研究者
J-GLOBAL ID:200901020075014286   更新日: 2020年07月29日

河上 睦子

Kawakami Mutsuko
所属機関・部署:
職名: 名誉教授
研究分野 (6件): 家政学、生活科学 ,  思想史 ,  思想史 ,  哲学、倫理学 ,  ジェンダー ,  哲学、倫理学
研究キーワード (7件): 女性論 ,  食の思想 ,  人間学 ,  社会思想 ,  感性 ,  フォイエルバッハ ,  History of Philosophy
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 食の思想、感性哲学、人間学、フォイエルバッハ哲学、倫理学、女性論
  • Philosophy,Ecofeminism,Feuerbach,Religionkritik
  • Ideological Problem on Gender
  • Ethical Problems concerning to "Life"
  • Study on the Philosophy of L. Feuerbach
論文 (37件):
  • 河上 睦子. 食の哲学入門-孤食について哲学する. 季報 唯物論研究. 2017. 140. 54-65
  • 河上 睦子. 現代日本の〈食〉とイデオロギー. 環境思想・教育研究. 2016. 9. 108-115
  • 河上 睦子. フォイエルバッハ後期思想の可能性-〈身体〉と〈食〉の構想. 『ヘーゲル哲学研究』Vol.21. 2015. 21. 51-63
  • 河上 睦子. 「和食」という「文化遺産」. 倫理学研究. 2015. 6
  • 河上 睦子. 和食とイデオロギー. 季報唯物論研究. 2014. 126. 8-22
もっと見る
MISC (44件):
  • 河上睦子. 新型コロナと「食の資本主義」. 季刊 現代の理論 デジタル. 2020. 23
  • 河上睦子. 実践知とジェンダー-(セクシュアル)ハラスメント相談の経験から-. 総合人間学研究. 2020. 14. 55-66
  • 河上 睦子. フォイエルバッハの「食の哲学」考--「供犠の秘密」を中心に. フォイエルバッハの会 通信. 2018. 107
  • 河上 睦子. フォイエルバッハの「食の哲学」の近年の研究について. フォイエルバッハの会通信. 2018. 106
  • 河上 睦子. 自著を語る. 変革のアソシエ. 2015. 20
もっと見る
書籍 (23件):
  • ジェンダー・暴力・権力
    晃洋書房 2020
  • 『生きる場からの哲学入門』
    新泉社 2019
  • 『フードスタディーズ・ガイドブック』安井大輔編
    ナカニシヤ出版 2019
  • 哲学中辞典
    知泉書館 2016
  • いま、なぜ食の思想か
    社会評論社 2015
もっと見る
講演・口頭発表等 (16件):
  • <実践知とジェンダー>:ハラスメント相談にかかわって-
    (総合人間学会 研究談話会 2019)
  • 現代日本の「食と宗教」についての人間学的考察
    (総合人間学会第13回大会 2018)
  • 共食と共生-食・ジェンダー・ケア
    (唯物論研究協会第39回大会 2016)
  • 食とイデオロギー
    (環境思想・教育研究会 2015)
  • フォイエルバッハ後期思想の可能性
    (日本ヘーゲル学会 2014)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(文学) (筑波大学)
経歴 (1件):
  • 2012/04 - 現在 相模女子大学 名誉教授
委員歴 (1件):
  • 2012/06 - 現在 総合人間学会 理事
所属学会 (5件):
国際フォイエルバッハ学会 ,  環境思想・教育研究会 ,  ジェンダー史学会 ,  唯物論研究協会 ,  総合人間学会:理事
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る