector System for Measurement of Low Energy Particles. Proc. of the 18th Workshop on Radiation Detectors and Their Uses. 2004. pp.60-66
もっと見る
書籍 (5件):
  • 先進放射線利用 第1章 放射線の基礎
    大阪大学出版会 2005
  • 核融合研究II-核融合炉工学(共著)
    1995
  • 原子力と先端技術[II](共著)
    1995
  • 保健物理最前線
    日本原子力産業会議 1995
  • 放射線とその応用[上]
    筑摩書房 1987
Works (5件):
  • 化合物半導体及びセラミックスを用いたプラズマ燃焼実験用α粒子検出器の開発
    2006 -
  • 核融合炉用光学機器要素の中性子照射効果に関する研究
    2002 -
  • 核融合炉用無機絶縁ケーブルの中性子照射効果に関する研究
    2001 -
  • 核融合炉機能性材料の中性子照射効果に関する研究
    2000 -
  • 大気取り出しイオンビーム用検出器の共同開発
    1999 -
学歴 (2件):
  • - 1978 大阪大学 工学研究科 原子力工学
  • - 1973 大阪大学 工学部 原子力工学
学位 (1件):
  • 工学博士 (大阪大学)
経歴 (2件):
  • 1995 - 1996 核融合科学研究所
  • 1982 - 米国ローレンスリバモア研究所・客員研究員
委員歴 (3件):
  • 2006 - 日本放射線安全管理学会 監事
  • 2006 - 日本放射線安全管理学会 監事
  • 2000 - 応用物理学会 放射線分科会幹事長
受賞 (2件):
  • 1990 - 日本原子力学会賞技術賞
  • 1986 - 日本原子力学会賞特賞
所属学会 (6件):
日本保健物理学会 ,  日本放射線安全管理学会 ,  プラズマ・核融合学会 ,  日本金属学会 ,  応用物理学会 ,  日本原子力学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る