研究者
J-GLOBAL ID:200901020256899344   更新日: 2021年04月26日

有村 奈利子

アリムラ ナリコ | Arimura Nariko
所属機関・部署:
職名: リサーチフェロー
ホームページURL (2件): https://www.ncnp.go.jp/nin/guide/r_diag/index.htmlhttps://www.truthofneuron.com/
研究分野 (6件): 機能生物化学 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般 ,  細胞生物学 ,  発生生物学 ,  認知科学
研究キーワード (10件): CRMP-2 ,  Dscam ,  大脳基底核 ,  中脳発生 ,  神経発生学 ,  大脳生理学 ,  生化学 ,  分子生物学 ,  神経科学 ,  Neuroscience
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2017 - 2021 中脳をモデル系とした新規神経細胞発生及び移動様式の解明
  • 2017 - 2020 Dscamによる神経細胞移動制御機構の解析
  • 2012 - 2015 光刺激操作を用いた内発性動作における基底核-運動前野ネットワークの機能解析
  • 2010 - 2011 大脳基底核の行動制御機構における分子基盤に関する研究
  • 2006 - 2007 CRMP-2 による神経細胞の極性形成機構の解明
全件表示
論文 (33件):
もっと見る
MISC (31件):
講演・口頭発表等 (9件):
  • DSCAM Regulates Neuronal Delamination Through Suppression of RapGEF2/Rap1 and N-Cadherin
    (第43回 日本分子生物学会年会 (MBSJ2020) 2020)
  • 脳室面からの神経細胞離脱におけるDSCAMを介した制御
    (第63回日本神経化学会 2020)
  • DSCAM-Mediated Suppression of RapGEF2/Rap1 and N-Cadherin Regulates Neuronal Delamination and Migration
    (日本分子生物学会年会 2019)
  • The functional analysis of a down syndrome-associated gene in neuronal migration of midbrain neurons.
    (The 12 th annual meeting for Japanese Developmental Neuroscientists 2019)
  • The functional analysis of a down syndrome-associated gene in neuronal migration of midbrain neurons
    (ConBio2017 2017)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2000 - 2003 名古屋大学大学院 医学系研究科 医学博士
  • 1998 - 2000 奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 修士
  • 1994 - 1998 九州大学 理学部 生物学科 学士
  • - 1994 学校法人川島学園 れいめい高等学校
学位 (1件):
  • 医学博士 (名古屋大学)
経歴 (7件):
  • 2020/04 - 現在 国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター 病態生化学研究部 リサーチフェロー
  • 2017/04 - 2020/03 日本学術振興会 特別研究員(RPD)
  • 2013 - 2017 国立精神・神経医療研究センター 神経研究所 流動研究員
  • 2011 - 2012 財団法人 東京都医学総合研究所 主席研究員
  • 2008 - 2011 玉川大学 脳科学研究所 GCOE准教授
全件表示
所属学会 (5件):
日本生化学学会 ,  Society for Neuroscience ,  日本分子生物学会 ,  日本神経科学学会 ,  日本神経化学学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る