研究者
J-GLOBAL ID:200901020135183953   更新日: 2020年10月09日

高橋 睦子

タカハシムツコ | Takahashi Mutsuko
所属機関・部署:
職名: 研究科長, 教授
研究分野 (2件): 社会福祉学 ,  社会学
研究キーワード (13件): ガバナンス ,  社会的公正 ,  ジェンダー ,  福祉政策 ,  北欧型福祉国家 ,  インターセクショナリティ ,  フィンランド ,  暴力 ,  子育て支援 ,  リスク社会 ,  子ども福祉 ,  ネウボラ ,  ダイアローグ
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2018 - 2022 子育て支援における予防の重点化:フィンランドとイギリスの知見からの政策提言
  • 2017 - 2020 成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業(健やか次世代育成総合研究事業)
  • 2015 - 2018 切れ目ない子育て支援:フィンランドのネウボラからの示唆
  • 2013 - 2016 離婚・別居後の面会交流と子どもの最善の利益についての国際比較研究
  • 2011 - 2014 親権制度の国際比較研究-子どもの発達に資する政策提言に向けて
全件表示
論文 (46件):
  • 髙橋睦子, エイヤ・パーヴィライネン. ネウボラという取り組み - フィンランドにおける対話による支援. こころの科学増刊『子ども虐待を考えるために知っておくべきこと』. 2020. 52-59
  • 高橋睦子. フィンランドの子育て家族支援「ネウボラ」の展開. 『外来小児科』. 2018. 21. (1). 45-50
  • 高橋睦子. フィンランドのネウボラに学ぶ. 『教育と医学』. 2018. 66. 3. 36-43
  • 高橋睦子. フィンランドの出産・子育て支援「ネウボラ」. 『チャイルドヘルス』. 2018. 21. 2. 34-37
  • 高橋睦子. “Policy narratives in formation of comprehensive support systems for parenting and childcare in Japan”. International Journal of Public and Private Perspectives on Healthcare, Culture, and the Environment. 2018. 2. 2. 22-32
もっと見る
MISC (19件):
  • 高橋睦子. 子育て世代包括支援センターの理念とこれまでの歩み. 母子保健情報誌. 2018. 3. 8-11
  • 高橋睦子. 子育て世代包括支援センターの挑戦. 月刊母子保健. 2017. 701. 6-7
  • 高橋睦子. フィンランドのネウボラ 〜子育て家族にとって一貫性・整合性のある支援に向けて〜. 国際文化研修. 2017. 95. 6-11
  • 高橋睦子. 「フィンランド雑感」. 『統合失調症のひろば』. 2016. 7. 90-92
  • 高橋睦子. 論点・社会福祉:出産・子どもネウボラ 切れ目ない支援を支える対話. 月刊福祉. 2015. 98. 8. 48-49
もっと見る
書籍 (25件):
  • Recent Social, Environmental, and Cultural Issues in East Asian Societies
    IGI-Global 2019
  • 『新版 世界の社会福祉・第3巻 北欧』
    旬報社 2019
  • 『フィンランド 育ちと暮らしのダイアリー』
    かもがわ出版 2017
  • Interpersonal Violence - Differences and connections
    Routledge 2017
  • 『オープンダイアローグを実践する』
    日本評論社 2016
もっと見る
講演・口頭発表等 (27件):
  • Reappraisal of the significance of early childhood and parenthood in social policy: special reference to Japan
    (International Conference on Children's Studies, University of London 2020)
  • 「孤立から語らいへ:子どもの声・親の声を聴きとる」
    (日本乳幼児精神保健学会FOUR WINDS 東京支部講演会 2019)
  • Policy reform for a children- and parents-friendly society in Japan
    (ISCI (International Society of Child Indicator) conference, Tartu Univ, Estonia 2019)
  • 対話と信頼に基く親子コミュニケーション支援:子育て世代包括支援に資する助産師教育 (教育講演)
    (第10回全国助産師教育協議会総会 大阪大学医学部保健学科 2019)
  • 教育講演:フィンランドの「ネウボラ」と「早期ダイアローグ」ー子ども虐待防止に資する切れ目ない支援
    (日本子ども虐待防止学会 第24回学術集会おかやま大会 2018)
もっと見る
Works (5件):
  • 訳書:トム・エーリク・アーンキルほか『あなたの心配ごとを話しましょう - 響きあう対話の世界へ』 日本評論社
    高橋睦子 2018 -
  • 訳書:ランディ・バンクロフトほか『別れる? それともやり直す?カップル関係に悩む女性のためのガイド』明石書店
    高橋睦子 2016 -
  • 訳書:タルヤ・ホンカネンほか『フィンランド中学校現代社会教科書ー15歳 市民社会へのたびだち』明石書店
    高橋睦子 2011 -
  • 訳書:ランディ・バンクロフト『DV・虐待 加害者の実体を知る:あなた自身の人生を取り戻すためのガイド』明石書店
    髙橋睦子 2008 -
  • 訳書:マニュエル・カステル、ペッカ・ヒマネン『情報社会と福祉国家:フィンランド・モデル』ミネルヴァ書房
    2005 -
学歴 (2件):
  • 1991 - 1995 タンペレ大学大学院博士課程
  • 1980 - 1985 大阪外国語大学(現:大阪大学) デンマーク語学科
学位 (1件):
  • Filosofian tohtori (Doctor of Philosophy) (University of Tampere, Finland)
委員歴 (5件):
  • 2020/06 - 現在 日本乳幼児精神保健学会 副会長
  • 2012/04 - 現在 岡山県 児童相談所スーパーバイズ強化事業専門サポート委員
  • 2016/08 - 2017/06 社会政策学会 国際交流委員会 アドバイザー
  • 2016/10 - 2017/03 みずほ情報総研 「子育て世代包括支援センター業務ガイドライン案作成のための調査研究」 検討委員会」座長
  • 2014 - 2016 社会政策学会 国際交流委員会委員
受賞 (2件):
  • 2019/11 - 厚生労働省 厚生労働大臣表彰 母子保健推進への貢献
  • 2018/11 - 公益法人 母子保健推進会議 母子保健推進会議会長表彰
所属学会 (7件):
日本社会学会 ,  日本社会福祉学会 ,  福祉社会学会 ,  社会政策学会 ,  Finnish Social Policy Association ,  Finnish Sociological Association ,  International Sociological Association
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る