研究者
J-GLOBAL ID:200901020256899344   更新日: 2019年12月03日

有村 奈利子

アリムラ ナリコ | ARIMURA Nariko
所属機関・部署:
職名: 日本学術振興会 RPD
ホームページURL (2件): https://www.ncnp.go.jp/nin/guide/r_diag/index.htmlhttps://www.ncnp.go.jp/nin/guide/r_diag/index.html
研究分野 (5件): 神経生理学・神経科学一般 ,  認知科学 ,  細胞生物学 ,  機能生物化学 ,  発生生物学
研究キーワード (9件): 神経科学 ,  分子生物学 ,  生化学 ,  大脳生理学 ,  大脳基底核 ,  神経発生学 ,  中脳発生 ,  Dscam ,  CRMP-2
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2017 - 2019 中脳をモデル系とした新規神経細胞発生及び移動様式の解明
  • 2012 - 2015 光刺激操作を用いた内発性動作における基底核-運動前野ネットワークの機能解析
  • 2010 - 2011 大脳基底核の行動制御機構における分子基盤に関する研究
  • 2006 - 2007 CRMP-2 による神経細胞の極性形成機構の解明
  • 2004 - 2005 神経回路網形成におけるCRMP-2 の機能解析
全件表示
論文 (26件):
  • Arimura N, Dewa KI, Okada M, Yanagawa Y, Taya SI, Hoshino M. Comprehensive and cell-type-based characterization of the dorsal midbrain during development. Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms. 2019. 24. 1. 41-59
  • Watanabe T, Kakeno M, Matsui T, Sugiyama I, Arimura N, Matsuzawa K, Shirahige A, Ishidate F, Nishioka T, Taya S, Hoshino M, Kaibuchi K. TTBK2 with EB1/3 regulates microtubule dynamics in migrating cells through KIF2A phosphorylation. The Journal of cell biology. 2015. 210. 5. 737-751
  • Arimura N, Nakayama Y, Yamagata T, Tanji J, Hoshi E. Involvement of the globus pallidus in behavioral goal determination and action specification. The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience. 2013. 33. 34. 13639-13653
  • Nakamuta S, Funahashi Y, Namba T, Arimura N, Picciotto MR, Tokumitsu H, Soderling TR, Sakakibara A, Miyata T, Kamiguchi H, Kaibuchi K. Local application of neurotrophins specifies axons through inositol 1,4,5-trisphosphate, calcium, and Ca2+/calmodulin-dependent protein kinases. Science signaling. 2011. 4. 199. ra76
  • Hoshi E, Nakayama Y, Yamagata T, Saga Y, Hashimoto M, Arimura N, Tanji J. [Neural mechanisms underlying the integration of perception and action]. Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo. 2011. 63. 1. 59-68
もっと見る
MISC (10件):
  • 出羽 健一, 有村 奈利子, 田谷 真一郎, 堺 和久, 小泉 修一, 星野 幹雄. 小脳興奮性シナプスにおけるダウン症関連分子の機能解析. 生命科学系学会合同年次大会. 2017. 2017年度. [1P-1300]
  • 有村 奈利子, 出羽 健一, 岡田 茉子, 柳川 右千夫, 田谷 真一郎, 星野 幹雄. 中脳神経細胞の細胞移動におけるダウン症関連因子の機能解析. 生命科学系学会合同年次大会. 2017. 2017年度. [3P-1180(4P1T08
  • 有村 奈利子, 出羽 健一, 岡田 茉子, 柳川 右千夫, 田谷 真一郎, 星野 幹雄. 中脳神経細胞の細胞移動におけるダウン症関連因子の機能解析. 生命科学系学会合同年次大会. 2017. 2017年度. [4P1T08-13(3P
  • 田谷 真一郎, 有村 奈利子, 出羽 健一, 早瀬 ヨネ子, 柳川 右千夫, 星野 幹雄. ダウン症関連分子による神経細胞移動の分子機構の解明. 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集. 2015. 88回・38回. [2P1318]-[2P1318]
  • 出羽 健一, 田谷 真一郎, 有村 奈利子, 星野 幹雄, 小泉 修一. 生後小脳におけるダウン症関連遺伝子の解析. 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集. 2015. 88回・38回. [2P1319]-[2P1319]
もっと見る
講演・口頭発表等 (7件):
  • Soluble form of tubulin is transported as a complex with CRMP-2 by conventional kinesin in growing axon.
    (Federation of European Neuroscience societies (FENS) 2004)
  • The regulation of neuronal polarization by CRMP-2.
    (Neuroscience2005 2005)
  • 新規Collapsin response mediator protein-2結合蛋白質synaptotagmin-like proteinの海馬神経細胞における機能解析
    (第29回日本神経科学大会 2006)
  • Key regulators in neuronal polarity.
    (IUBMB2006 2006)
  • The functional analysis of a down syndrome-associated gene in neuronal migration of midbrain neurons
    (ConBio2017 2017)
もっと見る
学位 (1件):
  • 医学博士 (名古屋大学)
経歴 (6件):
  • 2003 - 2004 日本学術振興会 特別研究員(PD)
  • 2005 - 2008 名古屋大学大学院医学系研究科 付属医学教育研究支援センター助教
  • 2008 - 2011 玉川大学 脳科学研究所 GCOE准教授
  • 2011 - 2012 財団法人 東京都医学総合研究所 主席研究員
  • 2013 - 2017 国立精神・神経医療研究センター 神経研究所 流動研究員
全件表示
所属学会 (4件):
日本神経科学学会 ,  日本分子生物学会 ,  American Society for Cell Biology ,  Society for Neuroscience
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る